「負けたことがある」というのが いつか大きな財産になる 単語

マケタコトガアルトイウノガイツカオオキナザイサントナル

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「負けたことがある」というのが いつか大きな財産になるとは、漫画『SLAM DUNK』のセリフである。ジャンプコミックス31巻に収録されている最終話湘北高校バスケットボール部」で登場する。

概要

インターハイ

シード校として出場した三連覇中の絶対王者・山王工業は、この大会の初戦の相手・湘北高校を相手に思わぬ大苦戦を強いられていた。

死闘となった試合の終盤、キャプテンである深の絶妙なパスからエース・沢北が一時逆転となるシュートを決めるも、直後、カウンターで、既に限界を迎えているハズの桜木花道にブザービーターを決められ、試合終了。

歓喜に湧く湘北高校の関係者をよそに、山王の選手たちは静かにコートを去る。

そんな彼らに対し、この試合で負けるなどとは微も思っていなかった山王の監督堂本五郎は、『はいあがろう 「負けたことがある」というのが いつか大きな財産になる』と言葉をかける。

受け入れがたい結果を受け入れ、これを糧にさらなる成長を促す格言として名高い。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/17(水) 01:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/17(水) 00:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP