今注目のニュース
箱の下でコソコソ何かをしているゴールデンレトリバーの子犬たち。箱を取ったら可愛すぎる行動をしていたと話題に!
小林幸子さんが21年前のポケモンED『ポケットにファンタジー』をセルフカバー…! 初音ミクとの初&神コラボに涙腺崩壊
武井壮、違法薬物に手を出すタレントについて言及 「ぐぅの音も出ない」の声

吉川光夫単語

ヨシカワミツオ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(56)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

吉川光夫よしかわ みつお1988年4月6日-)とは、福岡県福岡市出身のプロ野球選手投手)である。現在北海道日本ハムファイターズに所属。

概要

広陵高校では甲子園出場はならなかった。

将来性豊かな左腕として、2006年高校生ドラフトにて田中将大ハズレ1位北海道日本ハムファイターズ名され入団。名後の記者会見で、標として「(広陵OBの)金本知憲さんと二岡智宏さんと福原忍さんを足して2で割った選手」と答え、「なにいってんだこいつ」的な反応をされたが、3で割るのではなく2で割るのが本人なりの意気込みであったらしい。

日本ハム時代

2007年から、5月に一軍昇格すると、先発の故障でそのまま先発ローテーションに定着。7月12日オリックス・バファローズ戦で初投・初完封を記録するなど、高卒ルーキーながら19試合に登板、4勝3敗、防御率3.66という数字を残して優勝に貢献。その年の日本シリーズではプロ野球史上4人稲尾和久堀内恒夫石井一久以来)となる高卒ルーキーでの先発登板を果たすという非常に順調なスタートを切る。
ちなみに初勝利は(当時)球団連勝記録である14連勝の試合であった。しかし、以降は明確な弱点だった制球難に苦しめられる。


2008年は開幕から先発ローテーション入りしたが防御率6点台で交流戦前に二軍落ちしてシーズン終了。その後はたまに一軍に上がっては制球難で四球を連発し自滅して帰っていくというパターンを繰り返し、ダルビッシュ有Twitterで名指しで叩かれたexitこともあった。ちなみに吉川ダルビッシュ軍団の一員である。


2011年には二軍で最優秀防御率を獲得したが、一軍では好投したときに限って援護が絶で、7試合で0勝5敗に終わり、本格的に帝王化が進んでいた。ちなみにこの年、チームの5試合連続失点勝利スタートさせ(5月28日中日ドラゴンズ戦、7回途中失点で勝ち負けつかず)、自らストップさせている(6月4日東京ヤクルトスワローズ戦、4回4失点で)。


2012年ダルビッシュ有メジャー移籍で先発が手薄になる中、オープン戦から好投を続け久々の開幕ローテ入り。開幕当初こそ好投しても勝ちがつかない試合が立ったが、5月には4勝を挙げ、前半戦を7勝4敗、防御率2.21の好成績で終えオールスター初出場を果たした。後半戦はさらに調子を上げ、エース格として信頼を得て長いイニングも任されるようになる。8月には4勝0敗、防御率0.94の成績でMVPを受賞。後半戦だけで3完封を含む5投をマークし、最終的に14勝5敗、防御率1.71という成績で最優秀防御率タイトルを獲得。見事にダルビッシュを埋め、優勝の原動となり、パ・リーグMVPを受賞した。日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発するが、2試合ともジョン・ボウカー本塁打を浴びるなどしてKOされた。シリーズではひじ痛を抱えたまま理に登板していたらしく、来季への影が心配された。


2013年は前年ほどの安定感は見せられず、さらに後半戦では無援護と味方のエラーに足を引っられる展開が続いた。6月終了時点では6勝5敗だったにも関わらず、7月以降は1勝10敗と全く勝てなかった。最終的に26試合で防御率3.31にも関わらず、7勝15敗とリーグ最多敗を喫した。栗山監督からはシーズン終盤に「一番ダメなのはオレとアイツ吉川)」と言われてしまった。


2014年は開幕投手に選ばれたが、前年同様安定しなかった。


2015年リーグワーストの11四死球を喫したが、11勝8敗と3年ぶりの二桁勝利を挙げた。


2016年には球団連勝記録(チームは14連勝中)の更新がかかった7月11日オリックス戦で登板し、勝利を挙げる。先述通り吉川の初勝利が球団記録の14連勝であり、自身の手で記録を更新したことになる。オフにトレードで読売ジャイアンツに移籍した。背番号21

巨人時代

2017年は開幕から先発ローテーションに入ったが、全体的に味方の援護に恵まれなかった。5月24日阪神タイガース戦では鳥谷敬に頭部死球をしてしまい、2度の退場となった。12試合の登板で1勝3敗に終わった。


2018年8月23日広島東洋カープ戦で通算1000投球回を達成。先発中継ぎとして22試合に登板し、6勝7敗、防御率4.26だった。オフ岩隈久志の入団に伴い、背番号47に変更した。

日本ハム復帰

2019年6月にトレードで北海道日本ハムファイターズに移籍。3年ぶりの古巣復帰となった。背番号56。4試合に先発登板したが3敗を喫した。この年は合計で13試合に登板したが、4敗3ホールドに終わった。

プレースタイル

直球の最速は152km/h、変化球パワーカーブと言われるスライダー、縦に割れカーブを投げる。

2012年覚醒したのは、それまで四球を気にしすぎていたのを、栗山英樹監督に「四球を出してもいいから思い切り腕を振って投げろ」とアドバイスされたのがきっかけで、開き直った結果持ち前の球威が活きるようになったからであるとされている。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2007年 日本ハム 19 15 1 1 4 3 0 0 .571 93.1 46 52 39 38 3.66
2008年 7 7 0 0 2 4 0 0 .333 34.2 22 23 24 24 6.23
2009年 3 3 0 0 0 2 0 0 .000 16.1 10 18 17 12 6.61
2010年 9 5 0 0 0 4 0 0 .000 26.0 11 20 21 20 6.92
2011年 7 7 0 0 0 5 0 0 .000 38.0 20 25 20 20 4.74
2012年 25 25 5 3 14 5 0 0 .737 173.2 45 158 35 33 1.71
2013年 26 26 1 0 7 15 0 0 .318 160.1 57 125 72 59 3.31
2014年 13 13 0 0 3 4 0 0 .429 72.0 36 49 45 39 4.88
2015年 26 26 2 0 11 8 0 0 .579 159.1 57 93 72 68 3.84
2016年 27 20 0 0 7 6 3 0 .538 109.2 52 65 53 51 4.19
2017年 巨人 12 8 0 0 1 3 0 0 .250 38.1 15 28 28 25 5.87
2018年 22 18 0 0 6 7 0 0 .462 101.1 39 76 49 48 4.26
2019年 9 0 0 0 0 1 0 3 .000 6.1 6 4 7 7 9.95
日本ハム 4 3 0 0 0 3 0 0 .000 10.2 7 8 8 8 6.75
19年計 13 3 0 0 0 4 0 3 .000 17.0 13 12 15 15 7.94
NPB:13年 209 176 9 4 54 70 3 3 .440 1040.0 423 744 490 352 3.91

タイトル・表彰・その他

タイトル
最優秀防御率 1回 2012年
セ・パ交流戦優秀選手賞 1回 2012年
MVP 1回 2012年
ベストナイン 1回 2012年
最優秀バッテリー 1回 2012年鶴岡慎也
MVP 1回 2012年8月
ジョージア魂賞 1回 2012年
札幌ドームMVP 1回 2012年
その他
オールスターゲーム出場 3回 2012年2013年2015年

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 54ななしのよっしん

    2019/06/26(水) 20:25:37 ID: fip/iCTAtH

    おかえり

  • 55ななしのよっしん

    2019/06/26(水) 23:47:37 ID: 8LVGxL4dvO

    ガッフェにとってのゲンガーフーディンの類かな?(一度交換してからまた自分のとこに戻す)
    「陽裕が去ってしまったが、別れもあれば出会いもあり。紹介しよう!慎吉川だ!」

  • 56ななしのよっしん

    2019/07/28(日) 10:22:33 ID: E1KUWTc044

    >>55
    じゃなくて宇佐見だとマジレス

急上昇ワード

最終更新:2019/11/20(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/20(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP