今注目のニュース
【ナニコレ?】「猫の後ろ足にある肉球」に付けられた、意外と知らない名前
元大道具が孫娘に贈ったアジサイの靴 孫「かーいーね」と大喜び
みんないくら?年収400万円台の貯金事情「年収450万円、貯金30万円。将来不安」「40代独身、750万円貯金。この年では少ない」

165系単語

ヒャクロクジュウゴケイ

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

165系とは、旧国鉄が開発した直流急行電車である。

概要

 1960年代、高度経済成長に伴い急速に電化区間が拡大、上越線中央本線といった内陸部の山岳地帯を走る要路線でも電車による直通運転が可となっていたが、それまで東海道本線などで急行列車に使用されていた153系ではモーターが不足しているだけでなく、勾配対策の抑速ブレーキも、寒冷地での使用を前提とした耐寒耐かった為、これらに対応する新急行車両を開発する必要があった。これらの条件を全て満たす新急行電車として作られたのが165系である。153系からのな変更点として下記の点が上げられる。

  • 電動機をMT46系列からMT54系列に変更
  • 耐寒耐装備が施されている
  • 抑速ブレーキを装備
  • 制御器に「自動ノッチ戻し機構」を搭載したCS15形制御装置を採用

 基本編成はMcM'Tc(クモハ+モハ(パンタ付き)+クハ)の3両編成で、これは輸送量の小さい地方路線での運用を考慮した編成となっている。但し、元から需要が多い東海道本線では4両、8両基本編成等も存在した。

 種のバリエーションは非常に多く、モハ164形だけでも基本となる0番台の他に低屋根仕様800番台、簡易運転台付きの500番台等が存在した。この他にも別形式に改造された物や、逆に別形式から165系になった物も存在した。また、ジョイフルトレイン改造された物も多数存在した。

 また、生系列として同ベースに団体・修学旅行用とした167系や、信越本線横川軽井沢間の碓氷峠越えの装備を持つ169系等がある。いずれも165系との混結が可である。この他、153系の出強化版として163系が計画されたが、諸事情によりサロ163形のみ製造されて終了した。 ここではこれらの系列の車両についても記載する。

主な運用

 旧国鉄時代から民営化後に至るまで、普通快速急行、団体、臨時、修学旅行夜行列車等、幅広い運用を持っていた。その為、全の旧国鉄の直流電化区間のどの路線でその姿を見る事が出来た。最初にデビューした時は新潟地区に配備された。

 60年代から70年代にかけては上越線高崎線信越本線中央本線東海道本線山陽本線等、関東甲信越から中部近畿中国地方要路線で急行列車として153系と共に活躍していた。しかし、80年代以降は急行列車の運行本数は減少、地方ローカル線などで普通列車等に使用されたりしたが、113系115系おされて余剰が増え、交直流両用の制御への改造や、一部ではが発生し始めた。

 民営化後は、JR東日本JR東海JR西日本の三社に継承されたものの、既に老朽化がしい事や、二つデッキ構造故の問題も多く、また後継の新車両が開発された事もあって更にが進んだ。それでも95年頃まで「東海」「富士」等の急行運用についていたほか、大垣夜行ではメイン373系に譲った後も臨時夜行では21世紀に入るまで活躍していた。また、紀勢本線でも90年代後半まで新宮行き定期夜行列車末期紀伊田辺止まりの最終列車)に165系を使用していた。

 その後2003年9月28日、最後まで残っていた新潟地区でのさよなら運転ををもって、JRグループから165系列は全に運用を離脱した。

譲渡車

一部車両は他社への譲渡が行われており、165系が秩父鉄道富士急行に、後述する生系列の169系がしなの鉄道に移っている。

秩父鉄道には3両編成3本が譲渡され、前面スタイルの大改造などを行った上で1992年より秩父線内の急行秩父路」として運転されていたが、老朽化のため2006年6000系(元・西武101系)にバトンタッチして引退となった。

しなの鉄道には生系列の169系3両編成4本が譲渡された。2008年2010年の期間限定で元のオレンジ湘南色に戻され、長野県内でのイベント運転で活躍していた。内装こそ変わってしまったものの、外見は昔の面影を残した姿となって注を集めた。しかし、老朽化が進んだため2013年をもってとなった。

 現在富士急行で165系改造ジョイフルトレイン、パノラマエクスプレスアルプスを譲受した2000形特急列車フジサン特急」として走っている。だが、こちらも元小田急20000形(RSE)の譲渡に伴い引退することが発表されており、165系最後の残党にも終焉が迫っている。

派生系列

169系

165系に碓氷峠通過対策を追加した形式。EF63との協調運転に対応。169系の付随153・165系の編入で賄われたため、製造されなかった。試作は165系900番台として製造されており、後に169系に番された。

しなの鉄道に譲渡されたもあり、2013年3月まで活躍していた(詳細は前述のな運用を参照)。

167系

165系を基に、修学旅行の臨時列車としての使用に対応した接客設備に変更した形式。155159系の後継となる。外観ではの幅が狭いのが特徴。

民営化後、JR東日本に継承された編成は全てATS-Pが取り付けられたほか、編成によっては塗装変更やアコ改造、前面強化改造シールドビーム又はライト化等の変更がなされた。また、大宮鉄道博物館に、同形式の運転台付近のモックアップが展示されている。

163系

165系を基にした、坦線区における出アップ対応グループ。165系から抑速ブレーキ省略し、153系モーターを165系と同じものとした系列として計画された。いわば113系急行バージョンである。

しかし、165系に1本化した方が幅広く使えるとして電動は登場せず、モーターのないグリーン車のサロ163形が7両作られただけで終わってしまった。サロは165系ではなく153系の編成に組み込まれて活躍した。

ジョイフルトレイン

国鉄末期からJR化直後にかけて、一部の車両を対に団体輸送向けのジョイフルトレインへの改造が実施された。

なのはな

内を畳敷きに変更したお座敷車両で、1985年千葉幕張電車区へ配置された。称は千葉県の県である菜の花に由来している。1998年に後継485系ニューなのはな」に置き換えられとなった。

パノラマエクスプレス アルプス

JR化直前の1987年3月中央本線大糸線車窓を楽しめる展望車両として改造された。

制御前面展望構造としたため、体を丸ごと更新[?要確認]。このため制御電動同士が顔を突き合わせる編成形態となった(Tsc-M's-Msc+Msc-M's-Tsc)。性能面では183系との併結を考慮されている模様。

2001年後は富士急行に譲渡され、現在2000系「フジサン特急」として活躍中。

シャトル・マイハマ→アルファ

JR東日本1990年改造TDLへの観光客輸送的で装され、座席配置の変更や便所の削減といった変更が立つ。晩年は新潟地区へ移って、「アルファ」として運用された。McM'Tcの3連1本を改造番はされていない。

ゆうゆう東海

JR東海改造。外観では前面の貫通が封鎖されたのが立つ。番号は700番台番。各1両改造

形式一覧

新製形式

165系

クモハ165 制御電動Mc)(モハ165+運転台)。
165系の短編成での運用を可とした形式である。141両製造。
123~冷房準備、126~冷房搭載。
モハ165 制御装置を搭載する中間電動(M)。21両製造。18~冷房搭載。
モハ164 補助電空気圧縮機・集電装置を搭載する中間電動(M')。
クモハ165・モハ165と組まれて使用される。0番台84両製造。81~冷房設置。
500番台 153系への増結用に簡易運転台を設置したグループ
このグループのみデッキ便所の位置が入れ替わっている。14両製造。
800番台 トンネル断面が小さい路線での使用を考慮して、パンタグラフ部分の屋根を低くしたタイプ
64両製造。846~冷房準備、849~冷房設置。
クハ165 制御(Tc)。206両製造。156~冷房準備、191~冷房設置。
サロ165 一等→グリーン車の付随Ts)。134両製造。29のみ冷房準備、30から冷房設置。
サハシ165 ビュッフェを設置した付随Tb)。12両製造。
サハ165 補助電を搭載する付随(T)。11両製造。
サハ164 売店を設置する付随Tk)。2両製造。

派生系列

169系 クモハ169 制御電動Mc)。
モハ168 中間電動(M')。モハ164-800番台同様、小断面トンネルに対応。
クハ169 制御(Tc)。
165系
900番台
クモハ165→169 制御電動Mc)。
モハ164168 中間電動(M')。小断面トンネルに対応する。
クハ165→169 制御(Tc)。
167系 モハ167 中間電動(M)。15両製造。
モハ166 中間電動(M')。15両製造。モハ164-800番台同様、小断面トンネルに対応。
クハ167 制御(Tc)。22両製造。
163系 サロ163 グリーン車の付随Ts)。7両製造。

改造形式

系列内での改造のほか、基本設計が共通の153系からの編入が多い(運転上の制約はあるものの、改造での混成も可)。

165系 クハ164(Tc) クハ153 0番台改造。低運転台車という異色の存在。8両改造
サハシ165
-50番台Tb
サハシ153改造。5両改造
サハ165(T)
-100番台
モハ164・169を電装解除。5両改造
クヤ165(Tzc) サハシ153改造した教習車
内には教習用に床下機器が積まれている。1両改造
169系 サロ169(Ts サロ165を編入。19両改造
サハシ169(Tb サハシ153改造。10両改造

ジョイフルトレイン

なのはな / パノラマエクスプレス アルプス

各形式4両が改造され、通常は同仕様の3連を2本併結して運用された。

クモ165Msc クモハ165から改造
モロ164-800番台M's モハ164-800番台改造。そのまま800番台を名乗った。
クロ165Tsc クハ165改造。連番ではあるが、改造内容の違いにより両者の形態は大きく異なる。

ゆうゆう東海

クモハ165-700番台Mc
モハ164-700番台(M') 800番台イベント用の音響装置としてボディソニックシステムが採用された。
クハ165-700番台(Tc)

関連動画

 既にJRからは消滅した形式であり、ニコニコ動画に上がっている動画もかなり古い時代に撮影された物が多い。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2011/07/25(月) 14:42:38 ID: siVzew/t3W

    しなの169運行休止中…

  • 6ななしのよっしん

    2011/11/21(月) 18:30:40 ID: 1PWjioSwmy

    165系169系共に、上尾事件の犠牲
    しかも犠牲となった車両の一部は現在しなの鉄道に在籍。

  • 7ななしのよっしん

    2015/12/17(木) 02:39:08 ID: af2zJJJggT

    フジサン特急の残った方もそろそろ引退らしいね

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP