今注目のニュース
すき家「四川風牛すき鍋定食」登場、ザクザク食感の“食べるラー油”と“後がけ麻辣スパイス”を使用、旨辛な味わい
ケンコバ「テレビ番組の忘年会も減ってきた」進むビジネスパーソンの“忘年会離れ”、理想の飲み会の姿とは
海外では意外なほど多くの医師がプラセボ(偽薬)を処方しているという現実

村雨(和菓子)単語

ムラサメ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

村雨(和菓子)とは、小豆を使った大阪府州名物の和菓子である。棹物の一種。

概要

村雨とは、小豆砂糖米粉を原料にしてそれを蒸した和菓子で形状は羊羹に似ているが、ほろほろと溶け、いわゆる小豆を原料にしたケーキだと思ってもらえたらいいだろう。この小豆砂糖米粉にした餡を村雨餡と呼ぶ場合もあるが、実際は餡というよりはカステラ生地のようなものである。

ほのかな甘みとほろ苦さがマッチした大阪府、とりわけ地方の名物として知られ、非常に多くの店がこの棹菓子を製造、販売している。他地方では高麗菓子という名称で販売している店もあり、宮崎県都城市なども名物となっているようである。

だが、意外と全に知られていないのは、日持ちしないことがネックとなり、手軽に先の土産物や出張販売、通販などができないからである。

時雨と村雨

このように一般的な名称と思われている村雨であるが、実は貝塚市にあるという和菓子店の登録商標であり、この店が今の形の「村雨」を作った。しかし、それ以前に岸和田市という店が「時雨」という和菓子を作っており、登録商標にしている。

そして、歴史としてはこの「時雨」の方が古いようで、時の岸和田岡部美濃守に献上した歴史がある。しかし、この時雨米粉ではなく粉を使ったものであり、もっちりした食感であった。それを、米粉を使うことでもっと食べやすく、ほろほろとほぐれるようにしたのが五の「村雨」であり、これが大層な評判になったことから、今日村雨」の方がよく知られるようになっており、一般名称化もしている。

なお、利商店はこの元来の「時雨」を「時雨」という名で販売し、「村雨」のスタイルの棹菓子を「時雨」としている。

したがって、ほかの和菓子舗は「◯◯しぐれ」「◯◯むらさめ」といった名称にして販売しているが、基本は同じものといっていいだろう。たとえば、青木松風では「大阪しぐれ」、むか新では「むらしぐれ」という名称となっている。ほかに「磯時雨」「むらさめ」などの商品がある。

外の人はなかなか地方観光に行くことは少ないとは思うが、ぜひ立ち寄ったら賞味して欲しいものである。

関連動画

関連商品

あれば貼ってください(´・ω・`)

関連リンク

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP