ラフ画単語

ラフガ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラフ画とは、手書きで簡単に描かれたスケッチ下書きである。

ラフスケッチ」や単に「ラフ」とも呼ばれる。

概要

イラストの大まかなイメージを元に描かれる簡略化された絵。
端的に言えば「こんな感じで描いて」「こんな感じで描きたい」「こんなんどう?」と伝えるもの。

に時間の節約や完成品のバランスを掴むため、漫画家が編集に案として提出するために描かれる
絵の設計図的な役割を担っている。

ラフ(設計) → アタリ → 下書き → 清書/調整 → 完成

差が激しい

必ずしもそのラフ画から下書き完成品に繋がる訳ではないが
アタリ同然の大雑把な図であったり、かなり書き込んだ味のある一枚絵レベルのものも。
複数のラフイメージアイデアを出し、良いものを採用する場合もある。

細部への詳細・説明書きを付与するなど、設定資料のようになっている場合もある。

ファンサービスとして、単行本のおまけ公式ガイブックに付属している場合もある。
周囲には没となったラフ画が並んでいる場合もある。

発注側・編集側から「こんな感じにしてくれない?」と出す場合もある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/28(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/28(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP