光収容単語

ヒカリシュウヨウ

もしかして → 光収容の倉庫

光収容とは、自宅とNTTとの通信経路がケーブルで結ばれていることである。

概要

これまで、NTTの交換局から自宅(加入者宅)までの間はメタル線という金属の電線で接続していた。

2000年頃から、NTTが新設工事をする際は全てファイバのケーブルを使い始めており、電話の音インターネットの通信データは、マルチプレクサと呼ばれる装置で1つにまとめられ、ケーブルを通ってNTTの交換局へ向かう。これは一戸建ても集合住宅や商業ビルでも同じである。光収容の由来は「光」ケーブルをそのまま交換機へ「収容」するところからきている。

1戸の通信ケーブルを1本のケーブルにまとめられるため、NTTにとっては費用削減、加入者にとってはブロードバンド開通までの期間が短縮されるが、一方でBフレッツすら提供が開始されていない地域でも光収容となっている場所があり、ADSLは規格上使うことができないため、ディジタルバイド被害を被る場合もある。(そういった地域ではISDNダイアルアップなどのナローバンドケーブルテレビ提供インターネットを利用することになる)

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%85%89%E5%8F%8E%E5%AE%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

光収容

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 光収容についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード