デュエル単語

デュエル

  • 7
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1859041 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

デュエル(duel)とは、ラテン語の「duo」がになった言葉で、これは「二人」を意味する。(デュオは現在イタリア語でも2人、もしくは二重奏を意味する)

そしてその二人を意味する「duo」が変化した「duellum」という単が「デュエル」の直接のである。これは「二人の戦い、二人の争い、二人が喧」などの意味を持つ。

そして、現在英単として「duel」と言った場合は「(に男同士の)勝負」「決闘」「果し合い」「生死をかけた勝負」などの意味で使われている単である。

曖昧さ回避
  1. 機動戦士ガンダムSEED」に登場する機動兵器デュエルガンダム
  2. 日本の釣具メーカーデュエル

概要

日本で「デュエル」と言えば「決闘」などと訳される。
映画好きの人には、アメリカ西部劇の決闘イメージが強いかもしれない。
またスティーブン・スピルバーグが初めて監督した作品はテレビ映画の「duel」という題名である。
(ただし、日本での題名は「激突!」)

しかし、日本でこの「デュエル」という単爆発的に広めたは1996年から少年ジャンプで連載された漫画遊☆戯☆王』が原因と見て間違いないであろう。この作品は10年以上経過した現在でも人気があり、その作品の中で「デュエル」という単が頻繁に出てくる。(この作品でデュエルと言えばカードゲームで対戦するという意味で使われる)
そして、その遊戯王に影を受けた作品にも「デュエル」という単がよく使われる。
(ただし、カードゲームで『デュエル』という単を使ったのは『マジック・ザ・ギャザリング』が先。もっとも現在マジック・ザ・ギャザリングでは用いられていないが)
同様に、カードゲームでデュエルを行う者を作品中では「デュエリスト決闘者)」と呼ばれている。対義リアリスト

関連動画

関連商品

関連項目

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/13(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/13(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP