戦犯単語

センパン

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2563150 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

戦犯とは、

  1. 戦争犯罪人の略称戦争犯罪人とは戦時国際法に違反した者のことである。
  2. 日本においては、大東亜戦争終結後、戦勝によって行われた極東軍事裁判(東京裁判)で、A級(正しくはA項)戦犯として絞首刑の判決を受けた日本導者7人をす事が多いが、日本社会復帰時、各の承認と国会決議をもってすでに戦犯は存在せず、処刑された者達は「務死」となった。この裁判は、明確な戦争犯罪に当たる「原爆投下」や「東京大空襲」などを裁かず、かわりに「南京大虐殺」なるものを捏造してまで行われた為、戦勝による単なる私刑(リンチ)と解釈されている。なお、一の専門であったインド代表パール判事は「時が、熱狂と偏見を和らげたには、 また理性が、虚偽からその仮面を 剥ぎとったには、その時こそ、 正義女神はその秤を衡に保ちながら、 過去の賞罰の多くに その所を変えることを要するであろう。」との言葉を残し、この裁判の責任者であったマッカーサーは、後に「日本産業以外には、固有の天然はほとんど何もないのです。彼らは綿がい、羊毛い、石油の産出がい。錫(すず)がい、ゴムい。それら一切のものがアジア域には存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてだったのことだったのです。」との言を行っている。
  3. 2.のような経緯を隠している多くのテレビ新聞学校教育の影から勘違いし、敗北した際に大きな失敗をした導者や選手へのレッテル貼りとして使われているが、2.の意味から、本来使うには大変難しい言葉であり、知らずに使っていれば「無知」、知ってて使っていれば「反日思想の持ち」と認識される。

関連項目

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/20(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/20(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP