原子力安全・保安院単語

ゲンシリョクアンゼンホアンイン

原子力安全・保安院とは、資エネルギー庁の特別の機関であった。

概要

東日本大震災3・11)を機に一躍有名となった。
福島原発事故直後の記者会見があまりに酷かったため、その名を捩って「不安院」などと揶揄される。

よく「経済産業省原子力安全・保安院」と表記されるが、実際には資エネルギー庁に置かれる特別の機関であった。

  • 原子力に関する規制の他安全の確保
  • 類の取締り、高圧ガスの保安、鉱山における保安等産業保安の確保

 等が所事務とされていた。

また、急に注度が上がったため、女性問題について週刊誌に報じられた際、
問い合わせが殺到し、長らくスポークスマンを務めていた西山氏(当時経済産業省審議官)は更迭に追い込まれた。

環境省の外局である原子力規制委員会へ移行し、この組織自体は止されている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AE%89%E9%99%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

原子力安全・保安院

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 原子力安全・保安院についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!