ゲストさんのページ

ゲストユーザー

ライトニング心理学

リーダーとしての格を備えたもっともらしい論説に「心にもない」「昔はそう思っていたが今はそう考えていない」が混ざり、さらに「プライドの高さゆえに明かせない本音」を秘匿するため、非常に難解な心理を持つ人物である。
しかも第9698話で本音を暴いたのが、明確に敵意があるうえ独特の言い回しを持つリボルバーであったために、読み解きの難易度はさらに上がる。このキャラクターに対する視聴者の解釈は多岐に渡るだろう。表面だけ見れば普通にすごく悪いヤツなのだが。
考察用に、作中の人物との関係性について表記しておく。

リボルバー/鴻上了見
鴻上博士の遺志を継ぐ」という項におけるライバル
リボルバーは1期から極端な人間至上義であり、AI至上義を掲げるライトニング営とは正反対の立場にある。
リボルバーとのデュエル議論人間AIどちらが優秀か」の一点に絞られており、人間越したイグニスのこの私が貴様などに負けることがあってはならない!」とまで発言している。

また鴻上親子には、サイバース世界襲撃、ハノイの塔、密会、ハノイの塔(再)、ライトニングの罪、と計5回も邪魔されている事になる。まあそれは嫌いでも仕方ないな。

Playmaker/藤木遊作
Ai
ウィンディ、不霊夢アクアアース
草薙
・ボーマン

使用カード(118話配信まで保留)

サイバース族/属性イグニスター】
Aiが持つ、失われた故郷や仲間たちへの想いが表されたデッキ
ジェットコースター観覧車がある遊園地のようなフィールド魔法イグニスターAiランドを起点として展開する。このカードは破壊された時、自分フィールドモンスターを全て破壊する。

リンク召喚時の口上は「現れろ闇を導くサーキット」。
ライトニング「光を導く」と対になっていると思われる。

サポートとしてAiの名前がつく魔法カードを多用する。カードイラストは小さい人だった頃のAiが増えたり歌ったりになったりとやりたい放題である。自分が好きすぎる。

アニメオリカかと思ったっ先にAi打ち》OCG化された為、おそらく今後のOCGにはAiがいっぱい増えることになる。

切り札はLINK-6《ジ・アライバル・サイバースイグニスター》
Aiイグニスたちの想いを集約させ降臨させた究極のサイバースリンクマーカーは上1横2下3。
ボーマンプログラムを発展させて創り上げた究極のエースモンスター公式サイトに記載されている。「ライトニングの遺志を継ぐ」とはこのことかもしれない。

リーダーへの敬意かそうでないのかはわからないが、レベル4属性《ピカリイグニスター》が酷使される傾向がある。(《イグニスターAiランド》サーチに加え、ライトドラゴンは4x2エクシーズウィンペガサスは3+4シンクロのため)

サイバース世界とは、アニメ遊☆戯☆王VRAINS』に登場する架世界である。

概要

『思い出すなぁ。あの頃は、サイバース世界永遠に広がり続けるって信じてたのになぁ』(TURN68/Ai

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/u/91135126

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲスト

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ゲストについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード