今注目のニュース
動画:クジラの死骸に群がる深海の腐肉食生物たち
介護疲れか怠慢か 苦しむ妻の絶叫も無視し放置した男に実刑判決
町内会費を独占していた高齢者たちが、現役世代の「正論」に屈服した話(埼玉県・40代男性)

栄斗単語

エイト

  • 3
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 131765 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

栄斗とは、SEGAアーケードゲーム三国志大戦シリーズの有名プレイヤーである。  

概要

現在稼働しているバージョンは「三国志大戦3」であるが、
栄斗は「三国志大戦」の稼働最終日で全ランキング1位であった。
そのため初代ラスボスと呼ばれている。
また、称号として大都督をもっていることから、地獄大都督と呼ばれることもある。
現在ランクそれなりの位置に落ち着いたが、当時の活躍から現在でも人気のある
プレイヤーの一人。

栄斗に纏わるエピソード

 ・稼働初期の頃、最強デッキであった覇王デッキを構築。100連勝越えの偉業を成し遂げる。

 ・その覇王デッキが修正され、1の最終Verではもはや強デッキとは呼べない強さになった後でも
  圧倒的大差で全ランキング1位を堅守し続けた。
  ちなみにどれほど勝ちを稼いだかを示すという基準では、05/10/14の頂上対決で全2位fan114
  951に対し、栄斗は倍近い1856であった。

 ・SR曹操用し、Verが変わってどれだけ曹操が弱くなっても曹操を使い続けている。
  ちなみに三国志大戦2のときはSR曹操は2種類存在していて、Verや環境に合わせて
  使い分けていた。

 ・昔から挑発系の計略には弱い。1のときの数少ない負け試合の頂上対決にC張松に挑発で引っられ続け
  負けた試合がある。三国志大戦3の大会ありあけの宴では一回戦でR姜維の挑発に序盤から崩され負けている。

 ・ノーガード戦法に定評があり、当時猛威を奮った暴虐反計というデッキを打ち破った頂上は当時多くのプレイヤー
  に衝撃を与え、現在でもになっている。
  大戦3では08/04/21の頂上で当時大流行していた忠義デッキに対して似た戦法を取り勝利した試合が
  載せられ絶賛された。    

 ・伏兵重ね、二重門というテクニックを頻繁に用いることで有名。

関連動画 

 

関連項目

三国志大戦

頂上対決

 

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP