浴衣単語

ユカタ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

浴衣ゆかた)とは、和服の一種である。

概要

に着用され、特に夏祭り花火大会などで着用する女性を多く見かける。
外出時以外では、湯上りに着用したり就寝時に寝巻きパジャマ)として着るのが一般的である。

また、通常の和服と違い下には長襦袢を着用しない。

の形状は着物と似ているが、素材に麻などの軽い素材が用いられている。
現在では合成繊維を用いているものもあるが、総じて通しがよいのが特徴。

浴衣に合わせる履物としては下駄を着用するのが一般的だが、ビーチサンダルを着用しているのも見かける。

サブカルチャーなどでは、萌え要素として扱われることが多い。
最近ではミニスカートのように、丈の短い浴衣も発売されている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 10ななしのよっしん

    2019/07/08(月) 12:57:51 ID: XMOp+DkVKT

    >>6
    ゆかたゆかたびら(湯帷子) が略された物
    的な言葉の意味は 浴衣よくい と実質同じ物
    とはいえ、一般的用浴衣よくい と違って特定の形式の衣服すようになった 浴衣ゆかた現在では別物になった

  • 11ななしのよっしん

    2020/10/11(日) 01:50:23 ID: 3OF+sAY0iA

    本来は「湯帷子」と言う風呂に入る時に着る衣服
    間違えてはいけないのが「風呂に入る時に着る」と言う事
    風呂から上がった時に着る訳ではなかった
    因みに帷子ってのは裏地がない仕立ての事で、実情は素材に規定はない

    そこから浴衣になる訳だが、現代で浴衣と呼称される衣服とは若干違いが有る
    (当時は各庭で衣服を作るのが普通だった為、多少の差が出る事から全な分類は難しい事を留意して頂く)
    和服には「大袖」「小袖」と言う分類が有り、浴衣は基本的に「大袖」の類だった(各庭による)
    また「衽」と言われる部品がなかったりあったり(各庭による)
    現代で販売されている製品では本来の浴衣ではなく「小袖」の形式が用いられる

    因みに使われている生地で「着物」か「浴衣」か分かれると言うのはデマ
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 12ななしのよっしん

    2020/10/11(日) 02:06:09 ID: 3OF+sAY0iA

    一応「ノーパンノーブラ」についても書いておくと
    デマという訳ではないが、礼儀作法と言った決まり事でもない
    江戸時代ではそもそも下着を履く習慣がい事に由来する
    この論いは
    江戸時代は女が羽織を着る事が許可されていない為、和服の作法で女性が羽織を着る事はない」
    と言う理論と同じである(因みに当時の作法や思想を消失しない様に茶道の流によっては今もやる)
    身分や性別で差別する思想の様式で良いなら個人の自由である

    因みに西洋でも中世は「下着を履かず長いスカートで隠した」や「貴婦人が用を足す時は外で立ったまま地面に出した」等、下着を履かない習はどこでも当たり前だった
    別段日本異常な訳ではなく、寧ろ現代の「パンツ穿いてその上にもう一丁穿く」と言う様式の方が歴史的にも特異な習慣である

    個人的には浴衣の下はガーターベルトであるがタイツも捨てがたいである
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/22(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/22(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP