百合単語

ユリ
5.0千文字の記事
  • 54
  • 0pt
掲示板へ

百合とは、

  1. 植物名前
  2. 日本人名前
  3. 女性同士の恋愛や強い交関係を描いた創作ジャンル
  4. 一斗、および18リットルに等しい体積。読みはひゃくごう。

この記事ではに3について解説する。

植物としての百合

ユリユリ科ユリ属の多年の総称。学名はLilium(リリウム)、英名はLily(リリー)。
詳細は⇒ユリ

名前に百合のつく人物及びユーザー

※“百合子”と“小百合”は個別記事があるのでそちらを参照

創作ジャンルとしての百合

女性同士の密な関係を描いた創作ジャンル恋愛ものとは限らない。「百合動画」のような使い方をする場合、こちらの意味をすと思ってまず間違いない。

恋愛ものに限定した場合、「GL」(ガールズラブ)とも称される[1]。百合は男性同性愛を題材としたBL(ボーイズラブ)とよく対されるが、女性向けジャンルとされるBLに対し、百合は男女双方に多くの好者がいる事(ただし百合も初期には女性向け色が強かった)、レズビアン当事者にも支持されている事(ゲイ向けジャンルBLは全く異なるジャンルである)、恋愛に至らない関係性を描いた作品も多い事(BLにもブロマンスを描いた作品もあるが)など多くの点で異なり、必ずしもBLと相似的なジャンルという訳ではない。

「百合」の起源

1976年男性同性愛者向け雑誌『薔薇族』誌上に、女性読者投稿を集めた「百合族の部屋」というコーナーが創設されたのが、女性同性愛す意味での「百合」の起である。
編集長の伊藤文學が、女性同性愛者向けの雑誌創刊への足がかりとしてはじめたとっているように、「男性同性愛者=薔薇族」の対として「女性同性愛者=百合族」と命名された。当初は意図に反して男性同性愛者を好む女性投稿が多かった(『薔薇族』読者女性なのだから当然ではある)ものの、1981年4月に「百合族コーナー」としてリニューアルされた頃には、女性同性愛者の意味で定着した。
1980年創刊の「少女のための耽美マガジン」『ALLAN』誌上には女性同士の交際希望欄「百合通信」が設けられ、そこでは「百合族」ではなく「百合」「百合っ気」などの言葉が用いられている。

一方で、戦前の女学校現実女学生の関係として流行し、戦後衰退してからも少女小説少女漫画などの創作作品の中で描かれ続けていった「エス」のイメージが、百合という言葉に吸収されていく。
エスとはsister頭文字であり、少女同士の精的な結びつきを重視した、特別に密な関係のことである。(詳しくは「エス(女学生文化)」の単語記事を参照のこと。)

また、1983年には日活ロマンポルノセーラー服百合族(DVD題:制服百合族)』が大ヒットし、男性向けポルノ作品を通して同性愛者以外にも「女性同性愛者=百合族」が普及する。そのが大きすぎたのか、しばらくは「百合=男性向け女性同性愛ポルノ」という認識が強かった。
しかし、いわゆる「レズもの」AVの認知度が上がると、「百合」よりも「レズ」の方が男性向け女性同性愛ポルノを表す言葉としてのイメージを濃くしていく。

まとめると、現在の「百合」というには、

  1. 女性同性愛者(レズビアン)を表す「百合族」「百合」
  2. エス」の後継としての女性向け「百合」創作ジャンル
  3. レズもの」ポルノとしての、男性向け「百合」創作ジャンル

などのイメージが渾然一体となっており、これが今日の「百合」像の多様性(別の言い方をすれば「百合」像の混乱)にしていると思われる。

百合とレズ

女性同士の密な関係描写を好みながら同性愛が苦手な人は「清純」なイメージのある百合とレズビアンを区別したがる傾向があるが、そういった考え方は同性愛者に対し差別的だという意見も多々ある。また近年は逆に同性愛ニュアンスの付いた「百合」というを嫌い(加えて公式に百合作品とは謳われていない作品を百合認定する「百合厨」への嫌悪から)、「百合」を恋愛ものとしての「ガールズラブ」のみに狭く限定しようとする向きもある。

「百合とレズ」の違いについて百合ファンによく知られたものとして、下記のような定義がある。

私が今まで聞いた中で一番納得した説明は、森島明子先生がおっしゃっていたものですね。「レズは一人でいてもレズ。百合は二人いるのを外部から見て決めるもの。本人たちがどう思っているかはともかく、外部から見てはじめて百合は百合になる」

-天野しゅにんた(『ユリイカ2014年12月号99ページ)

しかし、「百合」と「レズ」という言葉の認識が人によって異なる以上、上記の定義も決定的なものとは言えない(加えて、「レズ」というを使うのが差別的という批判もある)。いずれにしても「百合はこうで、レズはこう」という自分の勝手な定義を他人に押し付けないようにしたい。

オタク界隈における百合の発展

百合のオタクへの浸透のきっかけは「美少女戦士セーラームーン」(1992-1997年)と言われている。同作は天王はるか海王みちる同性愛関係と設定され、2人は「百合界のカリスマ」と呼ばれる絶大なを残した。続いて「少女革命ウテナ」(1997年)は女性同士の耽美的関係をメインテーマに据え[2]、多くの熱狂的なファンを生んだ。さらに「マリア様がみてる」(1997-2012年)は、「スールもの」という学園百合のテンプレ確立[3]し、女性向けジャンルにおいて”百合”という概念が広く知られるようになった。

2003年には初の百合専門漫画雑誌「百合姉妹」(マガジン・マガジン)、2005年には後継誌の「コミック百合姫」(一迅社)が創刊される。同誌連載の漫画作品「百合男子」(2011-2014年)く、百合はボーイズラブべるとマイナーであり、百合市場は小さい。当時は「百合は女性が好むもの」との古典的な考えに囚われていたとの見解もある。ただし、2000年代には既に、伝奇・ロボアクション・百合を融合させた「神無月の巫女」(2004-2005年)、「マリア様がみてる」のフォロワーである「ストロベリー・パニック」(2006年)など、男性向け色の強い作品からもヒット作が出ている。

一方で、2000年代中頃から「魔法少女リリカルなのはシリーズ(2004年-)、「けいおん!」(アニメ版は2009年-)「ラブライブ!シリーズ(2010年-)など、(公式には百合と謳っていない)美少女作品から百合を見出す動きも立つようになった。同時期にはいわゆる萌え4コマ誌として芳文社の「まんがタイムきらら」と系列誌(きらら系)が台頭、「ひだまりスケッチ」(2004年-)、「ゆゆ式」(2008年-)などで描かれる、恋愛未満のゆるい百合テイスト男性ファンに受け入れられ、百合ジャンル男性が大量に流入するきっかけになった。2011年には「コミック百合姫連載作品でありながら「きらら系」に近い日常系の作を持つ(いわゆる「ジェネリックきらら」)ゆるゆり」がアニメ化され、同誌の看コンテンツに成長した(ただし元々はライト層向け姉妹誌であるコミック百合姫S連載作品)。

2010年代に入ると「つぼみ」(2009-2012年,芳文社)や「ひらり、」(2010-2014年,新書館)などアンソロジー(書籍)扱いの百合専門誌が次々と休刊し、百合専門誌は「コミック百合姫」だけになってしまったが、角川系列の一般雑誌において「やがて君になる」(2015-2019年)、「新米姉妹のふたりごはん」(2015年-)などの連載が始まり、いずれもヒットした。それと同時期に「コミック百合姫」の刊化(2017年1月号から)、自主制作コミック誌「ガレット」の創刊(2017年2月)などが重なった。さらにはツイッターなどのSNSで百合漫画話題となり、書籍化されるケースが相次いだ(例として「出会い系サイトと出会う話」「明るい記憶喪失」「同棲生活 私を好きってことでしょ」など)。小説では「安達としまむら」(2013年-)、「私の推しは悪役令嬢。」(2018年-)などがアニメ化され、早川書房SFマガジン2019年2月号の百合特集は同誌初の3刷重版となり、百合への注の高まりを示した。コミック百合姫連載作では「citrus」(2013年-)、「私に天使が舞い降りた!」(2016年-)がヒットした。また、かつては日常系ライトテイストの百合作品がほとんどであった「きらら系」雑誌からも「アネモネは熱を帯びる」(2020年-)など、女性同士の恋愛を正面から描いた作品が輩出されている。

ニコニコ動画での百合

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

ニコニコでの百合カテゴリ

百合その他

百合作品

→「百合作品一覧」を参照。

関連人物

百合を手がける小説家漫画家脚本家、演出など大百科独立記事のある人物)

百合専門誌

脚注

  1. *たみふる『付き合ってあげてもいいかな』はリアリティのある恋愛模様を描くことを意識していることから百合という呼称を避け、「ホンネの女子大生ガールズラブ」と称している。
  2. *少女革命ウテナ原作者の一人でアニメ原画家のさいとうちほは、アニメ放送中は「百合」ではないと否定していたが、アニメ終了後に発行された書籍で「同性愛的な物を肯定できるようになった。」と言っている。
  3. *エス(女学生文化)のリバイバルとしてられることの多い同作だが、実際にはボーイズラブもののアンチテーゼとして創作されたものだといい、作者今野緒雪エスからのを否定している。
  4. *公式では百合設定は存在せず、あくまで二次創作上の設定と解釈するのが一般的である。他の楽しみ方をしているファンも大勢いるコンテンツである為、他のファンの迷惑にならない形で楽しみたい。
  5. *同上。

【スポンサーリンク】

  • 54
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%99%BE%E5%90%88
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

百合

8556 ななしのよっしん
2022/03/16(水) 00:28:24 ID: VYcUYAATyu
百合少女幸せになる義務があります」が反応酷かったのかタイトルキャラ名変わってた
8557 ななしのよっしん
2022/03/16(水) 10:46:28 ID: DaQh3eJLZn
百合作品に男出ただけで発狂する人が百合ガー言ってるの見る度に思うけど、女同士の尊い関係が好きな人と、単に男がいない女だけの間が好きな人は分けてほしいわ
ぶっちゃけこの人達って百合が好きなわけじゃなくて美少女動物園見たいだけでしょ?
8558 ななしのよっしん
2022/03/18(金) 03:58:55 ID: +K3rIEwdKY
>>8557
その2つって別に相反するものじゃなくない?
男がいない女だけの間での女同士の尊い関係も見たい場合もある。

美少女動物園が好きであることが百合好きではないことにはならない。
8559 ななしのよっしん
2022/03/18(金) 16:25:44 ID: DaQh3eJLZn
もちろん百合が好きで、男が全く出ない作品が好きって人はいっぱいいるだろうけど
百合の邪魔にならない男キャラまで排除しようとしてる人のせいで、百合豚全員男嫌いみたいなレッテルられてんのがな…って思った
そこ住み分けられれば百合なのに男出るのかよ騙されたって怒る人も多少減るんじゃない?
8560 ななしのよっしん
2022/03/19(土) 14:56:56 ID: oOsagtNMCJ

>>lv336112332exit_nicolive


8561 ななしのよっしん
2022/03/20(日) 03:04:54 ID: IcI+dgHN7K
美少女百合ガンアクション三部作とかも、邪魔な男に紳士な男、色々出てくるもんな。8割やられ役モブだがw
お気に入りはエル・カザドリカルドだわ。(ヒロインの)「二人は離れちゃいけない」は名言過ぎる。
8562 ななしのよっしん
2022/03/25(金) 02:39:01 ID: +K3rIEwdKY
>>8559
ちょっと性格悪いこと言う。

現状それはどうしようもないけど、そんなレッテル貼ってるのは一部の馬鹿だけだよ。馬鹿だから「〇〇は△△」っていう単純な解釈しかできない。並みの頭があれば世の中を多少カテゴリわけしたところで一枚岩じゃないのがわかる。
で、そういうレッテルを貼るがいたところで百合作品が減るわけでもないし、自分の時間やが奪われるわけでもない。

一番マイナスなのはそいつらによって気分をされること。
ほうってけばこっちには何のマイナスにもならんし、むこうが勝手にいらついて自身の時間を削ってるだけ。
こっちからすれば気にする意に値しない、ゴミ程度のすらないらだよ。


別にこの話題に限った話じゃないけど、「ごく一部存在するだけの嫌な性格では強いけど実際のところほぼもないら」は気にするに値しないし気にしなきゃ何の問題もない。
そいつらのことを考えている時間こそが、あなたの人生にとってマイナスになる。
8563 ななしのよっしん
2022/03/25(金) 03:04:25 ID: +K3rIEwdKY
ただそういう考察レスバが楽しめるタイプならそれらをするのもアリ
そうじゃないならスルー安定。所詮は一部の極端な人間の書き込みでしかない。


ネットの書き込みなんてもっと気楽に見てていいんだよ。そんなんより少しでも多くの作品を楽しんだほうが人生において有意義だ。
8564 ななしのよっしん
2022/04/08(金) 18:49:50 ID: od+Lj52Rh5
(うわなり)
8565 ななしのよっしん
2022/04/16(土) 21:19:49 ID: vDYU9KwiPe
欲ありきのガールズラブ日常系美少女動物園はちゃんと分けろよ

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。

ニコニコニューストピックス