今注目のニュース
今からでも遅くはない! クライマックスだからこそ見てほしいTVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』が激アツすぎる
夜回り先生「もう、疲れました」サイト閉鎖へ 「何人が私の本を読んでくれているのか」――ネットで心配の声も
「いらすとや」検定…? ありそうでない、なさそうである選択肢から“本当にある”イラストを当てる謎ゲームが誕生

Windows 7単語

ウィンドウズセブン

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 1952778 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

Windows 7(以下7)とは、マイクロソフト日本では2009年10月22日に発売した、Vistaの次のOSである。後継OSWindows 8
的にはVista良版であるため、互換性を示す為にバージョンは6.1となっている。
開発コードネームは初期には「Blackcomb」、その後「Vienna」と変更され、最終的に「7」に固まってこれがそのまま製品名となった。

概要

「7」の由来は、Windows「1.0/2.0/3.x/4.x(959898SE・Me)/5.x(2000XP)/6.0(Vista)」と数えて第7世代の製品という理由。ただし、上記の通りバージョンは6.1である。

MinWinカーネル

MicrosoftWindows開発チームは、「7はVistaを基に良したものであり、新規開発はしていない」としている。
実際、機的には2000NT5.0)を基にしたXPNT5.1)と同様にVista良・拡したものだが、内部的には「MinWin化」が行われており、拡を重ねて複雑化しすぎていた基本構造が大幅に整理されて生品や後継品の開発が容易になっている。

MinWin」は「NTカーネルと最小限の周辺コンポーネント」というような意味で、整理されて新しくなったWindowsの中枢部をす言葉なのだが、発表された当時は「RAM消費量25MB!」というデモの内容(実際に起動していたのはMS-DOSに相当するようなMinWin本体の基幹機のみ。当然ながら単体販売の予定はない)から「Windows NT系とは全く異なる、劇的に軽量化された全新設計のWindows」という誤解が広まった。

エディション一覧

日本で発売されるもの

エディション名 Vistaとの準拠 概要
Starter なし 低価格PC向け。 OEM販売のみ 機制限あり
Home Premium Home Premium 一般向け。
Professional Business ビジネス上級者向け
Enterprise Enterprise 一般ユーザーには提供されない。大企業向け
Ultimate Ultimate 最上級者向け

7は、Vistaと違い、上位のエディションは、下位のエディションの全機を兼ねえている。
(例えば:Vistaだと、Businessには、エンターテイメント関係の機はない。)

尚、新市場(発展途上国)向けにHome Basicが存在する。

主な機能

関連商品

関連動画

関連項目

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP