今注目のニュース
鹿児島県の一漁協が、日本一の養殖ブリ、「鰤王」で世界に挑む
井上芳雄「ヒロアカ」悪人役は息子の声が後押し
親の「ちゃんとやらなきゃダメ」という否定が子どもに及ぼす3つの弊害

季刊バトルドームランキング #6 【2010年1月~3月】を歌ってみた動画

  • 9
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

概要

バトルドームといえば、ニコニコオールスターズ入りしながらも未だ誰得ジャンルの1つとされ、

長きの間「需要<供給」状態が続いている、ニコニコでも稀に見るジャンルである。

 

そんな中、季刊バトルドームランキング #6 【2010年1月~3月】exit_nicovideoにて歌ってみた動画ランクイン

その記念すべき出来事を祝福したかったのか、突如1人の歌い手が立ち上がる。

 

彼が歌ってみたのは・・・そう、バトルドームランキングだった・・・。

考察

まず、ランキングを丸々「歌ってみた」ということ自体、数多くの動画投稿されているニコニコでも稀に見るである。これは単に誰得という一言で済ませられるようなことではなく、ランキング動画歌ってみたシリーズの開祖として、これから未来永劫り継がれていくことになるであろうことは想像に難くない。

そしてもう1つ、彼はこの動画の中で実に多くの「歌ってみた」に挑戦している。これについてはニコニコメドレーシリーズのようなものでも様々な楽曲が同時に歌われているので決してしくはないかもしれない。

しかし、ランキングに登場する動画は必ずしも歌であるとは限らないため、単純な歌唱だけでなく、様々な状況、場面等を想定した演技や構成なども問われる事になる。そのため、当シリーズを歌い上げることは、歌い手たちのスキルアップに繋がり、同時にランキング動画製作者にとっても大きな刺になるであろうということを忘れてはならない。

また、ランキング動画特性上、どのようなタイミングで、どのような動画が、どこから再生され始めるのかを把握するのは想像以上に難しい。それはつまり、歌うタイミングをどうとるか、これまでとは違った形で歌い手の腕が試されるのだ。

言葉を代えれば、ランキング動画を歌うには時間感覚とリズム感覚が必要不可欠なため、それによってタイムマネジメントと生活リズム善にも繋がり私生活にも好影をあたえるという、ニコニコ動画全体に衝撃を与えて然るべき効も見え隠れしているのだ。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/07(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/07(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP