今注目のニュース
本田翼が初参戦“ゴチ”で高額支払い、崩れ落ちる
昭和の美人女優14人を「今っぽく」してみた動画が話題に!
精神的な恐怖やストレスを描く小規模な実験作『Project: Mara』発表。『Hellblade』のNinja Theory開発、没入型ストーリーテリングの新たな可能性を狙う

山雲(艦これ)単語

ヤマグモ

  • 4
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2411046 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

「いけませんわ~ そこはデリケートです~
は、センシティブですから~」

山雲(やまぐも)とは、「艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する、大日本帝国海軍朝潮型駆逐艦6番艦「山雲」をモデルにした艦娘である。

CV堀江由衣キャラクターデザイン藤川

概要はっけ~ん。撃ち方~、始め~

にあたる「朝雲」がその名を連呼していたことから、実装が待望されていた「山雲」だったが、「舞風」と「野分」の例から実装は相当先になるのでは、という観測もあった。

そんな最中、事前の予告では「足柄改二」の実装のみだった2014年12月26日アップデートで、新艦娘として「山雲」の実装が告げられ、界は一斉に沸騰した。

しかも、そのツイート告知によると「新年最初のメンテまでは、中盤以前の域でも特別に邂逅です」となっていたため、彼女ドロップするという報告が上がった域のうち、較的簡単と言われる1-5や3-3、3-5に提督達が殺到することになった。
冬休み期間のイベント2014~15年の年越しにはなかったため(1年前はアルペジオイベントの最中だった)、ヒマを持て余していた提督達にとって「山雲掘り」が一種のイベントとなった感は否めない。
だが、ボスS勝利ドロップのみ、と言われる条件を勝ち抜いて「山雲」を事に手に入れられた提督もいれば、三桁以上のS勝利を重ねても彼女の姿を見ることができず涙する提督も少なからずいた。

そんな「山雲」は、の「朝雲」とは対照的におっとりぽややんとした雰囲気を漂わせており、間延びしたしゃべり方と「ねー」という口癖が特徴的。そのマイペースっぷりから「」とも。趣味ラバウルで教えてもらった庭菜園。

装は朝潮型共通のブラウスに灰色スカートだが、胸元には薄格子柄スカーフを付け、同じ薄カチューシャリボン(というよりシュシュ?)でを整えているお落さんである。
ちなみに、中破絵を見る限り非常に坦である。

このの「朝雲」と同じく、改造すると表情や装備などが少し変化する。細かい点が色々と変わっているので図鑑などで見べてみるのも一

朝雲」がなにかにつけて「山雲」を気に掛けているのに対して、「山雲」の方も「朝雲」と1日2回『デート』するのを楽しみにするなど、かなり懐いている模様。しかし、

  • 1回デートに向かう際には途中で「扶桑」「山」を発見し、何故かおが痛くなってしまい提督の下に戻ってしまう
  • 2回デートに向かう際には「朝雲」が他の男性(?)と歩いているのを見てしまい、何故か涙が出て戻ってきてしまう

メンタルが脆い部分が所々に見受けられる。なお、この際朝雲が出会っていた男性

等の説が上げられて居るが、詳細は不明である。

ちなみに、その「朝雲」によると「山雲」は、「ちょっと変わってるけど」「悪い子じゃないから、本当よ。私が保します!」「あの子、本当、時々妄想世界に行くのよね。いや普段は普通よ…うん…」だそうである。

ところで「山雲」は、艦これでもお染みとなった西村艦隊の最後の一人でもあり、これで西村艦隊全員艦これ実装されたことになる……のだが、艦これで1艦隊は6人というシステム上の縛りがあるため、史実通りに7人を並べることは出来なかったりする。

やだやだ山雲、史実には弱いのよ~

朝潮型駆逐艦6番艦「山雲」は、1936年11月4日大阪永田造船所で起工した。1937年7月24日に進し、1938年1月15日工した。完成後、すぐに第41駆逐隊に編入され、後にその第41駆逐隊は名前を変えて第9駆逐隊となる。同駆逐隊にはの5番艦「朝雲」、にあたる7番艦「」8番艦「峯」がいた。
その後、第9駆逐隊軽巡那珂」が率いる第四水雷戦隊に配属され、1941年の8月23日寺島へ集結。第二根拠地隊官の広瀬末人少将を乗せ、戦備を整える。そして運命の太平洋戦争に突入していく。

開戦日となった12月8日山雲はルソン峡中央部に進出しバタン諸攻略支援。二日後にはカミギンサン・ピオキント攻略支援する。その後、14日に基へ帰投。
しかし、開戦々となる1941年12月31日リンガエン湾上陸作戦支援中に(味方の)機に触れて大破、機械室が浸し航行不能となる重傷を負う。これにより内地への帰還を余儀なくされる。1942年の正月、損傷した山雲は特設砲艦丸に航され、セント・トーマス入港。現地で応急修理を受け、香港を経由して横須賀に帰還した。さっそく本格的な修理が始まり、山雲は戦傷を癒した。

しかもその間の42年5月15日には、第9駆逐隊から除名されてしまい、予備艦として横須賀鎮守府直属となる。
(その後の第9駆逐隊については、「朝雲」の項を参照されたし)

10月1日修理了。続く10月7日、推進軸を破損して航行不能になった駆逐艦萩風航して横須賀へ帰投。年末まで横須賀付近で護衛任務に従事する。
年が変わって19431月1日横須賀南東で遭難した機帆船群の捜索に従事。2月4日からは横須賀を出撃した龍田丸をトラックまで護衛する任務に就いたが、御蔵の東南東で龍田丸が潜水艦の手に掛かり沈没。深夜の大時化という状況が油断を誘ったのだろう。護衛対を初めて沈められるという苦杯を飲まされた。山雲は荒れ狂うを漂う生存者を何とか救出し横須賀へ引き返した。
その後、しばらく輸送の護衛任務についていたが、43年9月15日に、今度は第4駆逐隊に配属される。
第4駆逐隊は、陽炎型駆逐艦4隻で編成されていた駆逐隊だが、この時はもう2隻(「萩風」「」)が沈み、残る2隻、「野分」「舞風」で運用されていた。「山雲」はそこに編入され、第4駆は陽炎型朝潮型の混成部隊となる。

194311月19日、潜水母艦長等からなる艦隊をトラックから本土へ護衛中、追跡してくる潜水艦スカルピン」を発見。しい爆攻撃で損傷を与え、浮上してきたところを撃して撃沈するという戦果を挙げている。この戦闘山雲スカルピンの艦に機掃射を喰らわせて艦長や手を戦死させた他、第44クロムウェル大佐も死に追いやっている。スカルピンは複数の輸送船を葬り、飛鷹涼風も損傷させた敵で山雲はそのを取ったのだった。生存者約40名は山雲と若に救助された。

441月1日山雲は輸送任務のためカビエンに寄港した。独立混成第1連隊の兵員100名と軍需品を揚陸中陸上レーダーが接近する敵機を探知。すかさず山雲は抜錨し、逃走を図るが約85機の敵機に襲撃される。対戦闘をしつつ退却する山雲だったが多数の至近弾と機掃射により55ヶ所に破孔が生じ、重油庫が浸。乗組員にも死傷者が出る。滅多打ちにされたものの対射撃により五機撃墜を報じた。九死に一生を得た山雲トラックへ到着し応急修理を受けた。
2月15日、「山雲」は輸送護衛任務でトラック泊地を離れた。その僅か2日後、米軍航空隊がトラック泊地襲し、「野分」はかろうじて脱出できたが、「舞風」は逃げられずに沈んでしまう。

こうして2隻になってしまった第4駆逐隊だが、そこに新たに補充されてきたのが朝潮型満潮」だった。そしてさらに7月には、所属していた第10駆逐隊が自分だけとなり解隊された「朝雲」が編入され、第4駆逐隊はようやく4隻体制となった。

5月11日、第4駆逐隊佐伯を出航。第二航空戦隊を護衛し、タウイタウイ泊地へ進出する。そして第二航空戦隊の訓練を支援した。また泊地の安全を確保するため対潜掃討も行っている。
6月10日には渾作戦に参加。バチャンに寄港したが、3日後に中止となり原隊復帰。19日に生起したマリアナ沖海戦に参加する。が、結果は惨敗。戦終結後、沖縄の中湾に撤退する。

ダバオやタラカンなどで護衛任務に従事していた8月21日シンガポールで電探を取り付ける工事が行われる。

そして10月レイテ沖海戦に際し、第4駆逐隊陽炎型の「野分」と朝潮型の残り3隻で分けられ、朝潮型3隻は西村艦隊の所属として戦いに臨むことになる。
10月23日バラバック峡を突破。翌日には襲来した艦載機と交戦する。

そして、10月25日、スリガオ峡にて、西村艦隊駆逐艦時雨」を残して全滅する。

時雨」の西野艦長の撃談によると、「満潮」「朝雲」「山雲」の3隻はほぼ同時に魚雷を受け、「山雲」は沈だったという。乗組員も全滅、もしくは1人だけ生き残ったとも言われるが、詳細は不明である。
山雲を沈めたのは駆逐艦マクダーマット等が発射した魚雷とされている。

1945年1月10日、除籍。同日、全ての所属駆逐艦を失った第4駆逐隊も解隊された。

その後、山雲の名は1966年1月に就役した海上自衛隊所属やまぐも対潜護衛艦[1]1番艦「やまぐも」に引き継がれた。こちらの「やまぐも」は、1991年練習艦になったあと、1995年事お役を果たし終えて除籍されている。

関連動画ねー それは大切よねー

関連静画も、いいわねー

山雲の関連立体、どうかしらー

関連コミュニティの確認、よーし! 任務の進捗ー、オッケー!

えーと、山雲的にはー、関連項目ってー、割りとー…好きかも-

脚注

  1. *なお、やまぐも護衛艦は3番艦「あさぐも」以外にも2番艦「まきぐも」5番艦「あきぐも」6番艦「ゆうぐも」と、艦これでもお染みの名前が付けられている。

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP