今注目のニュース
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!
陣内智則、女の子が突然不機嫌になる心理に戸惑い「わからん!」
吉田沙保里、念願のハワイでサーフィン 上達の早さに「身体能力すごすぎ」「苦手なことないのかな」と驚く声

土岐頼芸単語

トキヨリノリ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

土岐頼芸(とき・よりのり 1502 ~ 1582)とは、戦国時代美濃守護大名である。

概要

斎藤道三を盗られた人。














もう少し真面目に概要

美濃土岐14代・16代当

の死後、美濃土岐の跡継ぎを巡って・政頼(頼武)と長年に渡って争いを繰り広げた。その中で有能新参臣・長井規秀(のちの斎藤道三)が台頭し、彼の活躍もあって美濃守護の座に就く事に成功する。

だがやがて三と対立し、自分が追放されて「盗り」されてしまった。一般的にはを追われてゲームオーバー、という印が強いかもしれないが、実はその後も結構長生きしている(本能寺の変が起こった年の末に死去)。

戦国大名としてはダメダメな人だったが、文芸の才は非常に高く、特に画を得意としていた。彼の描いたの絵は現存しており評価も高い。あと子孫も江戸時代にはちゃっかり高家旗本になってたり。なんだか今川氏真に通じる部分がある。

美濃土岐氏とは

美濃源氏の嫡流。祖先は源頼光家紋の「水色桔梗紋」が特徴的である。土岐一門は全各地に散らばったが、その宗この美土岐氏。ちなみに庶流の中には明智光秀が有名な明智氏、浅野長政浅野氏などがいる。

鎌倉幕府滅亡時には、バサラ大名として知られる土岐頼遠が活躍した。最終的には美濃守護に落ち着き、所所を務める四つの「四職」の!?)として室町幕府の中でも重きを成した名門である。

ただ、応仁の乱の頃から守護代・斎藤氏がをつけ、彼らに圧されがちになる。

生涯

前兆

12代当土岐政房の次男。土岐政頼土岐頼武)がおり、こちらが嫡男だった。

・政房はかつて土岐元頼と督争いを起こし、それに勝利して守護の座についた人である。その原因は二人の土岐成頼が末っ子の元頼を溺愛していたからだった。まあ、よくある話である。

…だが、その辺の反がなかったのか、政房もまた次男の頼芸を溺するようになり、政頼を嫡してしまおうかと考えるようになっていた。まるで成長していない

この状況に対し、守護代である斎藤利良は・政頼の督継承を支持した。一方、斎藤氏の庶流で実を高めつつあった長井は頼芸を支持し、然と対立する。

両者の対立はエスカレートし、1517年には遂に軍事衝突に至った。

第一次家督争い(1517~1519)敗北

頼芸の味方としては長井と、彼に取り立てられた新参者長井新左衛門尉、加えて斎藤利良の叔父で前守護代の斎藤四郎といった面々がいた。といっても四郎は失脚して尾に亡命中の身である。現在の実者である斎藤利良に対抗したいメンバーが集結したという気がしないでもない。

1517年末に両突するが、まずは・政頼の一勝利した。頼芸たちは尾へ逃亡するが、翌年には反撃に出て逆に政頼たちを越前に追放した。翌1519年には後継者が決まらないまま・政房が死去。そこに越前朝倉氏の援護を受けた政頼が侵攻してきた。

政頼は越前亡命中に朝倉結婚しており、その後ろを得ていたのである(ちなみに朝倉斎藤利良の叔母)。朝倉高(孝朝倉景鏡)率いる朝倉軍に頼芸は木っ端微に粉砕されてしまった。斎藤四郎は討死したとも。

これで政頼が土岐13代当美濃守護に就任し、督争いは終わった、かに思われた。
なお斎藤利良は失脚したのか隠居したのか、1521年頃には斎藤利茂が守護代となった(この辺の斎藤氏の系図は混乱がひどく、二人の関係はよく分からない)。

第二次家督争い(1525~1530)勝利

守護・土岐政頼&守護代・斎藤利茂の体制で安定していたかと思われた美濃国だったが、長井たちは諦めていなかった。1525年に頼芸は再び長たちに擁立されて挙兵し、守護所・福館を占領する事に成功した。頼芸近江浅井氏の援護を得ており、これに対して政頼は再び朝倉氏や六角氏を頼るなど、周辺諸まで巻き込んでの争いとなった。

この戦いは1530年に政頼がまた越前に追放される事で決着して、遂に頼芸が14代当となった(まだ守護には就けていない)。なんか周囲に流されてるだけのような気もする。

ところが同時期に長と新左衛門尉が立て続けに死んでしまったため、これ以降は新左衛門尉の子・長井規秀が頼芸の重臣として活躍する事になる。御存じ、後の斎藤道三である。

・政頼とその息子土岐頼純[1]朝倉氏の後援を受けて美濃に戻ってきたが、大桑大人しくしているしかなかった。

第三次家督争い(1535~1539)勝利

1535年、・政房の十七回忌を実施する事で、自分が土岐の正当な跡継ぎである事をアピールした。この行動は当然大桑の政頼・頼純にとっては頭に来るものだったので、またまた朝倉氏・六角氏と結託して挙兵する。こいつらいつも兄弟喧嘩してんな。

6月に頼芸は修理大夫となるが、8月には政頼の方が修理大夫に任命されている(定員一名のはずなので奪われたのか?)。だが翌1536年には幕府から正式に美濃守護として任命された。更に六角定頼を妻とする事で六角氏とも和解している。いよいよ頼芸が足場を固めたと見ると、今まで政頼にいた守護代・斎藤利茂も頼芸に寝返ってしまった。

1539年、政頼子との和が成立。これで長かった争いも終わり、権をものにしたかに見えた頼芸であったが…。

国盗られ物語

1541年、土岐頼満が斎藤道三に謀殺されるという大事件が起こり、これ以降頼芸と三の関係は悪化する。三の行動は更に続き、1543年には大桑土岐頼純がまたも越前に追放された。

そして同じく1543年、頼芸も尾へと追放されてしまう。20年近い内紛の末にようやく守護についたと思ったら、7年で追放という有様である。斎藤利茂も追放されたのか、この頃から消息不明。

しかし新参三には後ろが少ない事もあり、頼芸は妻の実家六角氏に加え、尾織田信秀信長)、敵対していた土岐頼純・朝倉氏らと協して美濃復帰をした。速翌1544年には美濃侵攻作戦が実行されるが、加納口の戦いでは織田軍が壊滅するなど、戦況は一進一退であった。

1546年、三と土岐織田朝倉六角連合の間に和が成立したが、その条件として頼芸は美濃守護の座を退く事になる。このため、頼純が15代当美濃守護となった。この時、三の正室の[2]が頼純にいでいる。

…が、もちろんこれで終わる三などではなく、翌1547年にはくも頼純が急死する。殺とも言われる。そして1549年、三の帰蝶濃姫)の入りによって三と織田氏の同盟が成立。頼純死後に当に復帰していた頼芸だったが、その後ろはどんどんくなっていた。(朝倉も1548年に死去)

そして満を持して1552年、美濃全に追放されてしまった。これは流石に相手が悪かった。

その後の美濃

結局三は1554年に隠居、1556年に敗死に追い込まれている。三のやり方に対する反発もあっただろうし、見ての通り半世紀近くも延々と美濃国内で内紛が起こり続けていたので、それをまとめ直すのは至難の業だった。

三の息子斎藤義龍は幕府や六角氏とも手を結んで内安定に努めたが、その成果が出る前に病死してしまう。

一連の混乱の終息は、信長による美濃定(1567年)を待つことになる。

放浪

その後はしばらく六角氏の下でお世話になっていた。息子土岐頼次はやがて松永久秀臣となったが(とことんギリワンに縁のある一族である)、頼芸は息子と別れ、遠く関東土岐一族の下を転々とした。

そして最終的には甲斐武田氏の下に落ち延びている。末期武田中には頼芸以外にも六角義治やら織田信清やら、各地の戦国サバイバルで脱落した連中が寄せ集まっている。そんな没落組のオアシス武田1582年に織田軍に攻められて滅亡してしまった。

この時既に81歳、病気のため失明していた。というかすっかり過去の人であり、よく生き延びていたなと驚くレベルである。これに旧臣にあたる稲葉一鉄が感じ入ったか、彼の計らいで美濃へと30年ぶりに帰還、その年末に波乱万丈の生涯を終えた。
三も信長光秀も亡き後の事であった。

子孫

前述の通り、息子土岐頼次は松永臣となった後、織田・羽・徳と見事に正解ルートを辿って戦国時代事生き残った。子孫は高家旗本となるが1706年に不祥事易・断絶。

四男・土岐頼元は美濃を追放されずに三らの保護を受けていたが、斎藤氏滅亡後はこちらも諸を放浪して武田氏のお世話になる。その後はと合流したようで、彼の子孫も高家旗本となる。こちらは江戸時代を通して存続した。

深芳野

土岐頼芸をる上で外せないのが、・深芳野。稲葉一鉄とも、一色氏のとも言われる美女である。

1528年、まだ長井規秀と名乗っていたころの斎藤道三に下賜され、翌1529年に斎藤義龍を産んだ。が、実は義は頼芸の落胤なのでは…というウワサが後年生まれることになる。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける土岐頼芸の力一覧。

やっぱりを盗られる為にいるような人である。周囲に振り回された彼らしく本人の野望は低準、知略も毎回悲しいくらい低かったのだが、で久しぶりに再登場すると何故かそこそこの値へと急成長した。長あたりの存在が吸収されたのだろうか…。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 35 政治 43 71 野望 70
武将風雲 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 77 戦闘 26 智謀 13 政治 44 野望 20
天翔記 戦才 56(C) 智才 26(C) 政才 128(C) 78 野望 15
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 19 智謀 11 政治 39 野望 2
蒼天 統率 20 知略 5 政治 31
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 43 武勇 9 知略 71 政治 63
創造 統率 44 武勇 28 知略 68 政治 62

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *なお土岐政頼と土岐頼純は子でなく同一人物(政頼が名した)とする説もある
  2. *斎藤道三の正室(小見の方)が産んだ女子は、のちに織田信長の妻となる帰蝶濃姫)以外には知られていない。ここでいだのが帰蝶なのかは不明。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/16(月) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/16(月) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP