今注目のニュース
窃盗の罪で逮捕のメイド、唾液や尿…信じられないものまで食事に混ぜていた その動機にも驚愕
誰だこんなの作ったのは笑。河が深いことを察したボーちゃんの動画がカオスすぎてヤバいと話題に!
パルクールを特徴としたオープンワールド型ゾンビサバイバルゲーム『Dying Light 2』が発売延期へ。ビジョンを実現するにはまだ時間が必要とファンに謝罪

新・光神話 パルテナの鏡単語

シンヒカリシンワパルテナノカガミ

  • 22
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1485368 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

新・光神話 パルテナの鏡とは、2012年3月22日に発売されたニンテンドー3DS専用ソフトである。

概要

新・光神話 パルテナの鏡
ジャンル アクションシューティング
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2012年3月22日
希望小売価格 5800円
3D映像
CERO B
通信 すれちがい通信
いつの間に通信
ローカル通信(対戦/協)
インターネット通信(対戦/協)
その他 スライドパッド対応

E3 2010で発表されたソフト。開発はかの桜井政博氏率いるプロジェクトソラ。  
ジャンルアクションシューティングゲーム内容は「罪と罰シリーズを彷彿とさせる作りとなっている。

初心者でも入りやすいように作られたシステム、「大乱闘スマッシュブラザーズX」でも見られた特徴的なフォントなど、桜井政博氏のテイストが全面に押し出されたゲームデザインが特徴。
また、「スターフォックスシリーズや「罪と罰シリーズなど、これまで任天堂が作ってきたSTGFPSTPSを含む)の集大成的な面も見られる。

パッケージには『新・光神話 パルテナの鏡』専用ARカードと、ニンテンドー3DS専用スタンドが同梱されている。

ストーリー

かつて悪逆の限りを尽くしていた冥界女王メデューサが、25年の時を経て復活した。
府軍”を率いて地上界、界へと侵攻を開始するメデューサ

これに対して立ち上がるのは、かつてメデューサの対の女神だったパルテナと、
その使いであるパルテナ親衛隊長ピット

飛べない天使女神奇跡に受け、府軍を浄化するために界から飛び立つ。

公式サイトより引用) 

この文章を見る限りではシンプルストーリーに感じられるが、実際にやってみるとメタ発言まみれの天界ジョークだらけになっており、笑える部分が非常に多い。かと思えば女神パルテナ戦争に心を痛めるなど、コメディ部分からは想像もつかないようなシリアスシーンも多く、シリアスコメディの格差が大きいストーリー展開となっている。

登場人物

ピットパルテナデザインは「スマブラX」がベースとなっている。「初代パルテナ」から25年たったという設定だが、神様天使は年を取らない設定なのでピットパルテナは歳を取っていない。不老不死であるが、パルテナ等の女神は年齢を気にしている様子である。

今作における神様は非常に感情豊かであり、性格的には人間と大差ない。また、何でもかんでも願いをえられる存在ではない。この点は今作の要な元ネタであるギリシャ神話に沿っていると言える。

天界

ピットCV高山みなみ
本作の主人公パルテナ軍親衛隊隊長を務める戦う天使人間に換算すれば13歳ぐらいの少年。明るく元気だが、年相応に自信過剰だったりやんちゃだったりもする。
本人く「昔のとは違う」らしいが、相変わらず自を飛べないなど、とてもそうは見えない。顔以外。
パルテナCV久川綾
界を統べる女神ピットの上
初代では攫われヒロインだったが、今作ではピットサポートを行う。美貌の持ちで、ピットをはじめとする天使たちからの尊敬を一手に受けるほどの慈の持ちでもあるが、妙なところで腹黒かつ毒舌桜井く「意外で冷で短気な一面」がある。
スマブラでの々しい振る舞いはどこへやら、っ気や俗っぽさも色濃くなっており、特にした画面で繰り広げられるピットとの掛け合いは全に漫才。大乱闘なんとかブラザーズではカービィが持ちキャラだとかそうでないとか。
一部では同じ任天堂製のゲームである「斬撃のレギンレイヴ」に登場する女神イズン様の臭いがすると言われる。
イカロス
界の下級兵士たちの総称で、ピットの部下に当たる。 様々な種類がいる。マッチョな物もいるが、昔と同じようにピットべるとどれもこれも物凄く貧弱であり、ピットからは戦として全く当てにされていない。なおアイテムになっているものはイカロスを模した人形である。

冥界

メデューサCV進藤尚美
冥界女王であり、25年前に倒したはずの宿敵。蠢く頭髪が特徴的。もともとはパルテナと対をなす闇の女神であったが、人間たちにあまりにもひどい仕打ちをしていたのを見かねた彼女と衝突し、最終的にはピットによって倒されてしまった。
25年の時を経て、府軍を従えて突如復活し界と人間界に襲い掛かる。
前作から姿が一番変わったキャラクター。前作では、岩に埋め込まれた一つの怪物だった。
(ただし、この一つの怪物の形態はメデューサ本来の姿ではないようで、海外の「初代」ではメデューサを倒すと本物のメドゥーサが出てくる。)
府軍
メデューサが率いる軍隊。その多くが魔物の姿をしていて、人のように手を持ち二足歩行をする物は非常に少ない。
前作に登場した敵も多数続投している。(ナスビ使いや死神など)
インベロス
前作に登場した、二つ首のモンスター。前作では府界のボスだったが、今作ではウィスピーウッズ的なポジションになってしまった。おまけピットからやたらと馬鹿にされている。
ヒュードラ
前作で人間界のボスとして登場した、モンスター。今作ではなぜか三つ首進化しており、しかも羽もないのにを飛ぶようになっている。また、首だけになっても生存する生命を持つ。
三つ首はそれぞれで違う人格を持っており、しかも流暢に人を操ってすさまじいテンポ漫才を繰り広げる。三つ首状態の中戦から、首だけになった状態との地上戦など、様々な戦いの中でそれぞれの首を撃破していくことになるが、この順序によってデモ内でのセリフも変わってくる。全部見てみよう。
パンドーラ
けだるげな女性で話す、人魂女神。これでも一応女神。前作では天空界のボスとして登場。
災厄を操る存在で、奇妙な魔法を多く繰り出す。の回るようなトラップが満載されたダンジョンを構成してピットを迎え撃つ。
ピットに倒されたが、終盤で巻き戻しのにより復活、さらに体も再生させて妖艶な美女、女戦士パンドーラ
なった。その姿と性格の変化は周りを驚愕させた。
タナトス
死をつかさどる邪神。前作のメデューサ戦で、メデューサの前を跳ね回っていた。今作ではランプ魔人のようなデブ親父の姿で登場。
暑苦しいテンションの持ち語尾に「デス」=「Death」とつける。
パルテナく、府界においてはむしろメデューサよりも格上の存在であるはずだが、自身は「面ければ何でもいい」としてこの摘を一蹴している。
ハデスCV大塚芳忠
存在自体がネタバレの人物。以下ネタバレ反転
ハデスという名前からも分かるように、府のの支配者。メデューサを復活させたのも彼。メデューサが倒された後、姿を現し、府軍を率いてパルテナに戦いを挑んでくる。見たはかなり恐ろしいが、性格はパルテナ同様にお茶で非常にノリが軽い。だが、悪役らしく残で狡猾な面も見せ、強さも折り紙つき。コメディシリアスかの一辺倒が多い任天堂悪役ではしい、コメディシリアスが両立した悪役。最終的にピットに倒され、潔く負けを認めながら消滅していった。

自然軍

ナチュレ
自然王という肩書きを持つ少女の容姿をしているが、口調は年寄り臭い、いわゆるロリババア自然の摂理に反する人間を、自身が所有している自然軍という軍隊を使った浄化しようとしており、ピットたちと対立するが、一時的に協することもある。そのため、ピット達にツンデレ摘された。否定せずにツンデレお約束台詞で言い返すあたり、自覚はあるのかもしれない。
ロッカ
『剛ロッカ』と呼ばれる自然軍幹部。岩石に覆われた姿をしている。理由は不明だが、一切喋らない。
アロ
『静寂のアロン』という肩書きを持つ自然軍幹部。人工のに造られた殿に住んでいる。外見はモノクルを付けた老紳士で、礼儀正しい(ピットく『爺や口調』)。
エレカ
『電のエレカ』の異名を持つ、自然軍幹部。クールビューティと称されている。タナトスを圧倒するほどの実の持ちピットく「セクシーダイナマイト」で、実際そのような格好をしているが、結構お年を重ねているらしい。

その他

ブラックピットCV高山みなみ
文字通りのピットピットと敵対するが府軍には所属していない。
人の心の中を映して、その邪心から魔物を生み出す「真実魔鏡」によって誕生した。これによって誕生した者はすべて府軍の支配下に置かれるはずだが、彼の場合、何故か府軍への忠をまったく欠いた状態で誕生した。(パルテナは『コピー了する直前にピットによってが壊されたためではないか?』と予想している。)
ピットと違い、自分のを飛ぶことが出来る。セリフがやたらと中二病カッコいい(ピットく『キザ』)。
パルテナから「ブラピ」というあんまりなあだ名をつけられてしまった。ピットも「いいのかな?」と慌てていた。
マグナ
府軍に立ち向かえるほどの強さを誇る傭兵パルテナく、その強さは人間の中でも最強クラス
府軍の幹部である魔王ガイナスと因縁がある模様。ピットと出会った際は全く驚きもせず、「も死が近いのかねえ」といた。ショタコンではない。実は今作で名前のある普通人間の人物は彼のみである。
賊船という船で銀河を渡り、売買や船の燃料のために星座を狩る一族。たまたま器が隠された星座を狩ったことで器の争奪戦に役として加わることになる。の言を持ち、一切話が通じない。
オーラム
突如ピット達が住んでいるを襲撃してきた侵略者集団。『何故神話モチーフにしたゲームSF的な展開があるんだ』と突っ込んではいけない。
ラーズ
太陽。炎に包まれた々しい姿をしており、熱血で変にテンションが高い。オーラムについて妙に詳しい。
最初、オーラムと戦うピットの味方をしていたが、実はオーラムを利用することが的。オーラムを自分の物にした後、ピットを裏切って攻撃を仕掛けてきた。ある意味メデューサハデスより悪どい存在。最も最終的にオーラムに自身の精を逆に支配された。自業自得とはいえ、哀れな末路を辿ったキャラ

この他にも神様やら不死鳥やら器の製作者やら、大量に登場する。

システム

罪と罰シリーズのように射撃機を持った打撃武器を用いての3Dアクションシューティング
氏がこれまで作ってきたゲーム同様に初心者への間口が広いシステムになっているのが特徴で、前作の名残は基本的な部分しかない。

操作方法は3DSの機構を存分に生かした物で、タッチペンを使って狙いを操作する。他に使うのはスライドパッドとLボタンのみである。これほどの簡単操作であるにもかかわらず、非常に多アクションを楽しむことが出来る。
なお左利きにも対応しており、拡スライドパッドあるいはABXYボタンでの視点変更、Rボタンでの攻撃にも対応している。また、移動に使用しているのとは反対側のキーパッドを使うことで、キーのみでプレイすることも可である。

パルテナアクションは上で述べたように非常に多で、さらに通常のシューティングである中戦とアクションシューティングである地上戦の二つのパートに分かれているが、 基本的な操作は3つの単で表せる。

動く 狙う 撃つ

パルテナの操作はこの3つの操作で成り立っている。公式サイトでは「移動 狙い 攻撃」と表現されている。
これらの操作は、

スライドパッド移動
タッチペン狙う
Lボタン撃つ

という形でまとまっている。
FPSPCで遊ぶ際に、マウスでターゲッティングするのと同じ感じで視点を操作すると考えるとわかりやすい。

これらの操作を、「敵の攻撃直前にパッドを素く入」→回避、「敵の近くでLボタン」→近接攻撃といった感じで多アクションに対応させている。
また、スマブラと同様、「はじき入」=「スライドパッドを素くずらす操作」が重要となっている。 特に重要なのは、地上戦でのはじき入で、はじき入した方向にダッシュするようになっている。このダッシュと同時に攻撃することによって、ダッシュの方向によって、一つの武器でも違う種類の攻撃を繰り出せる。
これは、スマブラでの通常攻撃が、スティックの方向と組み合わせることで多バリエーションを出せたのと似ている。

余談だが、このキーで移動と射撃を操作し、タッチネル視点を操作するという操作体系は、本作が初ではなく、
ニンテンドーDSの頃から存在し、一般的には「メトロイドプライムハンターズ」が元祖だと言われている。

空中戦

中戦は通常のシューティングのような形で、パルテナ様に移動を操作してもらいながら、敵を倒しつつ現地に向かう。現地に向かった際には着地して下記の地上戦を始める。

  • 動く
  • 狙う
    • タッチペンで照準を操作する。的に照準を重ねてLボタンで攻撃するのがパルテナの基本である。また、この照準を見ることで今の自分が敵に行える攻撃を確認することができる。射撃の際に照準が全に重なっていなくても、ある程度は弾が誘導し、敵に攻撃を与えることが出来る。
  • 撃つ
    • Lボタンで射撃をする。射撃攻撃にはLボタンを押しっぱなしにして行う「連射」としばらく打たない事で使用可になる「溜め射撃」がある。さらに敵に近づくと武器(作中では器と呼称される)でりつける「打撃」に変化。Lボタンを連打することで連続打撃することが出来る。射撃が効かない敵も存在するので、打撃と射撃の使い分けは重要である。使用可な攻撃は上記のように照準を見ることで確認できる。また、全ての敵を一掃出来る「スペシャルアタック」が存在する。連続で二回まで使用可で、一度使うと一定時間使用できない。

なお、ピットは自を飛ぶことができない。そこで飛翔奇跡女神パルテナにかけてもらってを飛んでいる。
そのため、は5分立つと焼け落ちてしまう。

地上戦

現地に向かった際には着地して地上戦を始める。この際には通常のアクションゲームに似た形になり、自由フィールドを移動できる。カメラ操作も可。さらに基本アクション中戦ではなかった、 

走る

が加わる。にいるボスを倒せばクリア。敵から攻撃を受けると体が減り、0になると論「ヤラレチャッタ」となる。

悪魔の釜

新・パルテナにおける、難易度を制御するシステム桜井く「難易度設定に対する解の一つ」。

ステージ開始時に出現し、に敵を倒すことで手に入るハートを注ぐことで難易度(本作ではホンキ度と呼称)を上げたり下げたりすることが出来る。

ホンキ度を上げると敵を倒すことで手に入るハートが増え、報酬として手に入る器のレアリティが上昇する。
ただし、中で「ヤラレチャッタ」になる(体が0になる)とからハートがこぼれてホンキ度が下がり、同時にハートの量と器のレアリティが下がってしまう。

ホンキ度は2.0が基準で0.0から9.0までの間で設定でき、クリア経歴から自分に適したホンキ度も知ることが出来る。桜井く「2.0はサクサク進める難易度」で、9.0は「理想的に仕上げた器を持って、計画的に奇跡を使ってやっとクリアに手が届くレベル」とのこと。
0.0にすると、どこぞの配管工を取得したときよろしく無敵になることが出来る。というか、敵が攻撃しなくなる。

その他

操作設定
左効きの人のための操作方法があることは上で述べたとおりだが、他にも操作設定を細かく決めることが出来る。これでスライドパッドで移動、ABXYボタンカメラ操作、Rボタンで射撃という操作も可
スライドパッドにも対応しているが、左右別々に設定することができない。要するに左スライドパッドで移動、右スライドパッドで照準操作という操作設定ができない。
宝物庫
桜井ゲーでお染みになりつつあるクリアチェッカー。条件を満たすとパネルが開き、アイテムハートサウンドテストで聞ける楽曲をゲット出来る。

アイテム

本作では従来のアクションシューティングでは考えられないほど、様々なアイテムが登場する。

神器

ピットが用いる武器の総称。器によって射撃の飛距離、軌、誘導性が異なり、さらにピットの移動スピードにも影を与える。器は装備したキャラクターの個性そのものと言えるほど、強い影を持つ。

種類はアクションシューティングとしては非常に多く、カテゴリだけでも9種類もある。「射オレパンチ」「豪腕おわん」などのネタ器も立つ。

    • の形状をした器。素い動きと攻撃が可になるが射撃の飛距離は短い。
    • グローブ上の器。射撃の誘導性は高いが、威は低く飛距離も短い。
  • 衛星
    • 衛星の形をした器。装備する際には両肩の周りに浮かぶ。射撃の飛距離は長く、遠距離なるほどが高まるという特徴を持つ(この特徴は狙、巨も有している)。また、射撃しながら移動しても移動スピードが変わらないという特徴がある。
    • 射撃の飛距離が非常に長いが、誘導性がない。また近距離戦闘に弱い。
    • スマブラXピットが装備していた器。その名の通り、の形状をしている。射撃の連射が遅く、弾のサイズは小さいが飛距離、誘導性、弾速において優れる。
  • 爆筒
    • 棍棒のような形をした器で、非常に大きい。見た通り攻撃は高く、弾は巨大で地形を貫通する。さらに敵の射撃を跳ね返すことが出来る。ただし、弾は連射不可能で溜め撃ちしか出来ない。そのため、一度射撃する度に
      溜まるまで待つ必要がある。
  • 豪腕
    • 接近戦に特化した器。その分遠距離に弱い。

さらに全く同じ名前の器でも、性が異なる場合がある。攻撃が違うだけでなく、特殊なスキルもついている場合がある。また、器のレアリティも存在する。レアリティが高いとその分性も良い。上記の悪魔の釜で難易度を上げ、釜の中のハートを保ちながらプレイするとレアリティの高い器を入手しやすくなる。他にも器同士を融合してより良い器を生み出したり、下記のハートを使った購入をするなど、器を手に入れる方法は様々である。

このように今作品の器はRPG的な収集、やり込み要素が非常に強いものとなっており、後述のマルチプレイと合わせて多くの廃人やりこみプレイヤーを生み出すと予想される。

ちなみにスマブラXで装備していた「パルテナ」と「初代」に出てきた「三種の神器」も登場する。「三種の神器」は一部のステージでのみ使用が可

奇跡

このゲームタッチペンとスライドパッドとLボタンだけを使うと約束したな、あれは嘘だ。というわけでないが、十字キー奇跡を呼ばれる物を使用できる。タッチペンを使っての使用も可ピットサポートする使い切りの特殊器同様に多くの種類がある。シングルプレイの地上戦と対戦時に使用が可

使うためにはの中にパネルをつめる必要がある。「ロックマンエグゼシリーズのナビカスのような物と言えばわかりやすいかもしれない。あるいは「スマブラX亜空の使者シールカスタマイズマルチプレイ時には予め器とセットにして用意することも可シングルプレイの時は奇跡セットを4つまで保存できる。7種類のカテゴリがある

また、同じ種類の奇跡でも、レベルの違いがある。レベルが高いほど使用出来る回数が多いが、その分ピースが大きくなり、他の奇跡を身につけることが難しくなる。

その他

中に落ちているアイテム
ステージの間には地上戦中戦問わず様々なアイテムが出てくる。触れるだけで効果を発揮するアイテムと、触れると自動的に装備されて、Lボタンで使用するアイテムの二種類がある。装備されるアイテムが使用できるかは照準が黄色くなったかかどうかで判断可
マルチプレイ時に出てくるアイテム
下記のマルチプレイの時でも様々なアイテムが出てくる。通常のプレイでも出てくる物の他に、三つのパーツを集めることで必殺の一撃を放つことが出来る「ジェネシス」、キャラの性はそのままに小さくなることが出来る「縮みの豆」などがある。
ハート
言わばお金に当たる存在で、器の購入や悪魔の釜による難易度の上下などに使用する。敵を倒したり器をハートに変えることなどで入手することが出来る。社長が訊くによれば高性器は10万ぐらいするらしい。
器の種
器を生み出すことが出来る種。入手した器から生み出すことが出来る。この場合、器はなくならない。すりつぶしてハートに変えることも可すれちがい通信といつの間に通信でも手に入れることができる。いつの間に通信はオプションでONにしないといけないので、その点注意。
ドール
俗に言うフィギュアで、『おドールポン』をするか、ARカード読みこませることで手に入れることができる。
『おドールポン』はタマゴと呼ばれるものを用いたゲームで、タマゴゲームを進めるか、ゲームコイン
用いることで手に入れられる。
乗り物
本作の一部のステージでは乗り物に乗ることが出来る。

マルチプレイ

本作では非常にマルチプレイが充実している。いわゆる対戦で、専用のステージで争う。ローカル通信によるプレイWiFi通信によるオンラインに対応している。オンライン任天堂ということか無料ルールチームごとに戦う「天使の降臨」と個人で戦う「バトルロイヤル」の二種類がある。6人まで対戦可で人が足りない場合はCPUが加わる。

どちらにも共通しているのはレアリティの高い=強い器を装備した状態で負けると自身に大ダメージが来る」ということである。そのため、身の丈に合わない器を装備した状態で挑むとしっぺ返しを食らう可性がある。

対戦が終わった後、成績に応じてハートをもらえる。さらに場合によっては器と奇跡をもらうことが出来る。
器が手に入るかは運次第だが、戦いをサボったプレイヤーには手に入らない。

また、マルチプレイモードは一人でも遊ぶことが出来る。ぼっちでも安心
部屋の設定人数に参加者が足りない場合CPが参加することになっているが、これは参加者が一人のときでも適用され自分以外全員がCPでも遊ぶことが出来、スマブラのようにCPの強さ、チームハンデプレイヤーとCP個人のハンデチームMAX量、 時間制限等も変えることが出来る。

余談だが、社長が訊く岩田社長は「対戦モード映像を見て、「『スマブラ』を3Dにしたらこうなるのか」というふうにも感じました。」という感想を述べている。

演出

独特の演出を採用している。

音楽
今作は桜庭統氏を始めとする5人の作曲ゲーム音楽を担当している。ほとんどの楽曲がフルオーケストラで、特に中戦の音楽は、展開がきちんと決まっているため、細かい演出にもしっかりと合った物になっている。もちろんサウンドテストもある。
余談だが最近の任天堂は「スーパーマリオギャラクシー」や「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」など、オーケストラを積極的に採用している。
ムービーと音
今作ではムービーを少なめにしており、代わりにプレイ中に音による会話が入る。字幕ADVのような形で絵と一緒に下画面に表示される。
この音字幕によってムービーきつつ、物語性やゲームテンポを高める手法は「スターフォックスシリーズ」で定番の手法である。

商品展開

本作ではいくつかの商品展開がされる予定。

ねぷた
2011年のねぷた祭りピットパルテナのねぷたが登場した。
ARドール
カードゲームの一種で、3DSカメラに写すと拡張現実によってキャラクターが出てくる。二つのカード3DSに写すことでカード同士の対戦が可
ARカードに雑誌の付録チョコスナックおまけで手に入れる事ができる。
アニメーション
3DSフリーソフトニンテンドービデオによってパルテナの鏡短編アニメが配信される予定。
配信される数は3本でどれも製作会社が異なる。テレビアニメ劇場版アニメを行うかは不明。
PRODUCTION I.Gの作品は木を乗っ取ったタナトスピット君との戦いを描く。
STUDIO4℃の作品は過去の話をメデューサを中心に描く。
シャフトの作品はパルテナ様がナニカをやらかしてしまったらしいというコメディパルテナ様がシャフト角度を…

開発秘話など

昨今のゲームではよくあることだが、発表から発売日の決定まで長い期間があったソフトである。
まず、E3 2010の発表で「3DSローンチではないか?」と予想されていたが、そんなことはなかった。
次にニンテンドー3DS体験会でねぷたの出展の発表がされたため、「ごろに発売されるのではないか?」と予想されていたが、そんなこともなかった。
9月13日任天堂カンファレンスにて岩田聡社長が「2011年内には発売出来ない。」と謝罪、12月27日ニンテンドーダイレクトにてようやく発売日が決定した。

ちなみに桜井政博氏は「初代パルテナ」の発売日である2011年12月19日までの発売日を標としているとTwitterっていたが達成出来なかった。他にも「開発の忙しさでねぷたを見に行けない」「開発の追い込みが長い間続いている。」とTwitterファミ通コラムで開発の遅れ、苦労についてっていた。(デバッグしている時には自分の仕事がないけど、他の社員は働いて頑っているので会社に自ら進んで出勤しているとも。)

余談だが、パルテナの次に桜井政博氏がかかわるソフトWiiU3DSマルチとして出す予定の大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの最新作であると決定している。今回のような発表から発売までの遅れが起きないことを祈る。

関連動画

PV


プレゼンテーション


あそびかたムービー

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP