スーパーカー単語

スーパーカー

3.7千文字の記事
掲示板をみる(60)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スーパーカーSupercar)とは、特定車の種類に付けられる呼称である。

曖昧さ回避

概要

明確な定義はないが、大雑把に言うなら、

以上にまとめられないこともない。タイヤセメダインを塗ることは禁止だ。

簡単な歴史

戦前からより高性クルマを作って販する動きはあったが、それらは既存の2座席オープンスポーツカーに、恐竜的大エンジン理やり搭載したもの(シェルビーのACコブラとか)、あるいはレーシングカーがそのままを走っているレベルのもの(初代フェラーリ250スタロッサとか)といった、情緒や官性とは程遠い粗野なマシンが大半だった。

状況が変わるのは1960年代後半、イタリアにおいてフェラーリディーノ246GTランボルギーニミウラといったマシンが登場してからだ。これらのクルマは、流麗なボディデザインと優れた動を両立し、情緒や官性といったこれまでなかった魅を醸し出していた。そして、レーシングカーそのままの機械的なインテリアから、でかつドライバーの気分を高めてやまないスポーティなものへと脱皮していた。

つまり、全ての面で「スーパークルマ」を表す「スーパーカー」という言葉が誕生した間である。

1970年代に入ると、フェラーリ365GT4BB、そしてランボルギーニカウンタックが登場。この2ライバル関係を中心に、一気にスーパーカー界は活況を呈することになる。両者のすさまじい最高速アピール合戦(カウンタック300Km/hなら365GT4BB302Km/h…ガキ喧嘩ですか?)は現代に至るまでだ(どっちも実際は250Km/hも出んかったけど)。さらに、マセラティボーラ、デ・トマソがパンテーラを発売した。これらも280290Km/hの最高速度を宣伝していた(もちろんカタログデータ)。

そして、そんなヨーロッパからか離れた日本で、1975年から突如「スーパーカーブーム」が盛り上がることになる。週刊少年ジャンプで連載された漫画サーキットの狼」によって、これらスーパーカーの存在が当時の少年達に一気に知れ渡ることになったからだ。日本クルマがまだスタイルも性だった当時、ヨーロッパのスーパーカーはまさにエキゾチックな魅をたたえた特別な存在に彼らのには映った。

各所で催されたスーパーカーの展示会には本物をひと見ようと少年達が列をなして集まり、テレビ東京(当時は東京12チャンネル)では「対決!スーパーカークイズ」が放映され、令和現在では「笑点」の座布団係として知られる山田隆夫が出演していた。そして、商魂たくましい当時のメーカーの手によってプラモデル文房具ポスターなどが後の筍のように商品化されていった。特に、消しゴムはもっとも手軽でごっこ遊びもできるグッズとして大人気だった。

しかし、「サーキットの狼」が路線変更によってレーシングカートフォーミュラカーといったプロレース世界に移っていった結果、少年達の熱も急速に冷め、ブームは終焉することになる。

1980年代になると、日本国民全体の裕福化とバブル景気により、当時のスーパーカーを投機対として興味を示す向きもあった。フェラーリ・テスタロッサやF40、ポルシェ959などが生まれ、より高性への追求が進むことになる。

1990年代には、日本でも初のスーパーカー、ホンダNSXが発売され、イギリスマクラーレンカーズドイツメルセデスといった新勢も勃。当時のル・マン24時間レースを中心としたGT1クラスとの兼ね合いもあって、かつてはカタログデータで誇大表現が当たり前だった性も、スーパーカーの名にふさわしい本物へと進化していくことになる。

21世紀に入ると、フェラーリランボルギーニといったイタリアメーカーは大手メーカー下に入り、工業製品としての質は大幅に向上。全にセレブたちの裕福さを徴する乗り物として定着していく。性能面最高速300Km/hえは当然になるのみならず、面の研究も進んでスーパーカーをえた「ハイパーカー」の領域に突入していく。そして、エコめる世論に影されてスーパーカーでもハイブリッド化やEV化が進みつつある。

代表的なスーパーカー

スーパーカーであるかどうか議論の余地がありそうなもの。

スーパーカーみたいなもの??

グランドツアラー(グランツーリズモ)

スーパーカーのルックスと性に加えて、居住性や長距離ドライブも重視するとグランドアラーという種になる。ミッドシップでも4人乗りは可であるが、お世辞にも居住性がいいとは言えないのでフロントエンジンが基本になる。いわゆるGTカーと呼ばれるもの。
高級セダンと区別が曖昧だが、クーペーであるかどうかが安だろう。

ハイパーカー

スーパーカーの強化バージョンになるとハイパーカーという種になる。1台1億円は当たり前のハンドメイド品で、走る姿は普通というよりはレースカー。まさに億万長者でしか所持できないである。

2021年現在ル・マン24時間レースが新たに導入した最高峰クラス、LMH(ル・マン・ハイパーカー)規格により、これによる新たなハイパーカーの出現が期待されている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/19(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/19(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP