今注目のニュース
2020年冬アニメ一覧&PV・原作漫画まとめ。『とある科学の超電磁砲T』『異世界かるてっと2』etc…人気アニメの続編がかえってくる!
マイクラの“終末世界”をひた走る列車。トンネルを抜けるたびに、別世界のような滅びた都市が広がり「このSFチックな演出たまらん」の声
『ポケモン』をMMO化したようなRPG『Temtem』の発売がスタート。ピック&バンを取り入れランダム性を極力配したスキルベースのバトルが特徴

ブレイヴ単語

ブレイヴ

  • 1
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2074730 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる
曖昧さ回避 この記事ではモビルスーツについて記述されています。
その他については「ブレイブ」を参照して下さい。

ブレイヴとは、『劇場版 機動戦士ガンダム00 ‐A wakening of the Trailblazer‐』に登場するMS(モビルスーツ)である。

概要

ユニオンAEUの技術者が共同で開発した、汎用性を重視したフラッグ系列MSの集大成とも言える機体である。
スサノオをさらに発展させた機体だが、緊急展開部隊での運用を的としているため一度オミットされていた可変機構が復活している。基本の変形機構はフラッグからの踏襲だが、各部に良がくわえられている。
過去に人革連が鹵獲し研究材料となったガンダムキュリオスデータが新政権の立後に開示されることがスタッフインタビューで触れられているため、ブレイヴにデータの一部として反映されている可性がある)

戦闘中の変形補助用の新OSとして「LEIF」を搭載。この名称はレイフ・エイフマン教授の名から取られている。

武装はGNビームサーベルやGNミサイル、腕部内蔵のビームマシンガンに加え、「ドレイクハウリング」という新のGNビームライフルを1基装備している。連射可な通常の射撃モードの他、大出モードを備える。
先端の身部を取り外すことで連射性を向上させるショートバレルモードも存在する。
ドレイクハウリング」は粒子チャージに時間がかかるため、その時間を稼ぐための武装としてバインダーには1門ずつGNキャノンが内蔵されている。単発の射撃モードと高速連射モードを備えている。バインダー内には大気圏内用のも内蔵されており、GNソードとしても機する。
さらに、「ドレイクハウリング」とGNキャノン2門を連動させることでスサノオに搭載されていたトラパニッシャーも使用可となっている。スサノオでは球形のビームとして発射されたが、ブレイヴのものは通常のビームとして放射する。
(また、粒子撹乱効果のあるチャクラムグレネード、胸部30mm機関内臓をディフェンスロッドとして使用可

このブレイヴは背面と両サイドに合わせて3つのドライヴソケットを装備するなど、高い拡性や発展性も備えている。
フラッグ系同様にかなりの軽量化が施されており、重武装のハンディがあるとはいえ同世代機のガンダムハルートを上回る機動を有する。

決定稿前の名前はフラッググロリアスであった。またスペシャルエディションに付属していた特典映像からは当初はファングを2機搭載出来る仕様だった事もい知れる。

その名が示す通りまだ試験運用の段階であり、先行して開発された6機は独立遊撃部隊ソルブレイヴスに配備されていた。 (以下作中ネタバレ)

そして隊長グラハム・エーカー少佐率いるソルブレイヴス隊はELSとの戦闘隊員2名を失い、隊長グラハム・エーカー刹那の対話のためにELS本体の裂けに特攻。ダブルドライヴによる自爆で戦死していった。


眠れグラハム、永久(とこしえ)に・・・・・

機体のバリエーション

ブレイヴ一般用試験機 Brave(Standard Test Type) GNX-Y903VS

機体カラーは現代の連邦機にも採用されているグリーン系。

背面に擬似太陽炉を1基、両サイドにはGNコンデンサーを2基搭載している。
バインダーの軽量化やビームサーベルの小化など、扱いやすさを重視したカスタマイズのため一般用と称されているが、開発背景を考えれば充分エースパイロットの搭乗も想定されていることが伺える。
擬似太陽炉は1基と、指揮官機にべ出こそ劣るがトランザムシステムを搭載しているため、一時的に大出を得ることが可となっている。また、背面に長距離航行用の増加GNコンデンサーを装備可

ブレイヴ指揮官用試験機 Brave(Commander Test Type) GNX-Y903VW

機体カラーブルー系。

サイド擬似太陽炉を2基搭載したダブルドライヴを採用。
(ダブルオーガンダムのようなツインドライヴシステムではない)
ビームサーベルとGNキャノンが大化している。GNキャノンは使用時にバインダー先端部が展開して身が露出する方式となった。
背部には一般機と同様に長距離航行用の増加GNコンデンサーを装備し、接近戦時や粒子残量が尽きた際にパージする。また片方のドライヴが損傷した場合などには残った片方を背部に移動させて制御することも可
(この形態はGNフラッグの巡航形態と同じ。劇中ではバインダーが破損しただけでドライヴ事なため未使用)
運用試験の結果次第でダブルドライブ仕様も供給するのか、上記の一般用のみの供給にするのかが決まる予定であった。

熟練パイロットの搭乗を想定したハイパワーな設計で、本機もグラハム・エーカー専用にカスタマイズされている。
公式配信のヴェーダのツイッター上で、試験飛行(テストフライト)前後の会話が記録されている。
ラハムが性限界を見極めるべく、トランザムシステムを起動させようとして(部隊隊長の権限)ビリーが悲鳴をあげている。

ビリーああ・・・・・・、よ・・・・・・

なお、フライテストは(限界まで性を試した結果)シミュレーションの1.2倍の数値を出している。
ビリーは今後(の)について話し合おうとしたが、通信を一方的に切られている。

ビリー・・・・・・ああ、よ・・・・・・

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

急上昇ワード

最終更新:2019/12/06(金) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/06(金) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP