今注目のニュース
ビジネスの世界に「万人受けは不要」歌舞伎町の女社長が語る
パイロットが少女を強姦 被害者の口封じを試みるも実刑判決
バッグには女子学生のバラバラ遺体 有名大学教授は凍てつく川に自ら…

M41ウォーカーブルドッグ単語

エムヨンジュウイチウォーカーブルドッグ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

M41ウォーカーブルドッグとは、アメリカ軍第二次世界大戦後に開発・運用した軽戦車である。

当初、「リトルブルドック」の称が付けられた後、1950年朝鮮半島交通事故死したウォルトン·ウォーカー中将の名前と合成され、「ウォーカーブルドック」となった。

概要

従来より強60口径76.2mmライフル500エンジンを搭載し、最高速度が72kmと高い機動を持った軽戦車である。

急遽、試験途中で朝鮮戦争に投入され、その後アメリカ軍ではM24チャーフィーの後継として配備が進められ、M551シェリダンが登場するまでの間、の軽戦車として運用されている。
他の西側諸にも供給され、べトナム戦争時には南ベトナム軍に供与されたものが北ベトナム軍のT-54やPT-76と戦闘し、撃破している。日本自衛隊にも供与され、自衛隊では1983年まで現役だった。
台湾デンマークなど一部のでは近代修を施されるなどし、現在も使用されている。

開発経緯

第二次大戦終盤に登場したM24チャーフィーは高性な軽戦車であったが、対戦車戦においてはの威が不十分であり、火力の増強がめられていた。
そこでM24チャーフィーの後継車両の開発依頼を受けたゼネラルモーターズによって、1947年にT37という名称で、より強な76mmを搭載し、かつ輸可な軽戦車の開発が開始され、フェイズI、IIIIIという3種類の試作車両製作された。

1949年にはT41の名称に変更され、フェイズを元に照準装置に新ステレオ測遠機を採用するなど良が加えられたものが3両試作され、翌年の1950年1月にはに76.2mmライフルM32を搭載したT41E1100発注されることとなった。

6月朝鮮戦争が勃発すると、朝鮮半島に配備されていたM24チャーフィーでは北朝鮮軍T-34-85に対して効果的とは言えず、射程外から一方的に撃破されてしまう事例が多く発生した。
そのため試験途中にもかかわらず生産ラインから直接戦場へと運ばれ、実戦投入されることとなった。
実戦において様々な欠陥が露呈し、採用されたステレオ測遠機が射撃時の振動で狂いが出る不具合が発生したため、従来の直接照準望遠機に変更されたりしている。
朝鮮戦争末期に試験が了し、1953年5月に「76mm Gun Tank M41」として制式化された。

バリエーション

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP