今注目のニュース
電車が遅れてもイライラしない、ヨーロッパ人に学ぶ“ストレスを生まない方法”
本音がおでこに文字で出てくる不思議な女の子のラブコメ漫画 秀逸なオチに「ハッとした」
乃木坂46・秋元真夏、グループ内でのパワハラを告白 山里「マジでハラスメントじゃん」

GIRLS BE NEXT STEP単語

ガールズビーネクストステップ

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

GIRLS BE NEXT STEPとは、ソーシャルゲームアイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するアイドルユニットである。

前身であるユニット「GIRLS BE」についても本項で記述する。

概要

シンデレラガールズ』内に登場するアイドル4人によって結成されたユニットメンバー関裕美松尾千鶴白菊ほたる岡崎泰葉の4人。前身である「GIRLS BE」は泰葉を除く3人のユニットであった。

それぞれ心にがあったり影があったりする、決して前向きな性格ではなかった4人のユニットだが、アイドル活動に向き合う中で、す夢に少しづつ近づいていく。
少女たちは次のステップへ」というユニット名がよく似合うユニットである。主人公感あるよな。

略称頭文字を取った「GBNS」やGIRLS BE時代から使われていた「ガルズビ」が使われることが多い。
ガルネク」と略すと偶然の確率ゼロじゃないと今なら言えそうな音楽ユニットと混ざる。
本記事ではGIRLS BEはそのまま、NEXT STEPGBNSと略称で表記する。

前身の「GIRLS BE」

先述の通り、GBNSから泰葉を除いた3人で結成されたユニット

メンバーのうちか2人が関わったイベントカードはそれ以前にも何度か存在した。有名どころだと裕美、ほたるの2人に、2人以上に自信がない森久保乃々を加えたユニットワンステップス」がある。
ちなみに、このユニット名と後のGBNSの「NEXT STEP」をクロスさせ、GBNSに々を加えたユニット「GIRLS BE ワンモアステップス」という非公式ユニットも存在する。

GIRLS BEが登場したのは2015年9月に開催されたゲームイベント『第15回ドリームLIVEフェスティバル』第1ラウンドでのこと。ライバルユニットとして、3人が手を取り合ってたどたどしくもしっかり前を向き、プレイヤーPとのライブバトルに挑む。敗れてもくじけずに再び立ち上がろうとする強さも見せてくれた。

その後丸1年ユニット活動がなかったが、2016年9月17日に突如ゲーム内の漫画シンデレラガールズ劇場』の第772話でGIRLS BEの3人と泰葉(当時はGBNS結成前だった)が登場。泰葉の新Rカードをフィーチャーした劇場でGIRLS BEがうとは、さしもの担当Pたちも予想していなかったようである。
劇場内ではGIRLS BEと泰葉の4人がオフに遊びに行く相談をするが、こういう状況に慣れていないGIRLS BEの3人はいまいち決めきれず結局泰葉センパイを頼ってしまう、という微笑ましい様子が描かれた。
この中で泰葉はGIRLS BEについてアイドルの時はみんな結構堂々としてるのに」と不思議がっており、芸歴の長い泰葉から見ても3人は堂々とアイドルできているようである。
この登場を機に、GIRLS BE及びGBNSは怒涛の勢いで活動を展開する。

劇場への登場から僅か1週間後の9月24日、開催中だったイベントアイドルLIVEロワイヤル お見SP』第4ラウンドにて「月夜の歌詠み GIRLS BE編」としてライバルユニットに登場。
このイベントの特徴としてライバルユニットが「」を題材に短歌を詠む催しがあり、GIRLS BEも参加。
ほたるが最初の五・七・五で「曇らずに に出会えた 幸せを」と詠み、次の七で裕美が「あなたと共に」と返す。最後の七もほたるが担当し、ユニットの勝敗によって2パターンに分かれる。負けた場合は「覚えていたい」、勝った場合は「わかちあいたい」となる。
ちなみに千鶴は特技の書道を活かし、2人が詠んだ短歌の書き留めを担当した。流よのう。

「GIRLS BE NEXT STEP」結成

GBNSが初めて結成されたのは、上記の「月夜の歌詠み」からまたも僅か1週間後の10月1日、開催中だったイベント『第24回ドリームLIVEフェスティバル』第2ラウンドのこと。GIRLS BE結成からちょうど1年後であった。当時はライバルユニットが3人までしか表示できない仕様だったので、泰葉入れ替わり千鶴が抜けていた。泰葉はこのイベントでGIRLS BEと初めて同じステージに立ったが、2週間前の劇場もあってか、当初から仲間としてすんなり受け入れられている。

次の登場は翌11月26日の『第20アイドルLIVEロワイヤル』第6ラウンド。まさかの3か連続でイベント登場である。やはりライバルユニットは3人しか表示できない仕様なので、今度は千鶴が入り裕美が抜けた。結果、髪型ショートった。千鶴泰葉のことを「もういつもの仲間と話しており、それぞれに確かな信頼関係が築かれているようである。

そして2017年3月10日、『第22アイドルLIVEロワイヤル』第2ラウンド。
仕様変更でライバルユニットが1度に5人まで登場できるようになり、ついにGBNSが4人っての登場を果たした。GIRLS BEとして初登場したころのたどたどしさも抜け、4人でしっかりと前を向いて進んでいる様子が描かれた。また、ほたる泰葉ちゃん」と呼ぶなど、お互いの距離感も非常に縮まっているようである。

同年6月21日、『シンデレラガールズ劇場』第920話にてGBNSが再びって登場。今回は千鶴の新Rカードをフィーチャーした劇場ということで、千鶴以外のメンバーは最後のコマのみの登場である。
場面は第722話の続きなのか、GBNSの4人がオフにお出かけするお話。相変わらず微笑ましい。
千鶴事前の準備をバッチリにして満足してしまい、裕美に「今から出かけるんだよ」と突っ込まれている。意外と千鶴ボケなのだろうか。

12月11日シンデレラガールズ6周年を記念してゲーム内で開催されたアンケート企画の結果発表が行われ、「好きなユニットランキングGBNSが24位にランクインした。ボイス実装アイドルが所属するユニットとしてはフリルドスクエアブルーナポレオンにゃんにゃんにゃんに次ぐ順位である。裕美のボイス実装も含め、GBNSの大躍進徴するような順位となった。

明けて2018年2月14日、前年に追加された新機リフレッシュルーム」にてGBNS回「GIRLS BE NEXT チョコレート♪」が開。お互いにチョコレート手作りして交換するという、バレンタイン当日にぴったりのお話である。4人のエプロン姿、それぞれのチョコに込められた思い、千鶴チョコの出来に驚く3人など見どころ満載。やっぱり微笑ましい。

非常に勢いのあるGBNS。今後の活躍がますます期待できる。

ダイスDEシンデレラ♪

2014年エイプリルフールで限定実装され、2015年に恒常のミニゲームとしてゲーム内に設置された『ダイスDEシンデレラ♪』。毎1人ずつアイドルゲーム内のキャラクターとして増えていくのだが、2016年12月泰葉を皮切りに、GBNSの4人が相次いで実装された。1月ほたる3月千鶴4月に裕美である。なお、キャラクター追加には属性サイクルがあり、2月Paの番だがGBNSにPaはいないので片桐早苗実装された。まあ、警察官からアイドルになった早苗さんある意味NEXT STEPを踏み出したと言えなくもないかも。

GBNSの4人はそれぞれ四大精霊モチーフとしたキャラクターという繋がりがある。
泰葉精霊シルフほたる水の精霊ウンディーネ千鶴が土の精霊ノーム、裕美が火の精霊サラマンダーである。キャラデザも4人ともツノが生えていて、なんとなく統一感がある。
キャラが所持する特技も各自2つずつ効果を発動でき、それぞれの効果がメンバーか1人と対応している。つまり、メンバー内に同じ効果を発動できるアイドルが必ずもう1人いる。

なんというかもう、狙いすぎだよ運営マジありがとう。

関連動画

劇場に登場。0:33から。

合作もある

デレステではもちろん踊る

関連商品

GIRLS BE NEXT STEPに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

GIRLS BE NEXT STEPに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP