ル・マン24時間レース単語

ルマンニジュウヨジカンレース

  • 0
  • 0
掲示板をみる(69)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ル・マン24時間レースとは、世界三大レースの一つである。二輪、四輪の両方があるが、ここでは四輪について取り上げる。

概要

1923年5月26日に初開催され現在まで続いている、耐久レースの最高峰である。毎年6月中旬に開催され、毎年25万人をえる観客が押し寄せるビッグイベントである。参戦する者は全なプロフェッショナルとは限らず、趣味の延長や情熱、ロマン様式美で参加するチームドライバーも少なくい。このため、「偉大なるレース」と称されることもある。

2020年の開催については、新型コロナウィルス世界的流行の影で延期になり、9月19日9月20日の開催となった。2021年についても引き続きコロナウィルスの影が及んでおり、2021年5月1日現在では8月21日8月22日の開催予定となっている。

土曜日過ぎから夕方までの時間帯にスタートし、翌日の同時刻になるまでの24時間をひたすら走破する。そして、24時間が過ぎた時点で最も周回を重ねた、すなわちトップを走っていた優勝となる。当然、そのままではゴールまで辿りつけないので途中でピットインし、タイヤ交換と燃料補給を行う。何時間かごとにドライバーも交代して疲労を回復しながらレースを続けることになる。こうして優勝するが走り切る距離は、条件にもよるが優に5000kmをえる場合が多い。
ただ24時間チンタラと走りきればいい訳ではなく、ライバルと競り合いながら全のレーシングスピードで走り続けるわけで、当然ながらエンジンやサスペンション、シャシーといった部品には過大なストレスがかかり続けることになる。こうして、何らかのトラブルが起きる可性が非常に高くなるため、出場するはただ速いだけではなく、24時トラブルしで走り切るだけの耐久性が要され、万が一トラブルが起こっても早急修理して戦線復帰することも考慮した設計である必要がある。「耐久レースと呼ばれるゆえんはここにあるのだ。
しかし、どれだけ万全を期しても思わぬところからトラブルが起こることはある。さらに、レースである以上、ドライバーミスや他とのアクシデントによる破損も起こりうる。これらを全て乗り越えたものだけがゴールを迎えることができ、その中でトップだったものが勝者となるのだ。極端な話、23時59分までトップを走っていても、そこで止まれば「負け」なのである。2016年トヨタがまさにこれに近い状況で敗北したのは記憶に新しいところだ。それ故に自動車メーカーをはじめ、あらゆる自動車を作る者にとって、ここで勝つことは何者にも代えがたい栄誉なのである。

エントリーには60台の上限が定められており、エントリーするには地域のスポーツカー耐久で結果を残していたり、前年のル・マンで好成績を収めていたり、WEC世界耐久選手権)にフル参戦している必要がある。

場所はフランスサルト・サーキット。一部を使用しており、その全長は13kmと、ニュルブルクリンク北側コースノルドシュライフェ)の20kmに次ぐ大きさ。最大の特徴は、かつて6kmにも及ぶストレートだったユノディエール。かつてはここで最高速度をいかに高めるかが重要だったが、今ではシケインが2つ設けられているので直線が速いだけでは勝てない。

現在ル・マン24時間レースはWECの1レースに組み込まれているが、ル・マン24時間レースの方がWECより格上の扱いになっている。同シリーズ内でも観客数や注度は断トツ、開催方法や扱いも独特で、この辺は同じ世界三大レースF1モナコGPよりは、インディアナポリス500マイルインディ500)に近いところがある。またル・マンのみポイント2倍となっているために、WECチャンピオンシップでも大きな意味を持つレースになっている。

ル・マンでは大別してLMP(ル・マンプロトタイプカー)とLM-GTE(ル・マンGTエンデュランス)の二つの2シータマシンが使用されており、これらの規格は欧州のELMS(ヨーロピアンル・マンシリーズ)やアジアAsLMS(アジアン・ル・マンシリーズ)、アメリカUSCC(ユナテッドスポーツカーチャンピオンシップ)など多くの耐久カテゴリで用いられている。このようにル・マン耐久レースの代名詞的な扱いを受けている。

しかし、最高峰クラスであるLMP1はワークス参加が少なくなり、2018年以降ハイブリッドカーのLMP1hに参加するのがトヨタのみの状態が続いていた。そこで、2021年からは最高峰クラスを新たに設けた「ハイパーカークラスとし、LMP2クラスを性調整の上で継続することとなった。2021年は移行期としてLMP1マシンも性調整の上で参戦可であり、これでフランスアルピーヌが参戦する。また、アメリカデイトナ24時間を中心としたIMSA勢のためにボッシュ製の汎用ハイブリッドユニットを使用するクラス、LMDhクラスを新設。ハイパーカークラスと争わせる構想が立ち上がっている。

日本との関係

古くから日本チームが参戦しており、トヨタ日産マツダの挑戦が有名である。プライベーターではシグマオートモーティブ(現SARD)、童夢マツダオート東京マツダスピード)、トムスチーム郷、コンドーレーシングが参戦したことがある。

日本人ドライバー日本チームだけでく外チームから参戦することは多く、中には内でしか見れない日本人ル・マンだけ海外に出てくるケースも多い。女性ドライバーでは吉川とみ子、井原慶子が参戦し、井原アジア女性として初めてル・マン完走した。

日本メーカーではマツダ1991年に、(ドライバージョニー・ハーバートを初め3人共外国人2018年2019年2020年トヨタが総合優勝した(ドライバーセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴フェルナンド・アロンソ、このメンバーで2連覇している。2020年アロンソに代わってブレンドン・ハートレーメンバーとなっている)。プライベーターでは2004年アウディを駆ったチーム郷、ドライバーでは1995年関谷正徳、2004年に荒治が総合優勝したことがある(関谷イギリスチームイギリスで、荒は先述のチーム郷で、日本チームであるがドイツでの優勝であった)。また1983年1990年マツダ1993年1994年1999年トヨタ1995年ホンダ日本チームとしてクラス優勝している。またポールポジション日本チームでは日産トヨタ日本人では中嶋一貴小林可夢偉が獲得したことがある。このように2017年まで日本チーム日本日本人ドライバーの組み合わせでの総合優勝かった。だが、2018年トヨタ優勝によって、日本人中嶋一貴日本チーム日本との組み合わせでの総合優勝を達成した。この後、トヨタは3年連続で優勝を達成している。

エピソード

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/21(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/21(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP