ミスタードリラー単語

ミスタードリラー

  • 6
  • 0
掲示板をみる(67)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ミスタードリラー(Mr. DRILLER)は、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)が発売したアクションパズルゲームである。

略称公式だと「ミスド」だが、某ドーナツチェーンと紛らわしいため「ミスドリ」あるいは「ドリラー」も多い。

概要

主人公ホリススムが、地上に突如出現したブロックを解くため、地底1000mをしてひたすらドリルブロックを掘り進むゲーム1999年にロケテ版が登場、間もなくアーケード版が登場して、単純明快なルールパステル調の配色、可らしいキャラクターなどで好評を博し、アクションパズルゲームとしても、そしてナムコとしてもアーケード業界において久々の大ヒット作となる。その後も続編と庭用移植版が製作されシリーズ化した。

大きな特徴は、アクションゲームとしてはしい、「同色ブロックが4つ以上くっつくと消える」という落ちものパズルルールである。連鎖反応で次々と崩れ落ちるブロックを臨機応変に素くかわしながら、最も安全なルート時に判断していく戦略的プレイが楽しめる。しかも、画面外で消えても連鎖処理が続くため、忘れた頃にブロックが降ってくることもある。

時に快に消えつつ時に予想外タイミングプレイヤーを押しつぶすブロック、最短時間で必要なブロックを掘ってようやく取れるエアカプセル(取らないと徐々に空気が減り窒息でミスになる)など、クリアには様々なが立ちふさがる。とはいえ、単純明快なルールゆえに間口は広く、プレイを繰り返せば、大胆かつ計算された動きが自然に身につくようなバランスになっている。

なお、初期作「Mr.リラー」は主人公少年ホリ・ススム」だけ、「Mr.リラー2」になってドイツ人の紅一点アンナ・ホッテンマイヤー」が追加され、「Mr.リラーG」(Gはグレートの略)になってからの「ホリタイゾウ」(「ディグダグ」の主人公だったというのは後付け)、の「ホリアタル」、ロボットの「ホリンガーZ」と、あと初期からいた「プチ」が選択可キャラとなった(あと、スピンオフ作品がロケテされたこともあるが、インカムがさっぱりだったためすぐに消えた)。

なお、当作品は構想はだいぶ以前からあったらしいが、処理落ちが致命的になるためずっとハード能面で実現化できなかったことで、広報担当く「ルールファミコン時代のシンプルさだが、やっていることはハイテク」というゲームであり、その単純明快さがヒットの秘だったのじゃないかといわれている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 65ななしのよっしん

    2020/10/15(木) 12:42:38 ID: jj/JwbIHwe

    ホリタイゾウって名前は正直どうかと思う

  • 66ななしのよっしん

    2020/10/22(木) 16:19:59 ID: q+i1CuvCes

    ホリ・ススム 掘り進む
    アンナ・ホッテンマイヤー 掘ってまえや
    ホリアタル 掘り当たる

    タイゾウだけの問題なのだろうかw

  • 67ななしのよっしん

    2021/01/18(月) 08:54:53 ID: 95Of8yns3t

    テトリス99みたいに多人数でネット対戦したいなぁ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/18(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/18(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP