テレホンカード単語

テレホンカード

  • 1
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1478475 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

テレホンカードとは、硬貨の代わりに公衆電話の料支払をするために用いられるプリペイドカードのことである。テレカと略する。

概要

公衆電話はもともと、硬貨でかけられるものしか存在しなかった。日本の場合、戦後は長らく10円硬貨、それに加えて100円硬貨も使える電話機が普及していた。

しかし100円硬貨を用いて公衆電話をかけた場合、おつりが出ず、利用者が10~90円の損失を被ることがあるようになっていた(これは今も変わらない)。釣銭を出す電話機も一時は検討されたようだが、その構造が複雑になり機械が大化し、更にコストも高くなるということで断念された。

その代わりとして登場したのがプリペイドカードテレホンカードである。事前カードを買っておけば、その分だけ対応する公衆電話カードを挿入して電話がかけられるものであった。
利用者にとっては、先述したお釣りの問題が解消されることに加え、長時間通話であっても硬貨を挿入し続ける手間がなくなるメリットがあり、設置側にとっても、硬貨回収の手間と硬貨が満杯となって利用不能になる事態が避けられるメリットがあったため、広く普及した。
当初は500円1000円3000円・5000円の4種があり、後に1000円以上のものにはプレミアムが付けられている。

また、テレホンカードは様々なデザインが可であったため、企業等が宣伝を兼ね、贈答品等を的に作成することもあった。そのようなデザインカードは、オレンジカード等と共に収集の対となったこともある。

更に、一部の店舗ではテレホンカードを買い物代の支払に使えるようにするところも現れた。それだけ、日本人に広くテレホンカードは普及したのである。

しかし、磁気カードであったテレホンカードは偽造・変造がしやすく、また先述したポケットベルの急速な普及があったため、偽造・変造カードが数多く流通するようになり、NTTが多額の損失を被るなど社会問題となった。それ故、3000円と5000円のテレホンカードは販売・利用が停止されるに至った。

のち、偽造対策としてICチップを埋め込んだICテレホンカードが開発・運用されたこともあったが、有効期限があったことや既存の公衆電話機と互換性がなく、IC専用の電話機でなければ使えなかったこと、それに公衆電話ポケットベルともども携帯電話PHSの普及で利用が減少したこともあり、現在ではそのサービスが終了している。磁気テレホンカードに関しても、同じ理由により今ではその意義は大きく低下している。

番号式テレカ(国際テレカ)

なお日本のテレホンカードにはNTTが発行する磁気カードの他、NTTコミュニケーションズ、KDDIソフトバンクテレコムなどが発行する、番号式のものもある。これらは有効期限があり、またかける際に長いカード番号を入する手間があるが、固定電話公衆電話のどちらからでも硬貨や磁気テレホンカードを用いるより電話電話が安くかけられる他、海外から通話する際にも使えるメリットがある。

特に後者メリットが大きいため、際線が発着する空港では公衆電話の横などで、このようなカードが磁気テレホンカードと一緒に自販機によって販売されていることがある。日本で発行されているカードは以下である。

日本のみならず、海外でも磁気テレホンカード、番号式テレホンカードの両方が存在し、流通している。海外発行カードの場合、使い捨てでなく利用後にコンビニ等で入して複数回利用できるものもある。

SkypeなどIP電話が普及する前は、このような海外発行のテレホンカードを用いて、電話を安くかける節約術も流行ったことがある。

関連動画

関連項目

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/11(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/11(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP