課金単語

カキン

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2158803 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる
課金

この記事は有限会社未来検索ブラジル課金したしたユーザーによって書かれました。
編集したけりゼニ払えって事ですね。

課金(かきん)とは、”を課する”ことである。実社会インターネットコミュニティ上では用法や意味合いが大きく異なっている。

概要

本来この言葉は「料を課する」、つまり提供者が利用者から料を徴収することすのだが、現在インターネットコミュニティ上では、「利用者側が料を支払う」といった意味合いで体が全に逆転した解釈での用法が多く見られる。

例えるなら税金を納めることを"納税"と言わず"課税"と言うぐらい異なった用法である。極端に言ってしまえば、「ユーザーが課金する」というのは、ニコニコ動画運営側が会員にいろんなサービス提供しているのを受けて、会員側が「私がニコニコ動画サービス提供している」と言ってるのと同じことになるのであり…つまりは日本語の誤用である。

誤用されることが多くなった背景には、提供者側が体となった表現がそのまま受け手側に伝わったということが考えられると思われる。また、「課金されたものに納する」→「課金する」のように略された形になり、現在の用法になったとも言われている。

本来誤った用法であるが、一部コミュニティ間では利用者・消費者側の言葉としてほぼ定着しており、ニコニコ大百科でも注意書きをした上でコミュニティ上での用法を優先して書かれている記事もある。(ソーシャルゲームの記事など)注意書きなしにほんとに誤って書かれてる記事は結構ありそう・・・。

インターネット上における「課金」

https://dic.nicovideo.jp/oekaki/737553.pngインターネット上の特にオンラインゲームソーシャルゲームコミュニティ間では、単に「課金」と言えばゲームの利用料ゲーム内での現によるアイテム購入などの"課金サービスの内容とその支払い"をして呼ばれていることが多いと思われる。課金サービスを利用しているユーザーは「課金ユーザー」、逆に利用していないユーザーは区別して「課金ユーザー」などと呼ばれている。

また、オンライン上での課金サービスへの料の支払いから転じて、DLCをはじめとするメディアコンテンツダウンロード販売やオンラインショッピングなどの"メディアの購入やオンライン上の商品全般"が「課金」と呼ばれているケースも見かけられる。

※各種課金サービスコミュニティのより詳しい内容は「ソーシャルゲーム」「オンラインゲーム」「コンプリートガチャ」「F2P」などの個別記事も参照。

ニコニコ動画の課金

ニコニコ動画アカウントのうち課金サービスを利用したアカウントプレミアムアカウントとなる。その利用者はプレミアム会員と呼ばれ、動画を快適に見たり、ユーザー生放送を行ったり、ニコニコ大百科の編集をしたりすることができる。またニコニコポイントという仮想通貨があり、有料動画の視聴等様々な場面で利用されている。

つまり世の中ゼニということですね。

関連項目

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/19(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/19(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP