千種忠顕単語

チグサタダアキ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2514441 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

千種忠顕(?~1336)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した貴族である。

概要

村上源氏のひとつ、六条の分出身である。若いころから博打や追物にじ、から勘当されるなど放な性格だったとされる。

元弘の乱後醍醐天皇が挙兵するとこれに協。しかし乱が失敗し捕らえられると、天皇とともに隠岐に流された。

1333年に天皇とともに隠岐を脱出して再度挙兵。赤松則村とともに官軍の先鋒となり、やがて寝返った足利高氏とともに六波羅探題を陥落させる。その功績で建武政権では三ヵ国司となり、従三位に列して卿となった。しかし政権に逆らい、一度は敗れた足利尊氏九州から再起を果たすと、坂本を敷いてこれにあたるが討ち死。建武政権下で権勢を高め、1336年に相次いで戦死する三木の一人に数えられる。

千種は彼一代に終わったが、その後江戸時代岩倉から新として起こされて名跡だけは継がれ、そちらは現在もなお続いている。

関連項目

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/20(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/20(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP