今注目のニュース
広瀬すず、“1人カラオケ”をする理由
内村光良、車に乗ろうとドアを開けたら… 「怖すぎる展開」に悲鳴
「あの一言」が自分の行動のブレーキになっているかも?

全員単語

ゼーイン

  • 6
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1551841 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

全員とは、属する全ての人員のことである。

「全員」が「ぜいいん」になる理由

「全員」というは概して「ぜいいん」と書かれ「ゼーイン」と発音されることが多い。「正しい」発音は「ぜいん」であるが、近頃では発音に厳格とされるNHKアナウンサーですら、若いアナウンサーらははっきりと「ゼーイン」と発音することが多くなってきている。

ひらがなの「ん」は鼻音 (びおん) という鼻腔を共鳴させる発音に分類されうる。鼻音にはいくつか調音部位が異なるものがあり、日本語でも開音節においては (例えば「な」と「ま」のように) 分別して使うが、音節末の鼻音 (すなわち「ん」で表す鼻音) の調音部位は後続の発音に左右される。例えば「全体 (ぜんたい) 」の「ん」はnに近い歯茎鼻音、「全滅 (ぜんめつ)」の「ん」はmのような両唇鼻音で発音されることが多い。

んでもって「全員 (ぜんいん)」の最初の「ん」は正確には、と呼ばれる音の調音と同じ状態で鼻腔の方に気流を持っていく発音になる。「全音 (ぜんおん)」等のように口腔を較的大きくとる発音の前では鼻音もわりと容易に発音できるが、口腔後部が狭くなる音 (代表的なものは「い」。他に「え」など方言によって様々) の前では意外と難しくきちんと発音されることが少ない。

結果、後続の音と同じ調音になってしまい、それを聞き取ったものをそのまま文字に起こした結果起きた悲劇が「ぜいいん (←なぜか変換できない)」である。そして「ei→e:」の音推移の法則 (「計画」が「ケーカク」、「制作」が「セーサク」になるアレ) により、「ぜいいん」をそのまま音読した結果「ゼーイン」と発音されるという二段階進化を遂げて今に至るのである。

関連動画

関連商品

関連項目

急上昇ワード

最終更新:2020/01/22(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/22(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP