今注目のニュース
企業も知らない「学生インターン」のルール。格安アルバイト扱いする例も…
飼い主が泣いていたら、ワンコはどうする!? 泣きマネをする飼い主さんにおもちゃを持って駆け寄るワンコ
「諦めたらそこで終わりニャ」 すべり台に挑戦するネコチャンがかわいすぎて応援したくなる

神風(艦これ)単語

カミカゼ

  • 3
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2357690 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

神風(艦これ)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん」に登場する艦娘の一人である。

イラストレーターCVは未発表。

概要

2015年5月3日未明より開始されたイベント開設!基地航空隊」のE-3の報酬艦娘として追加された。

睦月型の前級である神風型駆逐艦の一番艦である。

元ネタの戦績および史実

1921年12月15日、起工。1922年8月25日、進。1922年12月28日に就役した。

88艦隊計画において建造された9隻の駆逐艦のひとつで、1928年に名されるまでは「第一駆逐艦」と呼ばれていた。

就役して直ぐに神風型の前級である峯駆逐艦の『野』、『波』、『沼』(三隻とも艦これには未実装)と共に第一駆逐隊を形成し、ほぼ同時に軽巡洋艦北上』が旗艦を務める第二水雷戦隊に組み込まれる。また、北上旗艦時の二戦時代に関東大震災において荒れ果てた首都圏への支援を行っている。この時にアメリカ軍支援作戦を展開するのだが、そこに駆逐艦スチュワート(DD-224)艦これ実装)』がいた。彼女は共に数奇な因果の果てに同じ旗の下で船団護衛を務めるのだが、この時点では予想しえない未来の話である。

関東大震災の後は二戦の旗艦が軽巡洋艦五十鈴』に代わり、その後は三段甲時代の空母加賀」を中心とした第一航空戦隊の僚艦となる。その頃になると駆逐艦革命児とも言える吹雪型を基本とした高性駆逐艦が現れていき、旧式となったは次第に連合艦隊から遠ざかる。たち第一駆逐隊1930年代になると大に活動の場所を移し、そこで太平洋戦争の開戦を迎えた。

開戦すると任務や船団護衛、そして、艦隊のサポートに回るようになる。1942年6月に始まったアリューシャン作戦では、にアッツ方面の支援を務めた。また、このアッツに関して米軍の再占領直前に第一駆逐隊の僚艦である沼と共に支援行動を行うが、「燃料が切れた」という理由で突入直前に支援を断念している。これは連合艦隊のアッツ救援の予定がくなった事にも起因する。

そんな次第に戦況が怪しくなりつつある1943年の終わり頃に、春日少佐が艦長として着任する。同時期に一次的に沼に旗艦を移すが、その直後に第一駆逐隊渡辺を載せた沼潜水艦撃により沈没。旗艦がに戻るとともに、春日少佐終戦までの艦長と第一駆逐隊を兼務する。以後もの役割は変わらず船団護衛と任務を努めた。1944年7月には共に行動していた波が触により大破し、行する等、船団だけでなく僚艦も助ける日々も続いていくこととなった。また、大破した波は『アレ』こと、回天の発射艦として装される事となる。

1945年は僚艦の野と共にシンガポール行きを命じられた。中、北号作戦中の戦艦伊勢』『日向』、軽巡洋艦大淀』、駆逐艦』『初霜』『朝霜』の護衛を務めるものの、荒により旧式のと野は追いつけず落してしまう。その後は予定通り、シンガポールへと進出していったが、2月20日未明に「野」の列で航行中、アメリカ潜水艦グレイバック』の撃により野が沈没。春日艦長と兵学校同期だった野艦長の海老原太郎中佐21名以外、全員死亡という事態に陥った。野は当時、野側が塗装を合わせる等、乗組員同士でも交流が盛んなほど親しい間柄であった。この野の沈没を『駆逐艦電探戦記』の著者であり、の電探を担当していたノ宮洋之介氏はストレートに「悲運」と題している。

二の友と言える野を失ったは翌々日にシンガポールへと到着し、第十方面艦隊へと合流を果たす。重巡洋艦足柄』『羽黒』『妙高』『高雄』、そして軽巡洋艦五十鈴』と、そうそうたる軍艦が名を連ねる艦隊だが、実態は寄せ集めの名ばかりと言える状況で、行動できる艦艇がシンガポールとスラバヤで二分されており、妙高高雄は航行不能で預かりという状況であった。余談だが、スラバヤに居た第二号艇とは峯駆逐艦』の後身であり、と共に第一水雷戦隊に所属していた時期がある。

第十方面艦隊はアリューシャン方面の戦いで共にした高雄がおり、五十鈴といったにとって顔なじみの面子が多い中で、繋がりというものを意識してしまうのはやはり妙高重巡洋艦。それも羽黒であろう。第五艦隊に所属していたにとって、妙高とは少なからぬ縁があるのだが、当時の羽黒の航長である太田中佐春日艦長と兵学校同期で、第二次上海事変において背中合わせで戦った仲である。

その二人を乗せる羽黒5月9日アンダマン諸へ向かっての兵員輸送に従事した。既にの一部が使い物にならず、スクリューに不具合を抱える羽黒と、魚雷発射管を外しているの二隻は5月16日未明、イギリス駆逐艦『ソマレズ』『ヴェルラム』『ヴィジラント』『ヴィーナス』『ヴィラーゴ』の五隻にを阻まれる事となる。後にペナン戦と呼ばれる、大日本帝国海軍最後の戦が始まった。

「その日はの明るいだった」と羽黒信長だった元良勇氏が言う。羽黒の動きは事前英国海軍潜水艦に察知されていた。二隻は待ち伏せをされた格好となる。羽黒に当たらずに通過した魚雷を避けた後で敵のポンポンを受け、乗組員の27名が戦死。羽黒は戦術のスクリューの不具合に加え、の損傷および物資満載による影で身動きが取れず、離脱を断念していた。そして羽黒から火が上がる。炎上した羽黒を確認した英駆逐艦の五隻は照明弾を次々に出し、羽黒魚雷を打ち込んだ。羽黒乗艦の第十方面艦隊および第五戦隊橋本伸太朗中将に離脱を命じ、は全で回避行動を展開しつつ、煙幕をありったけまき散らした後に、戦場を離脱した。満身創痍の中で燃え尽きそうな羽黒はそれでもなお、撃を止めなかった。その時の春日艦長の心に強く残る事となる。

命からがらペナンに入港したの船員は遺体を陸揚げし、補給を整えた後に羽黒の下へ再び向かう。は既に明けていた。羽黒があったその場所で人命救助に取り掛かった。戦いで橋本大田長ら多くの乗員が戦死した。は日没までり、残されたおよそ400名を救助する。の船内はぎゅうぎゅう詰めとなり、シンガポールへと戻っていった。

が明けて6月初頭。足柄と共に陸軍兵をシンガポールへと護送するため、ジャカルタへと向かう。事に到着した二隻は襲撃されやすいの航を避けるため、は予定されていた作戦上の都合で先発し、足柄明けと共にバンカ峡を進むとして、二手に分かれていた。中、二隻の潜水艦と遭遇するも事なきを得る。三本の魚雷の当たりにした足柄に「注意されたし」との電信を送り、周囲への警を怠らなかった。この時既に英国海軍米海軍は共同で足柄の二隻を追跡しており、虎視々と標的を定めていた。結論から言うとと交戦した潜水艦は囮であった。

そして6月8日明けとともに晴れ渡り、足柄峡を渡る。足柄峡の出口で落ち合う予定だった。10時過ぎに足柄に迫る潜望にし全速で向かうも、イギリス潜水艦『トレンチャント』から発せられた5発の魚雷足柄に命中。酷く傾きながら足柄面へと姿を消しつつあった。「してやられた」との乗組員は思ったであろう。そんな最中、足柄から投げ出された兵士は波間へと集い「露営の歌」を合唱していたと、これまた電探戦記の著者たるノ宮氏は記述している。はそんな勇兵たる陸軍合わせて1200人余りを救助した。

はこうして、シンガポールにおいて一の活動可な艦艇となる。ここから終戦まで彼女は一隻で船舶の護衛から物資輸送を担った。英軍も攻撃標を彼女に絞っていった。シンガポールにおける最後の標的。いわばラスボス。それが神風型駆逐艦の一番艦、

1945年7月18日。先日の15日からは特設掃海艇3隻と共に小タンカー群の護衛に就いていた。ジグザグを進むと6本の跡が姿を現した。春日艦長ら乗組員はそれを避けると共に臨戦態勢へと移った。ヤツが来た。これまでに輸送艦二隻、松型駆逐艦』、初敷設艦『初』を手にかけた最新鋭潜水艦アメリカ生まれ。名はホークビル。

ホークビルの撃を回避した魚雷の発射地点へと向かう。は装備していたソナーが全速だとスクリュー騒音で使い物にならない為、距離を縮めるとともに速度を落としていった。ホークビルはそんなの行動を予測し、正面へと回り込む。二隻の距離が迫る。やがて、は前方70メートル付近に気泡を見つける。ホークビルが放った魚雷跡である。めがけて放たれた3本の魚雷は適格にの逃げ場をふさいでいた。正面の魚雷を避けようとすれば左右どちらかの魚雷に当たる。動いても動かなくても当たる。ホークビルのスキャンランド艦長らクルーは、最新鋭潜水艦を如何なく発揮できる、手練れの集団であった。

春日艦長の「三度」の掛けとともに、絶妙な操船術が執り行われた。果たして、は避けた。魚雷が船体のスレスレを通った。と同時にホークビルの潜望を確認したが迫り、上にくると共に爆を一気に投下した。ホークビルは爆に押し上げられて、面に姿を現す。すかさず後部の機が強敵に火を噴いた。ホークビルもも直接対決を覚悟したが、直後にホークビルは急速潜行し、その姿を再び中に消した。

は時間単位で念入りに爆を投下し、木くずや重油が浮いた事で撃沈を確信し、船団護衛に戻っていった。この時ホークビルは沈んでなかったが、ジャイロコンパス等の機器が破損しており、反撃に向かう事く帰還している。この後に二日間にわたってに対する撃がスキャンランド艦長く「(ホークビルを含めて)最低でも5隻の潜水艦」によって行われたが、いずれも成功しなかった。

やがて終戦を迎えたシンガポールから本土へ帰還。の乗組員の多くはシンガポールにて捕虜となった。帰還した後は復員船事業に就いていたが、1946年6月7日に座礁した占守型海防艦後』の救助に向かうも、二次災害に遭遇して座礁した。後に解体されて、数度の修羅場を乗り越えた傷の駆逐艦は、その生涯を終えた。

関連動画

神風(艦これ)に関する関連動画を紹介してください。

関連商品

神風(艦これ)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

神風(艦これ)に関する連コミュニティを紹介してください。

関連項目

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/19(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/19(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP