グノーシア単語

グノーシア

7.5千文字の記事
掲示板をみる(652)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(38)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

グノーシアによる汚染が確認された場合、
乗員はリスク評価をゼロに引き下げる義務を負う。
一般的な間航行線においてリスク評価の低下に有効と認められる手法は、
汚染の疑いがある者に対するコールドスリープ処置である。
これは汚染者一般に認められる偽装を逆用すると同時に、
より積極的な方法を採用した場合に発生しう
集団パニックを防ぐことも可なためである。
乗員の条件等によっては武制圧が採用されがちだが、
ヘングーパスの事例に見られるように悲惨な流血と自滅に至る恐れが高いため、
擬知体による計画評価スコアが0.78以下の際には採用すべきではない。

コールドスリープ処置を採用する場合、
シュリンプ移動毎に汚染の可性が高い者を
選択してコールドスリープさせていくことで、
最終的にリスクゼロにすることが的であることを
乗員全員に周知させることがまず必要である。
続いて、乗員同士のコミュニケーションによってコールドスリープさせる者を
決定していくことになる。
汚染の確認と同時に乗船及び擬知体の機も大幅に制限されるため、
コミュニケーションは対面の上、口頭で行うべきである。
これにより汚染者の偽装を看破することが望まれる。

また、汚染が確認されると同時に、
乗船の系は擬知体により変更される。
変更先は現在の船内資で到達可
最もシュリンプ移動回数の多い系となる。
リスク評価がゼロに至らない状態で系へのシュリンプ移動が行われた場合
圧縮自爆が実行されることとなる。
言うまでもく、系における汚染拡大を防ぐためである。
壊滅後、今なお人類全体の脅威として残るアマネージ、ハンダン系を見る限り
圧縮自爆による浄化が不可避のプロセスとして定されていることは
妥当と言わざるを得ない。

リスク評価がゼロに達したか否かはシュリンプ移動了のタイミングで、
乗船の擬知体によって判定通知される。
(なお現在、全ての星間飛行船には汚染判定、
的地定および航法関連アクセスの強制ブロック
圧縮自爆等の対グノーシア機実装が義務づけられている)

グノーシアとは、プチデポットが開発したアドベンチャーゲームである。
一人プレイ用の人狼ゲームと呼ばれる。CERO:B

概要

人狼ゲームSF要素を組み入れたADV

PSVita版が2019年6月20日Nintendo Switch版が2020年4月30日にそれぞれ発売。2020年12月17日にはパッケージ版も発売された。

未知の怪物グノーシアが闊歩する船内を舞台議論投票を重ね、個性的な登場人物たちとの騙し合いを楽しむループモノ。

3000円未満と低価格ながら高い完成度を誇り、Vitaプレイヤーからの口コミも相まってヒットを飛ばしている。ファミ通クロスレビュープラチナ殿堂入り作品。

なおサウンドトラックメビウスオンラインストア及びゲームショップ1983で発売中。劇中のBGM及びSEが網羅されている。

導入

主人公を覚ますとそこは人に化けたモンスター“グノーシア”がび込んだ宇宙船だった。
グノーシアはをつく。人間のふりをして近づき、騙し、消し去っていく――。
乗員と共に議論を重ね、疑わしきものはコールドスリープにする。
決着がついたのも束の間、時間が巻き戻り乗員の顔ぶれも変わっていた。
この現は何なのか?主人公たちは論戦を重ねていくしかない。

システム

議論&投票をし“人を消滅させる存在”グノーシアをあぶりだしていく一人用推理ゲーム
一回の議論は5ターン制。発言はコマンドを選んで行う。議論パートが終わった後は自室でステータス(後述)のレベルアップや他の乗員と会話し信頼関係を築いたりできる。

発言し過ぎるといらない注を集め、かといって言を貫いても疑われるため、適度に自分の意見を発信していったほうがよい。同票の者がでた際は決選投票に移る。
その回のグノーシア全員コールドスリープできれば人間側の勝ち、
活動しているグノーシアの数が残った人間の数と同数になればグノーシア側の勝ちである。

つまりは人狼ゲームとほぼ同じであるが、現実人狼ゲームとは異なる部分や制限されているルールもある。(例:プレイヤーの役職持ちの際、名乗り出ないとペナルティが発生する、など)

またこのゲーム独自の要素として「カリスマ」や「演技」などのステータスの要素がある。
1ゲームごとにプレイヤーには経験値が入り、それを各に割り振って自由に伸ばすことが可経験値は負けても多少は入手できるため、議論が苦手なプレイヤーでもステータスを伸ばすことにより「相手の発言を見抜ける」「投票されにくくなる」などの恩恵にあずかれる。

さらに、ステータスを高め、乗員との交流を深めていくと「スキル」を獲得でき、議論で選択できるコマンドが増える。
スキルは「かと協関係を結べる」「自分の意見に皆を同意させる」「疑われた際にかばってもらいやすくなる」「論理的ミスを確実に摘する」など、強なものばかり。自分以外のキャラクターゲームを重ねるにつれスキルを習得し、ゲーム終盤はスキルが飛び交う「人狼バトル」となることもある。

また、登場するキャラクター達にはそれぞれ生い立ちや思想など細かい設定が付与され、キャラクターゲームとしての側面も持ち合わせている。場合によっては恋愛ゲームのような展開になることも(※こういう展開が嫌な人用の設定もあるので、事前に避けることも可

ある程度ループ回数を重ねると初期設定で様々な条件を決められるようになる。ただしこのゲームエンディングを迎えるには「勝ち続ける事」ではなく情報を集め、全ての必要事項を埋める事」められるため、時には敗北したり、あえて不利な行動をとったりすることもしなくてはいけない。

もちろん普通人狼シミュレーターとしても遊べるため、議論の進め方や推理の組み立て方を考えて勝利し続けるのもアリである。通常の人狼ゲームをやり慣れている人には物足りない部分もあるが、人狼ゲームに慣れていないorやったことはないが興味がある人に、特におすすめできるゲームである。

役割

  • 乗員
    特殊なを持たない者。いわゆる「村人」。
  • エンジニア
    定した相手がグノーシアかどうか見極められる。いわゆる「占い師」。またバグを調した場合は消滅させられる。
  • ドクター
    前回コールドスリープさせたものが本当にグノーシアかどうか診断できる。いわゆる「霊媒師」。ちなみに対バグだった場合、調結果は人間と出る。
  • 守護天使
    定したキャラクターを一回守れる、いわゆる「狩人」や「騎士」にあたる職。自分は定できないが、同じ人物を連続して守護するのは可
  • グノーシア
    間転移の際、時を止め人間を一人消滅させられる。つまりは「人狼」である。何人いるかはその時々で変化する。またバグは消滅させられない。
  • 留守番
    前回の寄港時に船外に出なかった者。二人存在。留守番偽物が現れないのでグノーシアやバグAC義者ではないという確を得れる。人狼では「共有者」「双子」などと呼ばれる。
  • AC義者
    アンチ・コズミック義者の略。異グノースを崇める「狂人」。
    グノーシアに消滅させてもらえれば真実世界に行けると信じているため場を積極的にかき回す。
  • バグ
    第三勢人狼ゲームでいうところの「妖狐」である。人間とグノーシア、どちらかが勝って生き残ってもそれらの勝利効化・自身が勝利できる。エンジニアに調べられると消滅するがグノーシアの標的になっても消滅しない。

用語

  • グノーシア
    グノースに汚染された怪物人間消失させるのは「そういう存在」だから。
    今まで人との交渉が成功した事例は報告されていない。見た人間と変わらないが、思考は「人間を消したい」という欲求が過度に強くなる。また、汚染体によっては極度の加虐傾向を示したり人間を利用して動物的本を満たそうとするケースもあるようだ。系によってはグノーシアに同情的な意見を言うだけで処罰されるほど忌み嫌われている。
  • コールドスリープ
    議論でグノーシアだと判断された場合にはコールドスリープで強制的に睡眠状態にさせられる。この世界では厳格に決められたグノーシア対処法のひとつであり、劇中でセツからその内容がられる。
    決選投票でも決着がつかず複数人が対に選ばれることもある。眠りにつく直前は一寒いらしい。
  • LeVi
    主人公たちが乗っている宇宙船を管理している”擬知体”。船内アナウンスにて案内や説明をしてくれる。基本的に礼儀正しい口調だが、場合によっては実行使に出ることもあるようだ。

  • を放つ、の丸い物体(サントラの曲名から判断すると、色はらしい)。ループで経験した事が刻まれている。所有者が出そうと念じることで出せる。保有者の記憶を共有出来たりもする。
  • 汎(はん)
    的に男女としての機を取り除いた第三のセクシャリティー。
    ゲーム開始時に主人公の性別に選択すると特定キャラクターとの恋愛イベントが発生しなくなる。

登場キャラクター

主人公
プレイヤー自身。性別・名前共にプレイヤーが設定可
記憶喪失状態で覚め、奇妙なループに巻き込まれていく。
セツと同じくループ時の記憶を引き継いでいる。

セツ
識別年齢18歳。汎。第52基地出身。一人称は「私」。

黄緑クリップ二つで分けている。主人公に対して気さくに接する、パートナー的な存在。
ループに言及したり主人公と自分をべ「先輩」と自称するなどループ熟練者。

主人公と二人きりの時、自分がグノーシアの役割だった際はそのことをなく明かすなど達観しており、この宇宙を解き明かすことに執着している。議論に関するステータスは高めだが、そのためかステルス値が低く、グノーシアに襲われやすい。

名前の由来は、キリスト教グノーシスグノーシス主義での「悟りへと人々を導く者」から。  

ジナ
識別年齢21歳。女。地球出身。一人称は「私」。

紫髪な航宙管制官。をつくことに非常にためらいを持っており、それが原因で意外な行動をとることもある。和食好き。 

ステータスなためよく序盤で凍結される。だが、本人の自覚していないところで、あるステータスが伸びやすくなっている。

余談だが、開発者の一人に深刻なまでのジナ好きがおり、イベントで販売されたジナの色を「も買わないように値段を釣り上げよう」と提案したという、のような本当の話がある(もちろん却下された)。

SQ
識別年齢24歳。女。リ・リウ小惑星帯出身。一人称は「SQちゃん」、まれに「アタシ」。

の下にマークが描かれている(グノーシアのときはドクロマーク)。朱色で、ハロウィン魔女コスプレのようなに身を包んだ快楽義者。語尾に「NE」「ZE」「DEATH」をつけることが多い。
美容に気を使っている。パッケージ変しているのはこの方。
議論感情論MAXで、仲良くしていても突然手を切られることもある、思考を読むのが難しいキャラである。演技も高いため、がバレにくい。

名前の由来は劇中で明らかになるが、元々は「サキュバス」をイメージした名前とのこと。

キオ
識別年齢18歳。汎。グリーゼ船団国家出身。一人称は「」。

中性的な顔立ちと極色の羽飾りややかな化粧が特徴的。まるで雄の孔雀のようなイメージさせる。「~なンだろう?」といった特徴のある言葉遣いをする。

ロジック至上義で、議論には一切の感情を持ち込まない。憎まれ口を叩きながらであるが、主人公議論での注意点を教えてくれるという一面もある。その一方でかわいげ値がほとんどく、尊大な態度ゆえに皆からのヘイトを一身に集めやすく、論理的思考に優れながらも、識別年齢通り精的には幼い面もある。
意外に演技もあり、グノーシアやAC義者だった場合、騙りに出ることが多い。終盤になるにつれ、論理明らかになっていくため非常に心強い味方になる。しかし、敵をして自滅するというロジック狂いの狂人と化すことも…。
魂は汎ではあるがまだ手術を受けていないためおちんちん性器はついたままであり、喉もある。

名前の由来は、エスペラント語で知性や理性を意味する"racio"から。ちなみにキャラ設定をしたことりさんく、1番の美形と思って描いているとのこと。

ステラ
識別年齢26歳。女。出身地非開。一人称は「わたし」。

緑髪ショートにした女性。船内の管理を任されている。
おっとりとした優しい性格で、すべての乗員の名を「様」付けするなど、従者のような物をしている。グノーシア化した際にはアへ顔通常とかなり違った表情を見せる。

ステータスロジック寄りの万、といったところ。プレイヤーの性別が男だと、劇中の序盤で唐突にアタックされる。

名前の由来は、ラテン語の「」から。

しげみち
識別年齢88歳。男。惑星シャングン出身。一人称は「オレ」。

グレイそのものの見たをした出オチ宇宙人いささか残念な性格だが、愛すべきバカというようなムードメーカー塩分濃度を測れる光線銃携帯している。
が下手で、エンジニアなどを騙ってもすぐにバレる。しかし、気さくで仲間思いな気質を反映して、カリスマステルスの値が高い。

開発スタッフによるとモデルがいる…らしい。

シピ
識別年齢25歳。男。惑星ハンス出身。一人称は「」。

が大好きな飄々とした青年。首にかけた黒猫とは正に一心同体。
に絡むことでなければ、非常におおらかで明正大な好人物。ステータスも高めで、特に直感に優れる。

名前の由来は「名前でよくつけられる名前」で、フランス語で「おてんば」の意(シピはフランス系の血が入ってる設定とのこと)。ちなみに「シピ」という名前は本名ではなく本人が名乗ってる名前、だそうだ。

コメット
識別年齢16歳。女。惑星ヴォーモ出身。一人称は「」。

体中に波紋状のタトゥーのようなものが走り、スライム的な質感の半透明の被り物をつけた、踊り子を思わせる貌のワイルドガール(故郷の環境のせいもあるが)尻尾をいじると飛行形態に移行すると思っている、言葉を知らないため言い間違いが多い、などから分かるように、アホの子論理的なことは全くの苦手。自分を偽るのも下手なようだ。

しかし、直感は非常に鋭く、に気づきやすい。主人公にも、をついた乗員をよく教えてくれる。

名前の由来は「見た金魚っぽい」ということで金魚の品種から。

ジョナス
識別年齢33歳。男。地球出身。一人称は「私」。

西部劇に出てきそうな格好の、を生やした男。芝居がかった言動はつかみどころがなく、その意図も読みにくい。

言動はかなり気まぐれで、その行動大迷惑イベントを引き起こすことも。
ステータスは全体的に高めなのだが、前述のうさんくさい性格から、それが活かされないことも多い

ククルシカ
識別年齢15歳。女。出身地不明。一人称し。

物言わぬ少女だが、身振り手振りで他人に意思を伝えられる。ボルシチとか。
可憐な容姿だが、ループによってはその印が覆ることも。
SQと同じく、感情論者。かわいげ値と演技の高さから、グノーシア化した際には凍らせにくい難敵となる。

名前の由来は、ロシア語で「お人形ちゃん」というような意味。

オト
識別年齢7歳。女。海洋惑星ナダ出身。一人称は「あたし」。

全身をが大量に入ったボディスーツに包んだイルカ普通に人を話し、カートのような乗り物を使って移動する。
グノーシアさえも「さん」付けするなど、名前通りの乙女な性格。

ロジックの数値がそこそこ高いが(ラキオく、しげみちやコメットより知的とのこと)、どちらかというと全員等に優しくしようとする。

沙明
識別年齢21歳。男。惑星アースラ出身。読みは「シャーミン」。一人称は「」。

ジャケットクロップパンツメガネ男子。軽薄な口調で、かなりクセのある英語を多用する。
あいさつ代わりにキスを要する、際どいネタを口にするなど挑発的でセクハラまがいな態度が立つ。セツからは苦手意識を持たれており、場合によっては始まる前から終わっている。
生き残るためなら何でもする、という性質からステルス値が非常に高く、襲撃のターゲットになりづらい。必殺技持ち。

名前の由来は、漢字名前にしよう→中国系の名前にしようという意図から。漫画家の沙村広明氏っぽい名前になったため、このキャラは(氏の画のような)エログロ担当にしよう、という流れになったらしい。なお、グロは(たぶん)ないのでご安心を。

レムナン
識別年齢19歳。男。カナン579出身。一人称は「」。

白髪の口下手な青年。常に何かにおびえているような、臆病で控えめな性格。特に、ある乗員?を避けたがっているらしい。

直感に優れ、議論に関するステータスそれなりにありつつも、カリスマ値が低いため発言内容が弱くなりがち。執念深く、敵とみなした相手に投票し続けることもある。
主人公とは友好度が低い状態でスタートするので、辛抱強く交を深めていきたい。

名前の由来は「レムナント」から、とのこと(ことり氏のツイッターよりexit)。何の単かは不明だが、英語での意味は「残存物」、キリスト教聖書においては「残された人々」を意味する。

夕里子
識別年齢19歳。女。出身地不明。自分をすときは「この身」と言う事が多い。

黒髪ロングカチューシャをかけたミステリアスガール。言葉遣いは丁寧ながら、女王様の如き威圧感で接してくる。
セツく「敵に回しても味方でも怖い存在」。不利と見れば、味方であっても切り捨てる。
ステルス値を除き全体的に高ステータス、かつ強スキルを所持しており、並のステータス彼女に立ち向かうのは謀と言える。ややヘイトを集めやすいのが弱
、展望ラウンジにいるときに会うと値を振り直してくれる(※プレイヤーバグである必要がある)。
Switch版では値を振り直してくれる他にイベントチルを見せてくれるようになった。

名前の由来は、スタッフく「漢字が使いたかった」「百合イメージ」とのこと。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/29(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/29(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP