今注目のニュース
布団敷きを手伝ってくれる柴犬が可愛すぎると話題に!
年金月額が最大42%増える「繰下げ受給」は本当に得なのか?
キンコン西野、吉本の「共同確認書」にサインせず 理由は過去の…

メタルマックス3単語

メタルマックススリー

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 995602 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

メタルマックス3とは、DSゲームである。
名称どおりメタルマックスシリーズでは3作MMR含まず)、サーガシリーズを含めると7作にあたる。
2010年7月29日発売。

概要

正規ナンバリングタイトルによる3作
これまでのシリーズと同じく、大破壊によって荒した世界舞台をする。
今回も自由度が高く、一昔前のゲームを彷彿とさせる『楽しめるバグ技』ももちろん実装済み。

主人公はこれまでの主人公とは大きく雰囲気が違い、またある程度特徴的なや設定を持っているが、
これまで同様台詞選択肢の時のみであまり多くなく、またデフォ名もない。
しょっぱなから死んだ状態で始まりDr.ミンチ電撃によってり、同時に失った記憶を取り戻すためにをする。

今までさまざまな形態の戦車(はしご戦闘機等)が登場したが、新規要素として今作ではバイク兵/戦車武器の両方及び人間具が使用可)やバイオタンク(MM1マンモスタンク等)が戦車として登場する。

また、これまでのシリーズと異なり引き継いでの周回プレイストーリー最初から)も可
一部店舗の販売品や入手アイテムプレイごとに異なるため、周回プレイ実装の重要度が増している。

通信機は対戦とアイテムトレードに用いる。

システム面について

メタルマックスシリーズを踏襲し、そこにメタルサーガテイストを追加したような雰囲気。
斜め移動がい以外は、操作面は非常に良好である。
また、基本的にタッチネル操作は行わずに十字キーと各ボタンで操作できる。

ホックの交易所という場所に辿りつくことで、入手アイテムを通信で他のプレイヤーと売買できるようになる。
今作では一部販売アイテム、入手アイテムプレイごとに異なる仕様のため、クリアと周回プレイを行わない限り入手できないアイテムも存在する。

戦車についてはメタルマックスシリーズを踏襲、人数ごとに乗する。
今作でもパーツ改造は健在であらゆるパーツ改造できる。今作は改造限界の差が大きいため、
小口径の大口径のより強くなったり、U-シャークなど限界まで改造すると物凄い性になるものもある。
また、手間はかかるがアーチストの改造によって限界えた改造も可(255回まで可)。
改造1回につき、攻撃は一+5、重量は本来の値の2%増加なため軽いパーツほど相対的に強くなる。

戦闘システムはこれまでのシリーズから良い部分を抽出されている。
人間用武器は1人につき3種類携行でき、戦闘中に選択して攻撃できる。
メタルマックスシリーズで好評だった高速戦闘モード実装されているが、処理の限界に挑戦したためか、フリーズに近い処理落ちが発生することもある。数分待てば直ることもあるが、こまめにセーブはしておこう。

主な登場人物

主人公
死んでいるため冒頭でいきなりDr.ミンチ電撃を食らうことになる。
電気ショックの影か、死んだからか生前の記憶がない。序盤でドラムカンを名乗る(他名前3種)。
上記に「最強のLv1」とあるように、序盤に出てくる賞首ぐらいなら一人で勝つことも可
レベルが上がってくると徐々にハンターと似たようなになる。というか職業ハンターとされ、
特技もほぼハンターに準ずる。ただしHPだけは兵戦に強いソルジャーをも上回る。
また、死んでしまっても以外の仲間が生きていれば戦闘終了後に生き返るという特徴もある。
コーラ
本作ヒロイン。序盤で駆け落ち寸前のところを主人公と出会う。
見かけた人からは歳は16~17歳ぐらいで非常に美人と評される。
ラスティメイデン現領である「タロミオ・ヤマダニンゲン」との結婚が嫌で逃げ出すつもりだったが
あえなく捕まりシエルタへ引き戻される。
性格は勝気でわがままだが中盤以降明るく快活で働き者、他人思いな面を見ることができるようになる。
中盤以降のデレっぷりはすごい
シセ
ワラの洞窟父親と二人で住んでいる少女
流れてきたチョッパー(後述)を発見し、引き上げようとしていたとき
跳ね上がったバイクに潰されかけたところを主人公に助けられる。
性格は(序盤のコーラと違い)気立てが良く優しく、主人公がやってくると快く泊めてくれる。
ハンターがいたが、賞首「ユムボマ」に殺されてしまった。
その討を成し遂げ、さらに命を救ってくれた主人公が気になる様子。
毎回いる場所が変わる(キッチン・座ってうたたね・墓の前等)が、稀にで沐浴しているシーンが見られる。
ロミオ・ヤマダニンゲン
ラスティメイデンの前領息子長男)。父親が死んだため、新たに領となった。
何度かシエルタに訪れた際に見かけたコーラを見初め、結婚するためにビーカップまで迎えに行くも、
仲の悪い(3男のサブロミオ)の裏切りによりその望みはかなうことはなかった。
ただのボンボンかと思いきや頭が切れ行動があるようだ。というかものすごいナイスガイ
本編ではすでに故人だが、その話は描き下ろしコミック「メタルマックス3 夢見るカルメン」に描かれている。

なおコーラは序盤のイベント限定で、シセはユムボマ撃破後以降結婚ENDが見られる。

仲間

仲間生物2名+1匹の計3体までで、ヌッカの場という施設で入れ替え、追加が可
職業ハンターメカニックソルジャーに加え、人間戦闘での回復役であるナース肉弾戦特化のレスラー弾作成や戦車改造を行えるアーチストが追加された。性別は男性女性オカマの3種類。
仲間が固定ではなく追加、入れ替えが可になったためか、メタルマックス特有の値は戦闘レベル、運転レベルのみとなる。メタルサーガから「男らしさ」のパラメータが取り込まれ、性別固有スキルによる攻撃に影を受ける。男らしさが高ければ男性キャラ特有の「男気パンチ」の威が向上、逆に低ければ女性キャラ特有のちゃんキックパンチラキック」(もしくは「セクシーパンチ」)の威が向上する。特に女性用は装備によっては並の戦車の威を軽く駕する。しかし、オカマは「男らしさは上がる上、装備は男性用、特技は女性用」となるため、パンチラキック、セクシーパンチが死に技となってしまう。 つまりネタロマン性別である。

シリーズ通しての仲間としてバイオドッグが今作でも登場。
は固定箇所での勧誘となるが、今回は主人公以外全てをにするといった変パーティーも組めるようになった。

ハンター
シリーズ定番職。戦車の扱いなら全職中ナンバーワンで回避率を上げる「ゴーストドリフト」や
選んだ武器で2~3連続攻撃する「電石火」など戦車スキルを多く覚える。
主人公職業上はハンターであるためが被りっており汎用ハンターはやや影が薄い
終盤の強ボスは全て戦車での戦闘なので、ここで日のを見る晩成
最終特技「全門発射」は文字通りの効果で、恐るべき攻撃を発揮する。
メカニック
シリーズ定番職。修理プロ
レベルが上がると戦闘中でのタイル貼りや修理が可になり、戦車戦での持久が上がる。
運転はかなりのものだが肉弾戦は苦手で、ど生かせない。が、機械への強さは健在。
「ゆるめる」でボスや賞首でも弱体化を引き起こし、「スパナ乱舞」で集団に大ダメージを与え、
スパナ系装備でパーツ破壊を起こし、最終特技「解体」で、賞首と一部ボス以外は問答用で破壊できる。
フェイスレスお前は。
ソルジャー
シリーズ定番職。肉弾戦が得意。ダンジョン攻略の友。高いステータス(運転スキル除く)と豊富な装備品がウリ
クルマから降りれば「ダブルアタック」で2回攻撃をしたり、最終特技で装備中の武器全てで同時攻撃が可
運転は苦手だが、バイクであればバイク代わりにして自前の武器で攻撃するという戦法が取れる。また、戦車戦闘開始時のアイテム使用要員(煙幕など)としても、高いHPのため重宝する。
ナース
今作初登場。回復アイテムの効果が2倍になる。
スキルで味方を回復したり、アイテムを味方全員に使用したりできる回復のスペシャリスト
また、メカニック同様、こちらは生物に対して「禁断の注射」で一撃死与えることができる。
そのほかの部分も人間メカニックであり、兵戦はそこそこだが戦車戦では特技を生かせない。
バイクに乗せておくと具が使用できるのでバイクのほうが向く。この際もちゃんと効果は2倍になる。
レスラー
今作初登場。ソルジャーと同じく肉弾戦が得意、要するにFFのモンクである。こちらはボス戦要員の色が強い。
ドラムストレッチ→台風チョップの威は強で、状況次第では戦車をも上回る。
その反面、装備できる武器が少なく、スキルを使用しないと単体攻撃しかできない。
運転レベル最低で乗時の利点が範囲攻撃と程度であるなどクルマの扱いは最も苦手だが
最終特技「ヨコヅナオーラ」をえばもはやそのようなものは必要ない。
アーチスト
今作初登場。弾作成や戦車改造ができる「ゲージツ」のスペシャリスト
他の職業と異なり男女とも「カワイイ」と形容すべき外見も含め、一見するとかなりのイロモノ。
全体的にステータスは低めなものの人間クルマ両者のスキルバランスよく持っており
人間ではマイク(音波属性)による範囲攻撃に長け装備もそこそこ多く、戦車では意外と運転技も高めで
弾演武」で連続攻撃でき、破損なら修理もできるFF3賢者(ただしDS版)的存在。
弾作成(セメント弾が強)や改造限界突破といった独自のスキルがあるので、1人は育てておくと便利。
シリーズ恒例。
レーダーキャンプ跡にいたり、で譲り受けたり、ワールドマップ上で倒すことで仲間にできる。
主人公の命は受け付けずオートで行動する為、を残して人間がすべて死んでしまうと全滅扱いになる。
これまでは戦車に乗れないため何かと犠牲になりやすかったが「ポチバイク」などの全攻撃のダメージを割合減するアクセサリが登場し、最上級の「スーパーポチタンク」ともなれば全攻撃80%カットと誇抜きで戦車並の防御が得られるため、たとえ賞首相手でもそう簡単には死ななくなった。また、これらはあくまでアクセサリであるため戦車が侵入できない場所でも使用でき、兵戦時は人間ごときよりかに頑丈である。
さが最大である他それ以外の性も高めで、攻撃時は敵の弱点を狙ったりと較的的確な行動を取り
特定アイテムがあれば仲間HPを回復してくれるため、戦車メインパーティでは重要な兵戦となる。
なお、1度クリアするとヌッカの場にて任意で登録することができる。
(性別も決められる。の性別を決めても意味はないが)。主人公+3匹でのプレイも可

戦車(クルマ)

バイク戦車クルマ)が追加され、戦車戦闘では不遇であったソルジャーが乗したまま手持ち武器で攻撃できるようになった。ただし、バイクは乗り手が直接攻撃を受けることがあるため、装甲タイルの他にHPにも注意が必要。

シリーズの定番である戦車改造だが、シャシー改造によってシャシー自体の進化魔改造?)が行われる。ただし一度改造すると元に戻せない(メタルサーガ鋼の季節での仕様)ようで、この仕様は否定的なプレイヤーが多い様子。
外観や固定武装が増えるのを避けるため最終進化をさせないという選択肢もある。

また、一部戦車は一定の改造値に達していると、とある場所の改造屋でダブルエンジン仕様改造できる、
これまで不遇だった重量級戦車エンジンを2つ搭載し2倍の出を得られるようになる。

武器は従来の・副・S-Eから大砲・機・S‐Eと名前が変わり、それぞれの種類に対応するに装備できる
発射は原則として1武器ずつの使用となるが、シャシーやCユニットに「○○ラッシュ」という特性があれば対応する種類の武器を全発射でき、ハンターの特技「全門発射」によって全武器をまとめて発射できる。
そのため、ラッシュ向けに一つの種類の武器だけ5門という極端に偏った武器構成の車両もかなり多く存在しており
武器の種類をそろえてのラッシュや高火力で固めた全門発射は驚異的な火力を誇る。

チョッパー
主人公が記憶を失う以前から乗っていたらしいアメリカバイク。名前が書いてある。
最初に入手できる、というか実質初期から持っているのだが鋼の季節のように序盤で奪われるため
自分のものになるのは中盤に買い戻した時になる。パッケージヒロインが乗っているバイクがこれ。
改造後は大砲とS-Eをにするもの、機が多いもの、強な固定武装がつくものなどがある。
体が軽く改造費用が安いなど至れり尽くせりの性だが、一部変なシャシーがある。

パトカー
砦の2階に駐されているスポーツタイプパトカーで、多くの人にとって最初の自分の車両になる。
元々機が多い上改造で機を増やすことでバルカンラッシュの特性を得られるため
を大量に取り付けるとザコに対しては圧倒的な殲滅を発揮する。流石は警察
実現は難しいが改造7.7mm機5連発などのロマン装備をやると意味不明アホ火力になったりもする。
カラーリングによっては、どう見てもタクシーみたいになったりする。
モトクロッサ
バイク2つめ。沼地に沈んでいるのをクルマで引き上げて入手する。
序盤のお供だが、改造すると様々な用途に使用できるようになる。
バイクは乗りながら人間用武器で攻撃できるため、ソルジャーと相性がいい。
ナースレスラーを乗せる場合は代わりに使用することになる。
MBT77
イカレタンクとしてしているのを撃破すると心を…もとい、Cユニットを入れ替えて仲間になる。
外観はMBT-70KPz 70独共同の戦後二世戦車)に近い。
普通にプレイしていると(普通があるか怪しいが)初めて手に入る『戦車』である。
均的なで使いやすいが、改造を進めると固定武装が増えていくのでどこかで止める必要がある。
持ち物積載数がトップであるためタイルを積んでメカニック用もアリダブルエンジン可。
Rウルフ
シリーズの看戦車レッドウルフ。序盤から30,000Gで購入できるが序盤買うには多少稼ぎが必要。
(イベント中一時的に100万Gに値上りする(実際は買えなくなる)が、イベントを進めると元の値段に戻る。)
今作でも相変わらず高性改造ルートは少なめな分安定しており最後まで改造してもで止めても強い。
特性の「会心の一発」は1に積まれている大砲クリティカル率を上げる効果がある。
武器系統がバラけているためラッシュには向かず、主人公ハンターに向いた戦車である。
強いて弱点を言えば初期アイテムの積載数が少ない程度。ダブルエンジン可。
スカウター
装輪装甲車シリーズ定番のほぼノーヒント(今回は情報多め)で埋まっている戦車
ったいためそのままでは余り強いとはいえない。ダブルエンジンなら強かったと思われるが…
アイテム積載数がMBT77と並び最多タイでありフリーも多いので補助に回るのが有効か。
性質上倉庫代わりの牽引としても最適。また、レンタルタンクのシャシーとしても多く登場する。
バイオタンク
成長する戦車改造はできないが戦闘に参加することで成長する。
入手時期もそうだが成長もゆっくりとしているため大器晩成
マンモスビートルタコ、トリケラの4種類といくつかの性格から選べ、
それによって武装とパラメーターが変化する。
作成にはくずと膨大な量のぬめぬめ細胞を必要とする。
ツングース
戦車。多量のに埋まっている。戦車が正攻法だがなければパンチラキックを壊せ。
ネタバレ別経路から土の一枚を破壊、登録して修理屋で回収すれば簡単に入手可
改造で様々な固定武装がついたりとれたりし、最終形まで改造すると対くなってしまう仕様
サイファ
ハイウェイを駆け抜ける賞首を撃破することで入手できる3台バイク
しかし、賞首が恐ろしく強い上レアアイテムドロップするため入手が後回しになりがち。
MBT77と異なりそれそのものではないため倒してその場で入手できるわけではない)
外観は○のバイクそのもの。さんをつけろよデコ助野郎!
構成は戦車に近く種類が分散しているが固定武装が少ないため性はかなりのもの。
ペイント屋で専用色「アキラレッド」に塗装できる。
ソイヤウォーカー
パーツを集める事で完成する…戦…
どう見ても輿です。本当にありがとうございました。
のほうも色々ととんでもなく、入手時点でも固定武装もないという意味不明さを誇るが
改造ルートが非常に多く、シャシー自体も軽い上、全て自由でS‐Eを3つ搭載可という改造があり
固定武装も固定武装でかなり強という戦車最強の一でもある。もちろん双発可。
ソイヤ(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)ソイヤ
スプーチン
工場のに鎮座する地を這う円盤ソ連の試製戦車オブイェークト279
固定武装は最強のスパルクであるウルトラキャノンのみで、残りはかS-Eにすることができる。
大砲を五門装備できる改造先があり、そこからのキャノンラッシュは類の破壊を誇る。
体が重いのが悩み所、重すぎて初めからダブルエンジン。前述の五門仕様にするとさらに重くなる。
ディノヒウス
最後に入手する(事が多い)、SFデザインのS‐E特化の戦車
改造生は多く固定武装が多めな改造先が多いものの、固定武装の性自体はかなり良い。
電磁バリア特性を持つが、今作の電磁バリアはいまいち効果を実感しづらい。
2週以降は初期に入手できる方法がある。ダブルエンジン可。

尚、今回はバイオタンク作成があるためか、バトー博士が居ないためノーマル戦車作成はい。
また、バギーも野バス救急車もはしごも居ない。うん、居ないんだ…。

プレイ時の注意点、バグ

結構どこでも行けてしまうこれまでのシリーズ定番仕様のため、冒険ガイドは活用すべき。
また町の人の話は聞いて回るようにすると、次にやることが見えてくる。
場のマスターやホステスはそのままでは情報をくれないが、職行柄情報通。まずは売り上げに貢献してあげよう
宿屋に泊まる、または戦闘を一定回数行うことで進行するイベントもあるので進まないと思ったら一度宿屋か、行ける場所で話を聞いて回るようにしよう。A連打で読み飛ばすと後悔する。会話シーン十字キー読み進めるのがオススメ。

そして笑えるぐらいNPCが死ぬ。悪党や性格の悪い寿命を迎えるご老体や前代の英雄シナリオ上でのカマセが死ぬなら普通RPGでもよくあるが、そこはメタルマックス
善良な一般市民ほどよく死ぬ。それも、選択肢ミス戦闘での耐久見誤りで死ぬのならまだ話は分かるが、
放置するだけで気が付いたら死んでることすらある。
そういうのに限ってプレイヤーに有情報や信頼度、店(死ななければ店になるものも)だったりするから困る。
流石変態ソフトハウスDECOの系譜。
なので選択肢ミスや会話読み飛ばし、NPC放置にはできるだけ気を付けないといけない。

また止め時が難しいので、次の日に仕事、用事、約束がある人はプレイしすぎに注意。

処理落ち、またはフリーズの報告がされているため、戦闘モードEを多用する際はセーブはこまめに行なおう。
他、進行に影があるバグについてはまとめwiki等を見ることをお勧めする。

ドロップがしょぼい?と゛せいさんバースト落とさない、バグだ? リアルラックです。
何度もやり直すか、周回プレイに望みを託すかは方次第。お、は泣いてないぞ!
ただし、波動筒が落とす205mmひぼたんに関してのみ、チャージ量でドロップテーブルが変わるため、
うまく狙わないといけない(フルチャージ、経験値500の時のみ落とす可性がある)

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

関連リンク

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP