今注目のニュース
『スプラトゥーン』の“ボーイ”のフィギュア2体セットが予約開始! “スプラシューター”や“ジャッジくん”も付属
糖質オフ弁当で夫婦そろって10kg減に成功。その中身とは?
クロちゃん、アイドル候補生たちと“合宿”実施も「公私混同」の声 ファーストサマーウイカも「洗脳に近い」と指摘

中村剛也単語

ナカムラタケヤ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(120)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中村剛也(なかむら たけや、1983年8月15日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手内野手)である。現在埼玉西武ライオンズに所属。

概要

ポジション内野手三塁手、たまに一塁手を守る。妻は元タレント村上麻里恵。

高校時代は大阪桐蔭高校の4番打者として活躍、高校時代の通算本塁打83本は中田翔大島裕行についで当時史上3位だった。2001年ドラフト2巡西武ライオンズに入団した。背番号60

西武時代

2005年セ・パ交流戦日本生命賞を獲得した頃からファンの注が集まるようになる。その後、やや伸び悩みもあったが2008年に46本塁打を放ち本塁打王を獲得。


2009年は自己最多の48本塁打を放ち、2年連続の本塁打王と、初めて打点を獲得。4番打者の位置を不動のものとした。


2010年は負傷もあり86試合に留まるが、9月爆発150本塁打を達成。


2011年は全試合に出場し、統一球の影ホームランの数が減少する選手が多い中で、自己最多タイ48本塁打を放ち、本塁打王を獲得。この年の千葉ロッテマリーンズチーム本塁打数46本を上回った。


2012年には、バットの規格変更に苦しみ、開幕から大スランプに陥った。交流戦から徐々に新バットにも慣れたが、阪神タイガース戦で左肩を故障する。その後は左膝も痛めるなど満身創痍の状況が続いたが、終わってみれば27本と昨年の48本よりは大幅に減ったが、見事2年連続の本塁打王を獲得した。オフには左膝を手術。リハビリに6ヶを要することとなった。


2013年は左肩の故障でさらに復帰予定が遅くなり、26試合の出場に終わった。


2014年も故障で出遅れたが、復帰後はホームランを量産。6月13日広島東洋カープ戦で通算250本塁打を達成した。その後チームメイトエルネスト・メヒアと共に2012年以来の本塁打王を達成した。


2015年は3年ぶりに開幕を一軍で迎え、久々三塁手を守るようになった。7月24日北海道日本ハムファイターズ戦の4回裏に大谷翔平からホームランを放ち、通算300本塁打1000安打を同時に達成した。さらに5回裏に満塁ホームランを放ち、王貞治の持つ通算満塁本塁打記録(15本)に並んだ。8月9日オリックス・バファローズ戦で16本満塁ホームランを放ち、日本記録を更新した。オフWBSCプレミア12日本代表に選出された。


2016年は左股関節の故障などで不振に陥り、108試合の出場で21本塁打に終わった。


2017年7月19日福岡ソフトバンクホークス戦で通算350本塁打を達成。りで二軍に降格した以外は一軍に帯同。しかし打撃成績は去年とあまり変わらず、4番の座も山川穂高に担われる。規定打席に到達したが27本塁打に終わり、規定打席に到達すれば本塁打王を取れるという神話は終わった。


2018年は開幕を一軍で迎えたが、打率1割でホームランも出ない打撃不振に陥り、4月21日ロッテ戦の守備で左肩を負傷し戦線離脱。6月に復帰し、6月9日読売ジャイアンツ戦でようやくシーズンホームランを放った。7月に入ってから本来の打撃を取り戻し、8月は12本塁打を放ち、自身2度MVPを受賞。その後もホームランを飛ばし、10年ぶりのリーグ優勝に貢献した。オフ11月8日海外FA権を行使した上で西武に残留した。


2019年は開幕後は8番を担当していたが、5月からは6番か5番を担当する。6月14日東京ヤクルトスワローズ戦では自身が持つ満塁ホームラン記録を18本に更新する。6月19日中日ドラゴンズ戦で交流戦通算200打点を達成。7月19日オリックス戦では通算400本塁打サヨナラホームランで達成した。8月中旬からは山川穂高の不振により、4番を担当。来た球をシンプルに打つというスタイルに変わって打点を荒稼ぎし、3年ぶりの30本塁打と自身3度120打点を記録。西武の2連覇に貢献した。2015年以来4年ぶりに打点王のタイトルを獲得した。

プレースタイル

巧みなバットコントロールやパワフルな打撃、頭部に死球を受けても翌日普通にスタメン出場するなどかなりのタフガイである。見たの体によらず、足はそれなりに速い(高校時代は大阪桐蔭後輩西岡剛より速かった)。

人物・その他

応援歌

球団 レス No プレイヤー
西武 応援歌のピコカキコ一覧#1054 12310
12310

成績

年度別打撃成績









































2003年 西武 4 14 12 0 2 1 0 0 2 1 0 0 2 0 6 1 .167 .286
2004年 28 37 33 8 9 1 0 2 5 0 0 0 2 2 10 1 .273 .351
2005年 80 259 237 40 62 13 1 22 57 0 0 1 16 5 62 7 .262 .320
2006年 100 323 283 47 78 16 0 9 29 4 3 0 29 8 78 9 .276 .359
2007年 98 267 226 29 52 16 0 7 32 2 11 1 22 7 71 3 .230 .316
2008年 143 590 524 90 128 24 4 46 101 2 3 3 53 7 162 10 .244 .320
2009年 128 562 501 91 143 37 1 48 122 3 0 2 52 7 154 8 .285 .359
2010年 85 354 304 50 71 14 2 25 57 1 0 3 44 3 111 7 .234 .333
2011年 144 622 525 97 141 30 0 48 116 4 0 6 79 12 134 15 .269 .373
2012年 123 498 432 54 100 16 1 27 79 2 0 1 56 9 125 11 .231 .331
2013年 26 114 96 8 20 2 0 4 15 0 0 2 16 0 38 1 .208 .316
2014年 111 466 382 68 98 19 1 34 90 0 0 3 79 2 124 13 .257 .384
2015年 139 599 521 82 145 35 0 38 124 1 0 3 68 7 172 12 .278 .367
2016年 108 432 387 45 92 14 2 21 61 2 0 2 40 3 125 9 .238 .313
2017年 115 486 415 69 90 14 0 27 79 1 0 6 61 4 118 2 .217 .319
2018年 97 392 355 53 94 14 1 28 74 1 0 2 33 2 112 11 .265 .329
2019年 135 557 496 69 142 30 0 30 123 2 0 3 54 4 123 12 .286 .359
NPB:16年 1664 6015 5729 900 1467 296 13 415 1166 26 17 38 706 82 1725 130 .256 .344

通算守備成績

機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
NPB 一塁手 176 1063 59 12 87 .989
三塁手 1167 683 1883 127 153 .953

タイトル・表彰・その他

タイトル
本塁打王 6回 2008年2009年2011年2012年2014年2015年
打点 4回 2009年2011年2015年2019年
ベストナイン 4回 2008年2009年2011年2012年
JA全農Go・Go賞 1回 2005年
オールスターゲームMVP 1回 2011年第2戦
セ・パ交流戦優秀選手賞 1回 2005年
MVP 2回 2015年7月2018年8月
その他
オールスターゲーム出場 7回 2008年-2012年2014年2015年

記録

初出場 2003年9月28日 日本ハムファイターズ28回戦 東京ドーム
安打
打点
日本ハムファイターズ28回戦 カルロスミラバルから
盗塁 2003年10月1日 対千オリックス・ブルーウェーブ28回戦 窪田から Yahoo!BBスタジアム
本塁打 2004年7月24日 大阪近鉄バファローズ18回戦 山村宏樹から 西武ドーム
100本塁打 2009年5月23日 オリックス・バファローズ8回戦 山本省吾から スカイマークスタジアム
150本塁打 2010年9月4日 東北楽天ゴールデンイーグルス20回戦 川井貴志から クリネックスタジアム宮城
200本塁打 2011年9月19日 北海道日本ハムファイターズ18回戦 ブライアン・ウルフから 西武ドーム
セ・パ交流戦
50本塁打
2012年6月10日 東京ヤクルトスワローズ3回戦 トニー・バーネットから 明治神宮球場
250本塁打 2014年6月13日 広島東洋カープ4回戦 中崎翔太から 西武ドーム
1000安打
300本塁打
2015年7月24日 北海道日本ハムファイターズ14回戦 大谷翔平から 西武プリンスドーム
350本塁打 2017年7月19日 福岡ソフトバンクホークス15回戦 リバン・モイネロから 北九州市民球場
1000打点 2018年8月7日 オリックス・バファローズ15回戦 アンドリュー・アルバースから 京セラドーム大阪
400本塁打 2019年7月19日 オリックス・バファローズ 13回戦 増井浩俊から メットライフドーム

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 118ななしのよっしん

    2019/09/21(土) 17:42:01 ID: h/tAdjwhwB

    若手の頃は長打は凄まじいが三振多い、チャンスにもやや弱いって感じだった記憶。>>112が言うように売出し中はフリースインガーだったね。ケガもやや多かった。
    ホームランの当たり損ねがホームラン」だったか?つまり当たり損ねでもスタンドインできるくらいの意識なのを聞くと天才肌に聞こえるが、クレバーバッターに成長したんだなと。若手の頃より余程恐ろしい存在になったよね

  • 119ななしのよっしん

    2019/09/29(日) 00:31:23 ID: 3USdd9zHAu

    36歳で打ち方を状況で使い分けの方針に変えたと言うのに打点王確定、打率キャリアハイホームランはしっかり30本台到達、満塁で強すぎ、盗塁2回決めて走塁センスの良さも健在&アピール……見たの可さとのギャップがえげつなさ過ぎる。

    球団は絶対におかわり栗山手放すなよ!

  • 120ななしのよっしん

    2019/09/29(日) 21:37:57 ID: ZonbX0kLVY

    おかわり君の高いバッティング技術をコーチとして伝授させたい需要が高いだろうからなぁ。
    度重なるエースの流出が俺達誕生の大きな要因になったのを考えると引退後も手厚くしないとアカンよ。

    それはそうと打者3タイトルを合計10回獲得したのは歴代5位タイの記録であり、
    そのメンバー全員殿堂入りしてるので現時点でも文句なしのレジェンドと言える。
    願わくば現役を続ける上で2000本よりも500本達成を標にして欲しいですね。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/15(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/15(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP