今注目のニュース
声優・浪川大輔&佐藤拓也、右足負傷でもライブ続けた谷山紀章を称賛「鉄人!なんだよ、その男前!」
【神対応】イオンの「動くスーパー」が台風15号の被災地で大活躍!はるばる山口県から千葉県に駆け付け、高齢者も笑顔に!
「電子タバコ販売禁止」のニュースと、飲食店の「電子タバコは可」の貼り紙に抱く違和感

為替単語

カワセ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2115248 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる
曖昧さ回避 為替とは・・・

為替(かわせ)とは、現物の銭をともなわない決済の総称である。

手形・小切手・振込など、通貨を直接渡すことのない融決済はすべて為替と呼ばれるが、そのうち内で行う決済は「内為替」と呼び、外と行う決済は「外為替」と呼ぶ。

日本国内での為替は、「振り込み」や「小切手」など個別の手法で呼ばれており為替と呼ばれることはあまりない。一般には、ニュースでやるような円とドルの交換レートなどが出てくるだろう。そのため、ここでは外為替について記述する。

概要

為替(Foreign Exchange)は、世界々が持つ通貨の交換レートによって築かれている融決済のことである。

人間は、通貨という概念ができて以降、振込や手形などによって実際の通貨を持っていかなくとも遠隔地に通貨を届ける技術(為替)を生み出した。しかし、通貨はあくまでそのだけで通じる価値の概念であるため、異なる人間に自分の通貨を直接渡しても価値は伝わらない。そのため、それぞれの国家間で通貨の交換率を設けることにより、互いに自通貨分の価値を受け渡ししあうことができるようになった。これが外為替である。

本来は外との銭の貸し借りや債権、および価値の移動といった決済のことをいうのであって、通貨の両替そのものは外為替ではない。しかし、国家間で貸し借りと支払いを行うためにはどうしても通貨の交換が必要であり、いつしか通貨の交換レートそれ自体も為替として扱うようになった。

為替レートをまとめて表示したものは「外為替市場」もしくは「外為替相場」と呼ばれ、なかでも日本国通貨である「円」を基準とした為替市場は「円相場」と呼ばれる。

円相場でのケース

「1ドル = 100円」の場合

  • 100ドルの商品を売る: 10000 円分の収入
  • 100ドルの商品を買う: 10000 円分の支出

戦後日本での為替レートは1949年1973年までは「1ドル = 360円」という円安状態で固定レートとなっていた。しかし東京オリンピックを経て日本経済が向上している頃の1973年より変動性に変わり、それ以降はだんだんと円の価値が上がっていき、現在はおおむね「1ドル = 100円」あたりが一種の針というか標準となっているようだ。

為替レートは各通貨の相対的な"価値"を計っているものであり、「相手の通貨(ドル)を売るときにもらえる円が高いか安いか」ではなく、「相手の通貨(ドル)を買うときにかかる円が高いか安いか」である。誤解のい表現としては、「円の額が高い安い」より「円の価値が高い安い」という表現のほうが良いだろう。

「1ドル = 70円」と「1ドル = 100円」とでは、値段が高く返ってくるから100円の方が円高なんじゃないの?と思う人はいるだろうが逆である。1ドル買うのに70円で済むほど円が高く扱われているのが「円高」、逆に1ドルを買うのに100円もかけなければいけないほど円が安く扱われているのが「円安」である。

円高の場合

「1ドル = 70円」の場合

  • 100ドルの商品を売る: 7000 円の収入 (-3000円)
  • 100ドルの商品を買う: 7000 円の支出 (-3000円)

円高は「円」の価値が他の通貨べて上がっている時に発生する。

この状態で「1ドル」を変換すると「70円」になって返ってくる。これによって恩恵をうけるのが輸入関連である。日本円からのレートが高ければ、同じ100ドルでも外のものを購入する際には「-30%」の価格で買っているのと同じ効果があるからである。作物・食料品ふくめ海外からの輸入品が大幅に安く仕入れられる。外製のPCゲームを買うときにはとても重宝するだろう。

ただしこれによって打撃を受けるのが輸出関連である。円高によって輸入品が安くなるということは、逆に言えば海外で展開している商品を外国人に買ってもらっても、収入を日本円に換算すれば嬉しくない意味で「-30%」となるからである(海外自動車を多く展開しているトヨタなどがこれに当たる)。

また、海外企業の商品が円高によって値下げした場合、消費者はコストパフォーマンスを重視して安い物を買おうとするため、内の商品が値段で追いつけず赤字となり、個人商店や下請け企業など体のない中小企業は軒並み潰れていってしまうという弱点がある。

円安の場合

1ドル = 130円の場合

  • 100ドルの商品を売る: 13000 円分の収入 (+3000円)
  • 100ドルの商品を買う: 13000 円分の支出 (+3000円)

円安は「円」の価値が他の通貨べて落ちている時に発生する。

この状態で「1ドル」を変換すると「130円」になって返ってくる。これによって恩恵をうけるのが輸出関連である。円安になっていれば同じ100ドルでも、外で買われた商品価格を日本円に換算すれば「+30%」となって返ってくるからである。また、競争相手が値段を下げてきても、日本円換算が上がっている分で価格を吸収できるため対抗して値下げすることが可となり、相手のでも高い価格競争を維持できる。

ただし打撃を受けるのが輸入関連・海外関連である。海外から輸入する製品はもちろん海外旅行の費用や海外ブランドの商品も、今度はこちらが嬉しくない意味で「+30%」になってしまう。

また、日本はそもそも加工貿易(原料を買い製品にして売る)をメインとするであり、製品の生産にも海外からの石油や飼料などを購入しているため、円安になればそれらの購入価格も上がってしまう。個人商店や下請け企業など体のない中小企業は軒並み潰れていってしまうという弱点がある。

為替レートを利用した運用

ちなみに、この通貨の交換レートは、国家間での決済を円滑にするために生まれてきたものであるが、そのレートの変動によって発生する差額を利用した資運用もある。それが「外貨預」と「FX取引」である。

どんな運用手段にも必ず、メリットと同じくらい(あるいはそれ以上の)リスクが存在する。口座に預けておけば放っといても勝手に増えるなどという銀行のような甘い方法は存在しないため、やるときは自己責任で。

【外貨預
日本円の資産を海外銀行海外通貨で口座に預けておく資産。日本円より利の高い通貨に両替して預けておけば外利が適用されるため、預けた時より円安ならば資産が増えた状態で引き出せる。
ただし円高時に引き出せば預けたときより損した状態になり、最悪の場合は元本割れという悲惨なことにも。円から外通貨に替える時と戻す時で手数料を取られてしまうので、頻繁に出し入れするのもが減る一因となる。
なお、外貨預銀行が破綻した時のペイオフ(預保険)の対外であるため、口座がつぶれた場合まるまる返ってこなくなる。
外国為替証拠金取引(通称:FX取引)】
通貨を業者を通して大量に購入し、円との交換レートの差額から収入を得る方法。不動産や式などに投資する通常の投資とは異なりFX取引に投資するたぐいは「FX投資」と呼ばれる。最近はFXといえばこちらのこともすようだ。
詳細は当該記事を参照 → 外国為替証拠金取引

関連動画

FX取引

関連商品

関連コミュニティ

                   

関連項目

関連リンク

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP