今注目のニュース
田中みな実写真集“目標20万部”に爆問太田「ばーか!」
大人気シリーズ『スライム倒して300年』や『たとえばラストダンジョン』など続々アニメ化決定!
問題化するタクシー配車アプリ「無断キャンセル」マナー無視の利用者で一般乗客も迷惑

ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ単語

ハピネスチャージプリキュアニンギョウノクニノバレリーナ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナとは、アニメハピネスチャージプリキュア!』の劇場アニメーション作品である。

2014年10月11日開。映画プリキュアの第17作である(レギュラーシリーズ映画では第11作)。

概要

今回の物語舞台人形ドール。バレリーナ人形のつむぎに導かれる形で異世界に向かっためぐみ達、ジーク王子に一惚れしたひめ模様、そしてめぐみとつむぎ友情を中心に物語が描かれていく。

監督には今千秋を起用。2年ぶりとなる女性監督、そしてシリーズ初の東映アニメーション出身者ではない、外部からの監督起用となった。「いつかはプリキュア監督やってみたい」と思っていた今は柴田プロデューサーに頼み込んで『ドキドキ!プリキュア』から演出を手がけており(いなばちあき名義)、今回念願って監督就任となった。また、キャラクターデザイン作画監督にはプリキュアシリーズでは『ハートキャッチプリキュア!』から変身シーンなどの原画で参加しており、他作品では『ぱにぽにだっしゅ!』『ネギま!?』などのキャラクターデザインを手がけている大田和寛が担当している。

また、ゲスト声優としてつむぎ役にシリーズ初参加の堀江由衣、またジーク王子役に小野大輔ボスキャラブラックファング役に森川智之シリーズ出演経験のある2人が出演することで話題となった。それ以上に話題になったのが、船橋市の非キャラクターふなっしー映画応援隊長になっただけでなく、本人ならぬ本役で出演することである。その発言から結構プリキュアシリーズを見ているようで、劇中ではミラクルライトを思い切り振る模様。どのような登場の仕方をするのかも見所である。さすがにモブにんじん妖精紛れ込んでいたりしないよな・・・

さらにテレビ本編と連動し、第34話ではひめ妄想の中の王子としてジークが登場、第35話に登場したドレスプリカードが映画でも使われ(鑑賞者プレゼントとしても配布)、これが各回の映画CMと繋がるというPR手法をとった。

 

ネタバレ注意 この項は、映画ネタバレ成分を含みます。
ここから下は自己責任スクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本作の題は「本当の幸せとは何か」「プリキュアによって他の人を幸せにできるのか」という、テレビシリーズをも含めた物語の根幹に対する疑問を直球で投げかけた物語だと言える。もちろんそれはテレビシリーズでも描かれており、今後も終盤に向けてクローズアップされる題ではあるが、この映画ではそれをつむぎという少女を中心として描いている。

Yahoo!で先行開され、映画公式サイトでも開されている冒頭5分の映像を見てすぐに察した人は多いと思うが、つむぎドール人形ではなく、元々は普通人間少女だった。ブラックファングの奸計にはまったとは言え、足が突如動かなくなり、これまで習っていたバレエも踊れなくなり、友達も離れていき、不幸絶望にたたき落とされてしまう。そのつむぎに対しブラックファングドールという虚構のを作り、そこでのみ足が動く、踊れるという仮初めの幸せを与えた。もちろんブラックファングが倒されれば王は消えてしまい、つむぎは踊れなくなる。つむぎはその幸せを守るためにもブラックファングが倒されないためにもプリキュア達をにかけようとする。一方でブラックファングはつむぎを食い物にし、彼女が元々抱いている不幸を糧にを蓄える。首領であるクイーンミラージュを越え、世界不幸絶望に包むために。

むぎとしてはこのまま虚構の世界で踊れればいい。現実に戻っても踊ることはできないし、何より一人不幸の殻に閉じこもってしまう。めぐみとしてはつむぎ幸せにしたいと動こうとするが、逆につむぎから辛辣な言葉を突きつけられ、つむぎ幸せにするどころか、返ってつむぎ幸せを奪ってしまうことに気づかされてしまう。テレビでもめぐみが「他の人を幸せにしたい」という気持ちが回りすることが描かれているが、本作ではそれがより強く強調された形となる。

しかしながら、失意のめぐみに対し仲間たちは支え鼓舞する。今できるのは、つむぎの「本当の幸せ」のために動くことだと。そうした思いはジークを始めとする人形たちにもあり、長らくつむぎと暮らしていた彼らとしてもつむぎの「本当の幸せ」を願って動いていた。「幸せとは、不幸に対して立ち向かう、自分自身の気持ちの持ちようだけでなく、かが支えてくれることで得られる物である、プリキュア幸せを必ずしもえるわけではないがそうした支えの一助である」とスタッフは訴えているのかもしれない。

こうした物語の内容については、ラストバトルで流れる挿入歌の「勇気が生まれる場所」にも現れている。クライマックスを盛り上げ、初代における「SHINING STAR」、ハトプリにおける「HEART GOES ON」を想起させる熱い楽曲で、見た人から絶賛するが多いが、歌詞を読むとこうした物語本質を上手く表している。一度見た人はCDを買って聞き直し歌詞読み直すことでより深く物語を味わえるだろう。カップリング曲の「見上げれば」もラストバトル後のめぐみとつむぎの心情を描いているのでこちらも聴いてほしいところである。

何より今回ゲストとして出演した、堀江小野森川の3者の演技の高さも相まって、より物語に没入できる内容となった。特に森川演じるブラックファングについては、脚本の成田良美自ら「殴りがいがある」いうほどにシリーズの悪辣さ外道さを見せ、それが森川の演技も相まってより際立っていた。また、作画面においても美麗なだけでく、のほつれ具合や瞳の動きなど微細な所まで描いており、それが感情の機微や心理描写を表す上でより情報量が多くなっている。音楽も効果的な使われ方をしており、今による演出も合わせてこうした要素が絡み合って良作になったと言えよう。

こうしたメッセージ性の強さは『マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』での「過去の思い出、死による別れ」、『NewStage3』での「子供の自立と親の子離れ」同様に、大人が受け止めることができれば良作だと感じることができるだろう。しかし、メインターゲットである子供たちはそれを理解できたかとなると、疑問となってしまう。ネット上の評価でも「理解できずに飽き気味になっていた」という意見も見受けられる。とはいえ、子供がいかに受け止められたか、親は子供とそれについて考え話しあうことができるか、というのが一つのポイントではないだろうか。

もちろん、飽きさせないためにも、また深刻になりすぎないためにもコミカルな要素は含まれている。特にひめの一挙手一投足はえりかの後継者とも言わんばかりのものとなっており、笑いを誘う要素となっている。中でも失恋シーンの表情三段オチはそれを表す物となった。ふなっしーも作品にあまり影を及ぼさない登場ながら、その動きから子供たちには好評のようである。もっとも、物語シリアスな分、こうした要素は本当に必要なのか、という意見も見受けられるのも事実ではある。

一方で、作画美麗な分、変身バンク必殺技バンクテレビで使っている物を基本的にそのまま流用しているため、作画レベルが急に変わってしまうという苦言もある。各自の技も多様にあるのに何度も同じのを使っており(もっともフォーチュンはNS3にでられなかった憤をらすかのように新技をいくつか披露しているし、ラブリーのライジングソードも新バンクだったりするが)、本編の肝の一つであるフォームチェンジもマガダミアフラダンスがでただけで、映画オリジナルスーパーハピネスラブリーは別にしても、プリンセス以外の3人が通常のフォームチェンジ技を出していないなど、こうした点を惜しむ評価も見られる。他にも物語の面では、ブラックファングがつむぎを選んだ理由が判然としない、冒頭の疑問に対する根本な解決が明示されておらず問題提示に留まっている、という意見も見受けられる。また、ラストシーンについてはご都合主義か否かを含め、評価が分かれているところだが、解釈や想像の余地を観客に与えた、と思うにとどめたい。

その他の点として、ミラクルライトの使い方にも工夫があり、恒例の冒頭解説では、開された冒頭映像のように、いきなりの戦闘シーンで解説を交える形ですぐに使う形を取り、終盤で使ったときもシリーズで初めて一度その効果が阻まれるという捻った演出が取られている。エンディングCGムービーも『マナ結婚!!?』の時のように1コーラス長くした特別版となっており、テレビエンディング舞台は実はこうなってたのか、と唸らせる物となっている。また、実はいおなのテレビとは形が少し異なっていたりするので、気になる方はチェックされたい。

その後のつむぎと人形達

むぎは上述したように再び人間女の子として自分の足で歩き、バレエを踊るをたどっていく。そしてテレビシリーズ本編最終話でのこと。オレスキーの正体の警官が三ツおばあちゃんの荷物を持ってあげてるシーンで、一頭をお団子状にした少女が手前を走って横切っていった。まさかの彼女のちょっとした登場に、映画を見た者から驚きと歓が上がったのは言うまでもない。ファンサービスの一環ではあるのだろうけど、走れるまでに足が回復し、バレエ練習に励んでいるその姿は喜ばしいものと言えるだろう。

また、2015年3月14日開の『プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』でも、つむぎは挿入歌「39フェアリーズ」の映像内にて、他作品のプリキュアの協者たち(ブルーファンファンTV本編の敵幹部であるファントムの正体)も含む)・他作品の単独映画に登場したキャラクターたち・NSシリーズキャラクターたちと共にモブ登場し(同作ではドレス姿で登場)、ドールの住人は『春のカーニバル♪』の舞台である「ハルニア」の観客としてモブ登場している(なお、本作の終盤で人形に戻ったはずだったが、詳細は不明)。

そして2016年放送の『魔法つかいプリキュア!』ではつむぎ役の堀江リコキュアマジカル)役に起用され、驚きと共に「つむぎちゃんが(中の人的に)ついにプリキュアに!」と感するも見られる。

楽曲的にちょっとした小ネタ

さて、今回はバレエ題の一つとなっているため、高木洋編曲クラシック音楽が使われている。一つはつむぎバレエを披露するシーンでのチャイコフスキーの『くるみ割り人形』から「花のワルツ」(サントラでは「つむぎの踊り」)。もう一つは舞踏会で用いられたヨハン・シュトラウス2世の「ウィーン気質」(同じく「ドールの舞踏会」)

で。ウィーン気質はウィンナ・ワルツの代表曲として知られており、よほど使い勝手がいいのか、以降のシリーズでも流用されている。

スタッフ

主題歌

キャスト(ゲストキャラクターのみ)

関連商品

関連生放送

本作開を記念し、開前日の10月10日新宿バルト9で行われる前祭での舞台挨拶の生中継と出演声優による特番、映画第1作の『映画ふたりはプリキュアMaxHeart』の無料上映を行う生放送が実施された。プリキュアシリーズとしては初のニコニコ生放送となる。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 18:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP