単語

ムシ

  • 3
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1200140 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

(蟲)とは、昆虫のことである。また以下のことを表す。

漢字として

虫の旧字は蟲である。しかし、もともと虫(キ)という漢字が別にあり、蟲はそれを三つ並べた字である。その後、蟲を略して虫と書くようになった。ここではそれぞれについて解説する。

虫・蟲(チュウ)

Unicode
U+866B
JIS X 0213
1-35-78
部首
虫部
画数
6画
Unicode
U+87F2
JIS X 0213
1-74-21
部首
虫部
画数
18画
意味
昆虫動物生物、という意味がある。蟲は〔説文解字〕に「有足を之れ蟲と謂ひ、足を之れと謂ふ。三虫にふ」とあり、三つの虫による会意で 足のある生き物全般のことをすとある。しかしは字形からもなんとなく分かるように足のある生き物に使い、 どちらかといえば蟲の方が足のない生き物す。
字形
虫+虫+虫の会意。虫の総称。
音訓
音読みはチュウ、チュ、訓読みは、むし。
規格・区分
虫は、常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。
蟲は、第二準。
部首
蟲は、説文部首である。𧔨、𧖕、𧖔、𧕿、蠱を収める。
蟲を符とする漢字に、爞などがある。
虫癭・虫・虫気・虫・虫垂・虫霜・虫・虫・虫虫・虫篆・虫臂肝・虫籠

虫(キ)

Unicode
U+2F8D
意味・字形
形。〔説文解字〕には「一名を蝮、博さ三寸、首の大きさ擘(=親)の如し。其のす形にる」とあり、蝮のこととする。また「物の微細なる、ひは行、ひは毛、ひは蠃、ひは介、ひは鱗、虫を以ってと爲す」とあり、動物の総称であることを述べている(どちらかというと蟲の字にふさわしい解説である)。〔玉篇〕には虺の古文とある。
音訓
音読みはキ、訓読みは、まむし。
部首
虫は部首、虫部を作る。昆虫などに関する字が属する。
互換文字
⾍はUnicodeにおいて虫と互換とされる字で、部首としての虫を表す。

関連項目

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/07(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/07(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP