今注目のニュース
麒麟川島、真横で見た天津木村の“ブレイクの瞬間”
2020年iPhone、大幅な値上げなし?
スピワゴ小沢が最悪のタイミングでされた無断撮影にファン激怒 「ありえない」

pta単語

ピーティーエー

  • 4
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 348877 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい)またはPTAPost-traumatic stress disorderexit)とは、心に加えられた衝撃的な傷が元となり、後になって様々なストレスexitを引き起こす疾患exitのことである。

exitの傷は、心的外傷exitまたはトラウマexit(本来は単に「外傷」の意だが、日本では心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ばれる。トラウマには事故災害時の急性トラウマexitと、児童虐待exitなど繰り返し加される慢性の心理的外傷exitがある。

よって心的外傷後ストレス障害は、地震exit洪水exit火事exitのような災害exit、または事故exit戦争exitといった人災exitや、テロexit監禁exit虐待exit強姦exitなど犯罪exitなど、多様な原因によって生じうる。

症状  

以下の3つの症状が、PTAと診断するための基本的症状であり、これらの症状が1ヶ以上持続している場合にはPTA、1ヶ未満の場合にはASD(急性ストレス障害exit)と診断する(DSM-4 TRexit)。

患者が強い衝撃を受けると、精神exitショック状態に陥り、パニックexitを起こす場合がある。そのため、その機の一部を麻痺させることで一時的に現状に適応させようとする。そのため、事件前後の記憶exitの想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、感情鈍麻exit、物事に対する興味・関心の減退、建設的な未来像の喪失、身体性障害exit身体運動性障害exitなどが見られる。特に被虐待児には感情の麻痺exitなどの症状が多く見られる。

の一部が麻痺したままでいると、精統合性の問題から身体的、心理的に異常信号が発せられる。そのため、不安や頭痛・不眠・悪夢などの症状を引 き起こす場合がある。とくに子供の場合は客観的な知識がないため、映像や感覚が取り込まれ、はっきり原因の分からない腹痛、頭痛、吐き気、悪夢が繰り返さ れる。

特徴と診断  

に以下のような症状の有により、診断がなされる。

恐怖・
自分や他人の身体の保全に迫る危険や事件その人が体験、撃をし、その人の反応が強い恐怖、感または戦慄に関わるものである。
心的外傷関連の刺の回避や麻痺
心的外傷体験の想起不能や、感情の萎縮、希望や関心がなくなる、外傷に関わる人物特徴を避ける等。
反復的かつ侵入的、苦痛である想起
悪夢exit子供の場合はっきりしない混乱が多い)やフラッシュバックexit、外傷を徴するきっかけによる強い苦痛
過度の覚醒
外傷体験以前になかった睡眠障害exit、怒りの爆発混乱、集中困難、過度の警心や驚愕反応

これらの症状が1か以上持続し、社会的、精的機を起こしている状態をす。症状が3か未満であれば急性、3か以上であれば慢性と診断 する。大半のケースストレス因子になる重大なショックを受けてから6か以内に発症するが、6か以上遅れて発症する「遅延」も存在する。

記憶

現在から過去にさかのぼる「出来事」に対する記憶が、診断に重要である。しかしながら、1)重大な「出来事」の記憶 2)それほど重大でなかったが 事後的に記憶が再構成される 3)もともとなかった「出来事」が、あたかもあったかのように出来事の記憶となる このような3つの分類ができる点に留意す る必要があろう。

嗜癖行動との関連  

PTAを持つ人はしばしばアルコール依存症exit薬物中毒exitといった嗜癖exit行動を抱えるが、それらの状態は異常事態に対する心理的外傷の反応、もしくは自覚なまま施していた自己治療的な試みであると考えられている。しかし、嗜癖行動を放置するわけにはいかないので、治療はたいがい、まずその嗜癖行動を止めることから始まる。

脳への影響  

PTAは、exit内に永続的な変化をもたらす。とくに心的外傷が幼少期などの成長exit過程で起きると、の発育にダメージをあたえ、海馬exitの不発達や萎縮、扁桃体exit領域の血流障ブローカ中枢exit部の機低下などを起こす。

その結果、成人exitの場合でも原因となった刺があまりにも強すぎた場合、一生涯、食事exitも一人では取れなくなるなど生活に重度の支障を来す場合もある。

これら機は、顕著な海馬の萎縮などの場合を除いて、CTスキャンMRIなど、従来の撮影システムで発見されるなど器質的に判別できるものと は限らない。そのため「精神障害は必ずの器質異常が検出されるもの」などといった、旧来然とした精医学観をいまだに持っている者に、PTAを患う者 が詐病exit扱いされるなどの外傷の二次災害が起こりやすい。
こうした病理的特徴を再帰性exitといい、このような経緯でPTAが治らない、あるいは悪化することを再犠牲者化exitrevictimization)という。

上記のようなPTSDのへの影は、現代の脳科学ではたとえ器質的に検出できなくとも、機的障として残ることは多くの研究で明されている。ときには、人格exit形成に破壊的な影を及ぼす。こういう事例にあてはめて「本人の意思」々を議論することは有であっても益は少なく、少なくとも治療的ではない。

fMRIexit(functional MRI)など、2009年現在アメリカで実用化が進められているの画像撮影システムでは、CT scanMRI、RIなど従来の方法では可視化できなかった、上述のようなの(器質的ではない)機も可視化できるのではないか、という期待も持 たれている。

治療法  

PTAは通常の処理えた極端なストレスが引き起こす生化学exitメカニズムによるものとも考えられているため、深刻な過去の外傷からの回復を試みる患者にとっては、意識的なコントロールが及ばない領域の現であるため、しばしばPTAからの回復は困難を極める。

治療は通常、薬物治療exit精神療法exitの双方が用いられる。心理的外傷となる出来事への情緒的な反応を解決するには、薬物療法exitなどの助けも借りながらも、ナラティブセラピーexitが最も有効だと考えられている。また、近年ではEMDRexitも効果的な治療方法として注を集めている。

PTSDにおける回復とは、事件を繰り返し整理し、異常な状況や事件を思い出すことによる感や生々しい苦痛に襲われなくなる状況や、それに強く影されず、最低限の生活ができるようになった状況をす。

しかし、後遺症としてストレスホルモンexitによる海馬の萎縮、の低下が起きているので、この記憶処理作業には大変な困難がつきまとう。扁桃体exit奮によって「焼き付けられた異常」の処理は難しい。

要を書いてください。

関連動画

 

 

関連商品

ptaに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ptaに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • ptaに関する項を紹介してください。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/14(土) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/14(土) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP