今注目のニュース
まさかの『ヒプマイ』舞台化 チケット1万8千円に「目ん玉飛び出した」「声優どこ行ったんですか?」「役者はいい」と賛否両論!
2018年全国交通事故多発交差点マップ 危ないのはどこ?
錦織、メジャー始球式の“カブスユニ姿”に反響「綺麗なフォーム」「野球帽が似合う」

ヴァーユ単語

ヴァーユ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 827124 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

ヴァーユとは、インド神話ヒンドゥー教)に登場するである。

概要

古代インド典「リグ・ヴェーダ」にも登場し、る軍。豊・子孫繁栄・福富を与えるとしても信仰されている。

名はそのままを意味しており、を支配する。インドでももっとも古い々の一人。ゾロアスター教風神ワユと同一の存在。

古代インドでは火のアグニ・太陽スーリヤとともに三大神として信仰もされていたが、時代の移り変わりとともにその地位はインドラへと移っていった。インドラと友人か、それと同等の地位・関係を持っており、互いに密接に関係している。ソーマを好み、インドラとともに率先してそれを飲む権限を持っている。
姿は容姿端麗で、色白青年とされる。性格は明るく、のように開放的で奔放、また快だとされる。ヴァーユが現れるときは、い2頭の、またはの引くに乗って現れる。また、インドラが同乗する際は千頭立てのに乗って現れる。

ラーマーヤナに登場するハヌマーン、マハーラーバタに登場するビーマのとされており、神話としては、ガルーダが守るメール山(須弥山)をガルーダが離れた際に吹き飛ばしたというものが残っている。また吹き飛ばされたメール山の山頂は、に落ちてランカー現在スリランカ)になったといわれている。

 

後に仏教に取り入れられ、部の十二の一人、風天となった。い旗の付いたを携え、鹿に乗りい甲冑を着た人物として描かれる。ちなみに、風神雷神で描かれる風神とは別物で、地位的には風天のほうが上である。

関連商品

関連項目

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP