単語

チョウ

  • 7
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1368831 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

超(ちょう、チョー)とは、日本語における接頭辞接尾辞の一種である。

概要

超の用法を大きく分けると以下のようになる。

  1. ある数量や基準を超えている、または逸脱していることを表す。 例:100万円超、超音速、超心理学
  2. 程度が甚だしいことを表す。 例:超高層ビル、超巨、超キモい

特に2の用法に関しては、現代においては若者言葉としてよく使われている。流行りりのしい若者言葉の中にあって、「超」は汎用性の高さもあってか較的長く使われ続けている表現である。
また作品のタイトルなどで、(「程度が甚だしい」よりも更に漠然とした解釈で)「なんだか凄そう」な感じを表現するために用いられることもある(例:超魔界村)。これに似た用法は日本語における「スーパー」「ウルトラ」等のにも見られる。

本来いずれの用法においても名詞と複合するのが原則であったが、若者言葉として広まると「超やべー」のように名詞以外のものと複合するパターンもごく普通に見られるようになった。 

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/14(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/14(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP