今注目のニュース
あなたは大丈夫?座りすぎによる健康リスクを知ろう
事前注文で待たずに受け取り - 吉野家が「スマホオーダー」開始
【アルバイト採用ブランド力ランキング】スタバ神話の崩壊?!令和のアルバイト人気勢力図が激変!

トラボルタ廃への入り口単語

トラボルタワールドヘノイリグチ

  • 1
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 91318 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

「しばしお時間を!ここはトラティック・ワールド!」(・
ゆっくり聴いていってね!

三人の旅行記(英訳)

曲中にはミクリレン三人のの話が英語られているが
投稿されて間もく。一人の閲覧者(中学生)が訳したので、ここにめる。
とりあえず英訳のみ書きます。
※そのままコピペです。いじってないです。


プロローグ
ここは小さな村。
に包まれた山に囲まれた穏な村です。

この村には、昔からの伝説があります。
それは、何十も野山を越えた遠い東の地に幸福のな場があり、
そこにたどり着いた者には幸福が訪れる、と言う伝説です。
ほとんどの村人は伝説は結局おとぎ話だろうと思い、だれも信じませんでした。

しかし、その伝説を信じた3人の子供がいました。

1人は「リン」。彼女は積極的で活発な女の子でした。
1人は「レン」。彼は軽はずみですこし抜けな男の子でした。
もう1人は「ミク」。彼女は上品で頭の良い女の子でした。

彼らは幸福のな場へ向けて遠い東の地へ向けて出発する事を決めました。
村人達は、彼らがすぐに諦めると思い、笑いながら彼らを見送りました。


三人の冒険

活発なリンが、リードをしました。
ミクは「ぽっぽ」と名付けられた大きなに荷物と一緒に乗っていました。
なぜなら彼女はそこまで体がなかったからです。
レンぽっぽの手綱を引きました。

彼らは東に向かって進み山々を越えていきました。
休憩を取った後彼らは前へ進みました


そして、が来ました。

ミクはたき火をたきました。
リンレンは、ぽっぽの上に置いてあった楽器を取り出しました

彼らは音楽が大好きでした。
彼らは、村にいるときいつも音楽演奏していました。
彼らはいつもより幸せそうに見えました。

そして彼らはたき火の周りで、歌い、音楽を奏ではじめました。


毎日彼らは諦めることなく山や、や、野原を越えて東へ向かって進みました。
彼らはときどき楽器を取り出して、小さいリサタルを行いました

なんて愉快な旅行なんでしょうか!
なんて愉快な旅行なんでしょうか!

何が幸福のな場があるのか、彼らの期待は高まっていきました。


~不思議な

彼らは出発してから何日過ぎたか分かりませんでした。
ついに彼らは東の地へたどり着いたのです。

そこには、見た事のない木や植物のある不思議ながありました。
彼らは、幸福のな場はこのの反対側にあるに違いない、と思いました
突然、彼らのの前にそのには似合わないドアが現れました。

「入りなさい」

彼らは確実にそう聞こえたと思いました。
彼らは少し怯えながらも、勇気を持ってそのドアに近づきました。
すると、そのドアゆっくりと開きはじめました。
まさしく彼らを招待するように・・・

彼らは明るくの幻惑に耐えられずにを閉じました。
そして彼らがゆっくりと開けると・・・

何という世界でしょう!
彼らにされた音楽世界がそこにはありました!
彼らのは楽しさできらきらりました。

ここはトラティック・ワールド
「良い時間を!」
音楽と共に始まりました。

関連用語

トラボルタP
なぎみそ。SYS

 

関連商品

トラボティック・ワールドexit


 

関連コミュニティ

 


 

公開マイリスト

トラボルタP


なぎみそ

 

関連リンク

急上昇ワード

最終更新:2020/02/20(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/20(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP