今注目のニュース
ママと工作中“のりしろ”を乱暴な命令形と勘違いする娘がかわいい漫画 「うちも同じ」
艶やかな黒髪をなびかせて――『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 雪ノ下雪乃 -白無垢- 1/7 スケールフィギュア』が「F:NEX」より登場
「1000円カットは身なりがどうでもいい人が行くもの」発言に反発の声相次ぐ 柴田阿弥は美容院への苦手意識を告白「コミュ力いるし疲れる」

信用創造単語

シンヨウソウゾウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

信用創造(credit creationとは、銀行が手持ちの現よりもずっと多くの銀行を貸し付けることができる現す言葉である。

銀行は、企業計に貸し付けることによって、企業計から現を受け取っていないにも関わらず銀行を新規に発行することができる。このため預金創造(money creationとも言われる。

銀行は、万年筆で預通帳に額を書き込むだけで預を創造できる」と説明されることがある。この説明を万年筆マネー(fountain pen moneyという。ジェームズ・トービンexitという経済学者が言い始めた言葉である。
  

信用創造の解説 (入門者向け)

概要

Aさんという人が民間銀行から住宅購入資の融資を受けるとき、民間銀行Aさん銀行口座の預残高の数字を書き足すことで融資する(信用創造)。

Aさんは預残高を減らし、住宅販売会社の預残高を増やして、そうやって銀行振り込みで支払いを済ませて住宅を購入する。住宅販売会社がAさんと同じ銀行に口座を持っている場合、民間銀行は手持ちの現を一切減らさずに済ますことができる。

Aさんは数十年かけて銀行お金を貢ぐようになり、銀行が創造した銀行を後押しする存在になる。
 

円滑な信用創造を可能にする条件

円滑な信用創造を可にするには、5つの条件がある。

  1. 長年にわたって銀行お金を返済し続ける経済に恵まれた借り手のAさんが存在する
  2. 借り手のAさんが、銀行に対してある程度以上のを付けて返済し続けることを約束する
  3. 借り手のAさんが、銀行から借りたお金銀行振り込みで支払いして、財やサービスを手に入れる
  4. 借り手のAさんに財やサービス提供する業者B社が、Aさんと同じ銀行に口座を持っている
  5. 巨額の銀行を手にした業者B社が、ほとんど現引き出しせず、銀行のままにする

この5条件がっていれば、銀行は手持ちの現の額が少なくても、極めて円滑に、巨額の銀行を創造することができる。

3.と4.と5.は、とても達成しやすい。現を持ち歩いて支払いするよりも銀行振り込みで済ます方が圧倒的にラクである。銀行に口座を開設することはでも無料で行うことができる。多額の現を手元に置いておくのは盗難のリスクが高まって危険なので、ほとんどの人が現引き出しをできるだけ避けて銀行のままにする。3.と4.と5.は、たいしたハードルではない。

※実を言うと、3.と4.と5.は達成しなくてもなんとかなる。そのことは『信用創造の解説(上級者向け)』の項で解説する。


簡単に達成できないのは、1.と2.である。長年にわたって儀に銀行へ借返済し続ける人をきちんと見つけ出すのは、なかなか難しい。ちゃんとした職に就いていて経済があり、にきちっと銀行お金を貢ぎ続ける人は、銀行にとって蔓(かねづる)である。

蔓(かねづる)が見つかれば信用創造できる。蔓(かねづる)が見つからなければ信用創造できない。

銀行の信用創造は、蔓(かねづる)によって支えられているのである。
 

信用創造の定義

円滑な信用創造には以上の5条件が必要であることを理解した上で、もういちど信用創造を定義すると、以下のようになる。
  

銀行から大量の現を引き出す人が滅多に現れないという前提のもと、長期間にわたりお金を貢ぎ続ける蔓(かねづる)を当てにして、現をまだ受け取っていないのにもかかわらず銀行が新たな銀行を作り出すこと

 

例え話

1万円を預している預者を100人抱えるニコニコ銀行があるとする。このとき、ニコニコ銀行の持っている現の総額は100万円で、預の総額も100万円である。この、預者から集めた現的預という。

ニコニコ銀行のもとに、ドワンゴ工業という会社が「3,000万円を貸してください。その3,000万円でカドカワ商事から工作機械を買って事業拡大したいんです。カドカワ商事ニコニコ銀行に口座を持っています」と言ってきたので、ニコニコ銀行の営業部は融資を決意し、ドワンゴ工業という会社がニコニコ銀行に開設している口座に、3,000万円の預額を新たに書き入れた(信用創造)。

融資した翌日にドワンゴ工業の口座からカドカワ商事の口座へ3,000万円の銀行振り込みが行われ、ドワンゴ工業は工作機械を手に入れた。

ニコニコ銀行の預額は3,100万円になった。(本的預100万円と、カドカワ商事の3,000万円)

ドワンゴ工業は、今後長い間かけて現3,000万円を返済することになった。ニコニコ銀行にとって、ドワンゴ工業という会社の返済が3,000万円分の資産となった。カドカワ商事銀行3,000万円はニコニコ銀行にとっての負債(現にしてくれと要されたらそうしなければならない)なので、これで釣り合いがとれている。

 
ニコニコ銀行は、的預の額100万円を大きく上回る3,000万円をいきなり貸し出している。融資先と、融資先にとっての支払先が、同じニコニコ銀行に口座を持っているので、極めて円滑に銀行を作り出した。

手持ちの現(本的預)は、銀行の融資の足かせにならない。つまり、「銀行は貸し出しのための現を必要としていない」というのが、銀行の業務の実態である。
   

銀行の貸し出しを制限するのは、借り手の返済能力

銀行の貸し出しの上限額は、準備預金制度で定められている。その制限内なら、いくらでも貸し出しできる。

個別の案件においては、借り手の返済が融資の上限となる。例えば、年収200万の人が「10億円を買うので融資してくれ」と言ってきても、一生かけても返済できないだろうと予測されるので、貸し出しをやめよう、と判断することになる。「利を付けて返済することができない」と言う人に対しても、銀行が損をすると予測されるので、貸し出しをやめよう、と考えることになる。

日本語の信用創造に相当するのは、英語credit creationである。信用創造(credit creation)の際には、借り手の返済信用することが必須となり、信用することでお金が創造される。銀行の業務の実態を示した巧妙な言葉だと言える。

借り手の返済銀行にとっての資産となり、創造した銀行銀行にとっての負債となる。資産と負債がぴったり同額で一致する(実際には、利子を徴収するので、資産の方が少し多い)。

信用創造は借り手の返済によって成り立つ。もう少し分かりやすい言い方をすると、信用創造は長期にわたって銀行を貢ぎ続ける蔓(かねづる)によって成り立つのである。
 

銀行は、貸し出し原資のために日銀当座預金を持っているのではない

銀行準備預金制度によって準備預日本なら日銀当座預金)を所有することを義務づけられている。こうした準備預は貸し出しの原資を確保するためではなく、銀行間の送や、銀行政府間の送などに使われている。

例えば、Aさんニコニコ銀行の口座からひろゆき銀行の口座に100万を移動させたとする。このとき、ニコニコ銀行からひろゆき銀行銀行間送を行い、日銀当座預金100万分移動させている。

Aさんニコニコ銀行の口座から100万を納税するとする。このとき、ニコニコ銀行から政府銀行政府間送を行い、日銀当座預金100万分移動させている。

こうした送を行うため、銀行日銀当座預金を持つことになる。
   

信用創造の解説 (上級者向け)

これまで述べてきた信用創造の例え話は、いずれも、「銀行から融資を受ける人と、銀行から融資を受けた人にとっての支払先が、同じ銀行に口座を持っていると、円滑に信用創造が行われる」と説明してきた。

本項では、銀行から融資を受ける人と、銀行から融資を受けた人にとっての支払先が、異なる銀行に口座を持っているときにも、信用創造が成立することを解説する。
  

1万円を預している預者を100人抱えるニコニコ銀行があるとする。このとき、ニコニコ銀行の持っている現の総額は100万円で、預の総額も100万円である。この、預者から集めた現的預という。

ニコニコ銀行のもとに、ドワンゴ工業という会社が「3,000万円を貸してください。その3,000万円でカドカワ商事から工作機械を買って事業拡大したいんです。カドカワ商事ひろゆき銀行に口座を持っています」と言ってきた。

ニコニコ銀行の営業部がカドカワ商事電話を掛けて「ウチに口座を開設しませんか」と誘っても「弊社はひろゆき銀行お金をまとめたいのです」と言う。ニコニコ銀行の営業部は渋い顔をした。

ニコニコ銀行銀行間取引市場利を調べると、2%日銀当座預金を借用できることが分かった。このため、2%よりも高い利をドワンゴ工業に課せば、ちゃんと利益が出ることが分かった。

ニコニコ銀行の営業部はドワンゴ工業に対し「利8で融資します。それでよろしいですか」と持ちかけ、ドワンゴ工業は「はい、その利で結構です」と答えた。これで交渉成立である。

ニコニコ銀行は、ドワンゴ工業がニコニコ銀行に開設している口座に、3,000万円の預額を新たに書き入れた(信用創造)。

それと同時に、ニコニコ銀行銀行間取引市場でカワカ銀行から2%利で日銀当座預金3,000万円を借り入れ、ニコニコ銀行日銀当座預金は3,000万円になった。

融資した翌日にドワンゴ工業のニコニコ銀行口座から、カドカワ商事ひろゆき銀行口座へ3,000万円の銀行振り込みが行われ、ドワンゴ工業は工作機械を手に入れた。それに合わせて、ニコニコ銀行ひろゆき銀行の間で送が行われ、ニコニコ銀行日銀当座預金は0万円になり、ひろゆき銀行日銀当座預金は3,000万円増えた。

ニコニコ銀行の預額は100万円のままである。(本的預100万円)

ドワンゴ工業は、今後長い間かけて現3,000万円を返済することになった。ニコニコ銀行にとって、ドワンゴ工業という会社の返済が3,000万円分の資産となった。ニコニコ銀行がカワカ銀行から借りている日銀当座預金3,000万円分がニコニコ銀行にとっての負債なので、これで釣り合いがとれている。

 
この例え話を読むと分かるように、信用創造したばかりの銀行を他の銀行へ振り込まれても、特に問題がない。銀行間取引市場日銀当座預金を借りて、その日銀当座預金を送すればいい。

借り手に対して、銀行間取引市場で借りる利よりも高い利で貸し付ければ、ちゃんと利益が出る。このことを業界用で「きちんと利ざやを稼げている」と表現する。貸し付けの利と、銀行間取引市場で借りた時の利との差額を利ざやと言う。


したがって、信用創造をさらに詳しく上級者向けに定義すると、以下のようになる。
 

銀行間取引市場よりも高めの利を付けて返済してくれる蔓(かねづる)を当てにして、現をまだ受け取っていないのにもかかわらず銀行が新たな銀行を作り出すこと

 
銀行間取引市場よりも高めの利を返済者が負担してくれるのなら、信用創造した銀行を他の銀行に振り込まれても大丈夫だし、信用創造した銀行を現にされても困らない。
 

※ここまでの記述の資料・・・横山昭雄『真説 経済・金融の仕組み』87ページexit_nicoichiba建部正義『はじめて学ぶ金融論 第2版』53ページexit_nicoichibaランダル・レイ『MMT現代貨幣理論入門』185~192ページexit_nicoichiba。一番詳しく解説しているのはランダルレイの本
 

2段階に分けて信用創造を説明する

信用創造の解説 (入門者向け)』では、信用創造した銀行が同一の銀行内で滞留することを想定して説明している。実際にそうなることはしくなく、住宅販売会社の従業員全員が住宅販売会社と同じ銀行に口座を持っていたら、会社が従業員に給料支払いしても信用創造した銀行が同一銀行内に滞留し続けるわけである。

入門者向けの説明の中で、さりげなく、日銀当座預金銀行間送のことを教え込んでおく。それが、次の上級者向け解説で役に立つ。

『信用創造の解説 (上級者向け)』では、さらに世界を拡して、信用創造した銀行銀行の外へ流出することを想定して説明している。この解説を理解するには日銀当座預金銀行間送のことを知っておかねばならない。いきなり上級者向け解説をするのは、初心者にとって難しいと思われる。
 
 

信用創造を制限する準備預金制度

日本国内の民間銀行は、信用創造で自分の銀行の預額を増やしている。貸し付けるたびにどんどん預額が増えていく。

ところが、預限に増やすことは許されていない。すべての民間銀行が貸付額を増やしすぎると、世の中に出回るお金の量(マネーストック)が増えることになり、しいインフレを招くことが危惧されるからである。

信用創造を制限するために用意されているのが、準備預金制度である。詳細は、当該記事を参照のこと。
 

銀行に関するありがちな間違い

日本の新聞やテレビ局や官庁などでは、銀行の業務の実態に反した表現をするケースがしばしば見受けられる。
 

  • 銀行は、者から集めた現を貸しだして利を稼いでいる 
  • 銀行は、お金を余らせている預者とお金を必要としている借り手の仲介役をしている 


下線を引いた部分が、間違っている部分となる。銀行は集めた現を貸し出しているのではないし、日銀当座預金を現に換えてその現民間企業計に貸し出しているわけでもない。

銀行の貸し出しは信用創造で、現を必要とせず、預の数字を書き換えるだけでポンポンと貸し出している。政府によって定められた準備預金制度クリアするために、ある程度の現日銀に預け入れて、日銀当座預金として確保しているだけである。



イングランド銀行イギリス中央銀行)は、季刊誌(2014年春号)exitで、次のように解説している。
 

One common misconception is that banks act simply as intermediaries, lending out the
deposits that savers place with them.

 
これを日本語訳すると「『銀行お金の仲介者で、預者が預けたお金を貸し出している』というのはありがちな誤解(common misconception)である」となる。
 

マンキュー教科書における信用創造の説明

グレゴリー・マンキューexitという人は著名な経済学者で、マクロ経済の教科書を書いたら大ヒットしたことで知られる。マンキューの教科書は世界中の経済学部で使用されているというが、そのマンキュー教科書で信用創造が解説されている。
 

Aさんが第一銀行1000ドルを預けた。このときの第一銀行の資産は現1000ドル、負債は銀行1000ドルである。(銀行銀行にとっての負債、Aさんにとっての資産である)。


第一銀行は準備・預20%として貸し出しすることに決めた。第一銀行はBさんに対して現800ドルを貸し出して200ドルは銀行庫に残した。Bさんは現800ドルを手にしたので、これで世の中に流通する貨幣マネーストック)は800ドル増えたことになる。このように、銀行の貸し出しによって世の中に流通する貨幣が増えることを信用創造という。

Bさんは、借りた現800ドルをCさんに支払い、Cさんから財・サービス提供を受けた。Cさんは第二銀行に現800ドルを預した。このときの第二銀行の資産は現800ドル、負債は銀行800ドルである。


第二銀行は準備・預20%として貸し出しすることに決めた。第二銀行はDさんに対して現640ドルを貸し出して160ドルは銀行庫に残した。Dさんは現640ドルを手にしたので、これで世の中に流通する貨幣マネーストック)はさらに640ドル増えたことになる。これが信用創造である。

Dさんは、借りた現640ドルをEさんに支払い、Eさんから財・サービス提供を受けた。Eさんは第三銀行に現640ドルを預した。このときの第三銀行の資産は現640ドル、負債は銀行640ドルである。



第三銀行は準備・預20%として貸し出しすることに決めた。第三銀行はFさんに対して現512ドルを貸し出して128ドルは銀行庫に残した。Fさんは現512ドルを手にしたので、これで世の中に流通する貨幣マネーストック)はさらに512ドル増えたことになる。このように、信用創造は限に続いていく。


グレゴリー・マンキュー『マンキューマクロ経済学Ⅱ応用篇【第3版】235~237ページexit_nicoichiba 

 
グレゴリー・マンキューの頭の中では「銀行は、預者から預かった現を貸し出す」ということになっているようで、そのため、こういう説明になっている。

こういう説明方法を又貸し説明とか又貸しモデルによる説明という。又貸しとは、現を借りたうえでその現をさらに貸し出すこと。

第一銀行は準備・預20%で現1000ドル持っているのだから、預額を最大で5000ドルまで膨らますことができる(1000÷0.2=5000。この計算については準備預金制度の記事を参照のこと)。Aさん銀行1000ドルなので、この時点でのBさんに対する最大貸付額は4000ドルとなる(5000-10004000)。第一銀行はBさんに対して800ドルだけしか貸していないが、もっと多く貸すことができる。しかし、グレゴリー・マンキューは「銀行は手持ちの現の一部しか貸すことができない」と思っているようで、「第一銀行はBさんに対して4000ドル貸すことができる」という発想ができないらしい

グレゴリー・マンキューは大変に権威のある経済学者である。その経済学者さんの言うことを軽々しく否定するのは気が引けるのだが、やはり、言わなければならない。「グレゴリー・マンキューの信用創造の説明は、現実銀行の業務を反映していない」と勇気を持って断言する必要がある。


イングランド銀行というのはイギリス中央銀行で、グレゴリー・マンキューに引けを取らないほど権威のある存在である。そのイングランド銀行が「銀行は、預者から預かった現を貸し出しているのではない」と言っているのだから、そっちを引用してグレゴリー・マンキューに対抗しなければならない。
 

日銀関係者の国会答弁

信用創造は国会においてもしばしば話題になる。

2019年4月4日参議院決算委員会において、西田昌司参議院議員が、日本銀行黒田総裁に対して質問し、黒田総裁は「銀行は、企業計の資需要を受けて銀行などが貸し出しなどの与信行動、信用を与える行動、すなわち信用創造を行うことにより増加することになるということで、この点も委員御摘のとおりであります」と答弁している。西田議員の質問のシーンこちらexit黒田総裁の答弁のシーンこちらexit

2019年5月23日参議院財政融委員会において、西田昌司参議院議員が、日本銀行雨宮正佳副総裁exitに対して質問し、雨宮副総裁は「決済性預口座というものを提供している銀行だけが、その与信行動により、自ら貸し出しと預を同時に作り出すことができるわけであります。私が例えばノンバンクに行ってを借りるときには、ノンバンクはどちらかで調達してそのを私に貸してくれるわけですけれども、銀行は私にを貸すときには、私の預口座に記帳すると、で、後から預が発生するという格好になります。これを信用創造と言っておるわけでありますけれども、この点で銀行はノンバンクなど他の機関とは異なる機を持っているというふうに理解しております」と答弁している。雨宮副総裁の答弁のシーンこちらexit

こうした国会議事録のPDFファイルは、このページexitの「簡単検索」で検索するとすぐに見つかる。
 

関連リンク

  • man@bowexit (イラスト付きで分かりやすく信用創造を解説しているが、「銀行の貸し出しには原資が必要」「者から借りたお金を原資として貸している」という考えに基づく説明である

Wikipedia記事

コトバンク記事

その他

関連商品

96109ページに信用創造についての文章がある。イングランド銀行季刊誌2014年春号exit引用して信用創造を解説している。
現代貨幣理論(MMT)の第一人者が書いた本。185~192ページに、銀行の信用創造についての解説がある。
筆者は日銀に長く勤めた人。

信用創造がすべての発端であり、本的預というのは存在しない、という考え方を80~86ページで論じている。

マネタリーベースが増えるとマネーストックが増える」という考え方とそれに基づく量的緩和を何度も批判している。この考え方を外生的貨幣供給理論外生説)という。

マネーストックが増えると、それに応じて中央銀行マネタリーベースを新規発行して増やすのである」と論じている。この考え方を内生的貨幣供給理論内生説)という。

デフレグローバリズム自由貿易による労働分配率低下・賃低下が原因である、と26ページ3134ページ45ページで論じている。この考え方を輸入デフレ論exitという。

文体がやや読みにくいのが難点だろうか。体言止めの文章が多く、「融をよく知っている人が気ままに書いた随筆」といった感じの文章になっている。ただ、内容自体は明晰であり、経済の基礎用をある程度頭に入れてから読むと、すらすら読める。

福井俊彦第29代日銀総裁exit推薦文を書いている。
筆者は商学博士号を取得し、商学部教授を長年勤めた人。

融業界への就職をしている商学部の学生用の教科書として本書は執筆された。

銀行融仲介機関として位置づけるのは正しくない」「銀行の信用創造から全てが始まる」と27~31ページで述べており、イングランド銀行季刊誌2014年号と軌を一にしている。

47ページで「本的預というのはどこから来るのか?」と述べ、本的預が必要とされる考え方(グレゴリー・マンキューの教科書のような又貸し説明)に疑義を呈している。

マネタリーベースが増えるとマネーストックが増える」という外生説の考え方とそれに基づく量的緩和122129ページ批判している。


大学教授というのは研究者であると同時に教育者であることをめられる。そのためか、本書は読みやすい文体で書かれている。

各章の最初に、筆者の教え子が書いたイラストが載っている。どういうイラストかというと、ほのぼの4コマ漫画系とでも言えばいいだろうか。融業界の仕組みについて解説するというカチカチにお堅いテーマの書にかわいいイラストが入っていて笑ってしまう。

関連項目

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2019/08/29(木) 09:31:12 ID: M5YpwNRIlb

    詐欺かの手元にあるカネを騙して持ってくこと
    カネは右から左に動くだけで社会全体では増えも減りもしない

    信用創造銀行がカネを貸すことで社会全体に流通するカネが増える

    銀行はあずかった預からを貸してるんでしょというのがよくある間違い
    銀行はその巨大な信用と帳簿上の操作で手持ちの現より大きなカネを貸せる
    まあ焦げ付いて不良債権になると大問題だが返済されるなら何の問題もなく社会に流通するカネは増える

  • 4ななしのよっしん

    2019/09/07(土) 11:29:14 ID: vtYC2k82/i

    借りた側は受け取り分を即消費しつくすものではない
    貸した余りを預として引っ掴んだまま見せかけの「貸出残高」「預残高」を膨らませる

    ゆえに預引き出しが一度に殺到すればパンク(取り付け騒ぎ)が起きる
    年放置され続ける資本主義の欠陥

  • 5ななしのよっしん

    2019/10/29(火) 02:26:35 ID: pISIyrcFDQ

    貨幣経済を辞めないとね

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP