部首単語

ブシュ

  • 0
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2816481 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

部首(ぶしゅ)とは、漢字を構成する部分である。専門的な言葉でいえば意符(意味を示す部分)が多い。和辞典ではこの部首ごとに漢字を分類している。

概要

部首とは日本では『康煕字典』に基づいた分類がよく知られ、全部で212にわけられ、一般に販されている和辞典や漢字辞典の類はこの分類に基づいて列挙されている。

狭義では、部首のうち、偏、偏冠脚(へんぼうかんきゃく)と呼ばれる7種類の部首がよく知られ、初等の国語科学習でも履修要領となっている。

  • 偏(へん)…漢字の構成部分の左側
    、村、体、、話、絵、、階、快、場、腕、、私、味、徳、研、狙、、配、福、販、路、、軽、焼、糊、飼、袖、、眼、強、船、凍、、残、、帳、、短、、聴、齢、髄、、靴、、靖、貌、躾、的、黙、触、耕、孫…)
  • (つくり)…漢字の構成部分の右側
    (別、顔、攻、部、功、、殴、雑、形、観、斜、叙、戦、印、新、期、…)
  • 冠(かんむり)…漢字の構成部分の上側
    、算、、今、、罪、写…)
  • 脚(あし)…漢字の構成部分の下側
    (悲、買、照、、弄、製…)
  • 垂(たれ)…漢字の構成部分の上側+左側
    (広、層、病、戻、原)
  • 饒(にょう)…漢字の構成部分の左側+下側
    (通、起、建、魅、麺…)
  • 構(かまえ)…垂と饒を除き、2箇所以上の構成部分で形成されるもの
    、開、、区、包、円、、式、気…)

しかし、これらに当てはまらないものも多数存在する。したがって、偏冠脚の分類は慣例、慣習的なものが多いほか、編纂や監修にあたった人物の意図を反映することが多く、読み表記揺れが多かったりする。

関連項目

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/20(火) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/20(火) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP