今注目のニュース
「完全に戦闘」「今日一番笑った」 カメラが壊れて何でもバトルになってしまう写真が笑いを呼ぶ
加藤紗里さん「シングルマザー」宣言、意外と難しい「法律上の父親」問題
妖怪あたましゃぶり?人間を全力で癒すニャンコが出現

Modern Monetary Theory単語

モダンマネタリーセオリー

  • 6
  • 0
掲示板をみる(450)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Modern Monetary Theoryとは、日本語で現代貨幣理論と訳される理論である。大手メディアでは現代理論と表記されることも多いが一部から誤訳とされ批判されている。

日本語メディアではロイターやWSJ等海外メディアが記事を掲載した後、日経を皮切りに朝日新聞などが(だいたいは批判的に)取り上げている。

概要

現代貨幣理論は貨幣本質を説明するマクロ経済理論である。1971年以前の実物貨幣(商品貨幣)で説明されている現代の経済学(新古典派経済学)のうまく説明できないことを難解な理論数式を多用せず説明できるため近年話題になっている。

軸とする貨幣論は信用貨幣論国定信用貨幣論租税貨幣論であり、それぞれに説得のある批判があったが、それらの理論的な基礎を固め滑らかに接続することで批判を解決し、現実事務マクロ経済貨幣の動きをよりよく記述できるようになった。

現在巷で話題になってる点は大まかに言うと、

という3点である。

通貨建ての政府の借で財政破綻した国家はない、破綻した国家は共通通貨建てか外貨建てであるという点と、自通貨建ての政府国債中央銀行に買い取らせることができる点を強調する。
そのため、政府赤字を増やすことは、理論上は予算制約はないが、財政出動をして、政府がモノやサービスの需要を作った場合に、インフレ率が上昇する。従って、財政出動をするマイナス点はインフレ率の上昇と言う点のみで、デフレ時に適度な2%程度のインフレまで財政出動をすることに何も制約がいという理論である。

ひろゆきは「財政が税収に束縛されないなら国家も可MMT論者を焚き付けて国家をめざしましょう」などと(反論?揶揄?)していたが、MMT租税貨幣論を軸に議論を展開するため税の機を重視し、国家不可能であると説明する。ひろゆきのようにセンセーショナルな部分だけ切り抜いて極論であると批判されることが多い。

また、2%を大きくえるインフレ時は、需要を抑えるか生産を上げる必要があるが、需要を抑えるための装置を政府は持っているため、インフレ率がある程度まで上がった場合は、財政引き締めとして、共投資の削減や増税によって、結果的に融引き締め(貨幣の発行を減らすこと)になりインフレ抑制が行われる。
ちなみに所得税法人税に代表される累進性の強い税にはもともと気の安定化装置としての機が有るため、インフレ時には、何もしなくてもある程度はインフレを抑制する効果が期待できる。
また、現代貨幣理論の範疇から外れる話になるが、2%程度のマイルドインフレ時に、生産の向上を行えば、供給が増え、インフレ率も抑制され、供給が増えた分だけ経済成長になるので、2%を多少えるくらいであれば財政政策はほっておいて、こちらでインフレ抑制をしたほうが良い。
民間継続的な需要があれば生産性向上に投資するが、一時的な需要の場合はあまり生産性向上に投資しないため、継続的な需要は必要。)グローバル化移民受け入れなどの政策もインフレ抑制的な作用を示す。

インフレ時(好況時)に政府赤字を増やすことをしすぎると、バブル経済を生むことになる。
逆にデフレ時(不況時)に政府赤字を減らすこと、すなわちプライマリーバランス黒字化をすると、その他の経済体(民間)の黒字を減らすことになり、政府以外は、貧乏になりデフレが深刻化する。

現代貨幣理論に基づくと「失われた20年はデフレ時なのに駄を削減しろとの輿論を作り政府赤字をへらしたからこの様になっている。(どうしてこうなった・・・)」となるのである。

MMTは因果関係や論理展開こそ常識とかけ離れており、常識と異なる結論をするため批判的な報道立つが、各種事務手続きや信用創造のような基礎的な内容は事実に基づいた常識的なことしかしていない。現在展開されている検討するべきまともな批判は「たばこ貨幣バブル経済のようにMMTの基礎的な理論では説明が難しい現があるので万ではない」「貨幣論として整合性が十分でない可性がある」くらいである。今後のさらなる発展が期待される。

JGP(Job Guarantee Program)・最後の雇い手政策

後述する通り米国MMT支持者からされている政策の1つで、中野剛志は「最後の雇い手」と訳している。おおまかに説明すると政府が生活できる程度の給与で制限に仕事を供給するというものである。

政府がある程度の待遇で労働者を集めるからこれ以下の待遇で働いている労働者はJGPによりブラック企業から離れブラック企業が淘汰されるであろう。
逆に好気になれば民間企業の待遇はJGPより良くなるので民間企業人に対する供給制約にもならないだろうという政策である。

しかし、どのような給与準にするのか、いつでも供給できいつでもくすことのできる職があるのか、といった問題があり、現実に政策として機させるにはまだ課題が残っている。

マネーストックとマネタリーベース

MMTは、貨幣には複数の種類があり、マネタリーベースを増やしてもマネーストックが増えることはないとする。詳しくは信用創造を参照。

貨幣は、銀行が貸す預企業の保持する現をあわせたマネーストックがある。
マネーストックとは別に政府が発行する貨幣日本銀行中央銀行)が発行する日本銀行券と日銀当座預金政府銀行間の決済等を行う当座預で、銀行所持分は万年筆マネーの準備預にもなる。)をあわせたマネタリーベースがある。

企業や個人が銀行より資を借りる時に、銀行は預通帳に万年筆で預額を書き込めば(現在ではコンピュータ額を入すれば)貨幣が創造でき、その時マネーストックが増える。
日本銀行現在1.3程度準備預日銀当座預金)は必要だが、銀行から貨幣銀行として創造できる。(機関でも、ノンバンクは又貸しを行っているが銀行信用創造貨幣発行ができるので違う。)

政府国債などの通貨を発行して日本銀行が引き受けることでマネタリーベースの増減を行うこともできる。(政府短期券や国債を発行し日銀当座預金という貨幣を発行する。)

日本では、アベノミクスにて、マネタリーベースを増やす融政策として、国債日本銀行銀行より買い取り日銀当座預金を増やすことを行った。
そして銀行日銀当座預金が増えると準備預が増えるため貸せるは増えたが、マネーストックの連動的な増加は起きなかった。利がほぼ0の国債利が基本0の預を交換しても意味がないということでもある。
このことは、マネタリーベースを増やせばマネーストックが増えるということではなく、逆にマネーストックが増える場合マネタリーベースが増えるということを示してる。

国定信用貨幣論

MMT国定信用貨幣論という貨幣論を援用する。国定信用貨幣論は「貨幣とは徴税権に裏打ちされたものである。徴税権の強弱で通貨価値が上がったり下がったりする」と論じている。

現代の経済学(新古典派経済学)は商品貨幣論と共通の理念に基づくので貨幣価値に国家が影することを否定するが、国定信用貨幣論通貨価値が国家の影に大きく依存すると唱える。

国定信用貨幣論は徴税権通貨価値の根本としているので、必然的に「中央銀行には物価の調整役を担えない。物価の調整役は議会が行うのが本来の姿だ。」という論理を行使することになる。

通貨を押し付けても市場で商売に使用される理由がないという批判があるが、債務ヒエラルキーという考えを導入することで解決される。

政治的ムーブメントとしてのMMT(米国)

上院議員で、2016年米国大統領選挙に向けた民主党の予備選挙を戦ったバーニー・サンダースは、予備選挙後にステファニーケルトンを自身の顧問として迎え入れた。ケルトンは米国大学教授を務める経済学者で、MMT唱者の一人。

米国民主党ではこの予備選挙後にサンダースとも言える急進左補が増加傾向にあり、その代表的存在がAOCニックネームで親しまれるアレクサンドリア・オカシオコルテスである。彼女は下院選の党内予備選挙ベテラン議員に勝利し、ニューヨーク内の選挙区から29歳で下院議員に当選した。これだけならただの若い女性議員だがMMT彼女の提案する過とも言える政策が遠因となって注されたのだ。

AOCグリーンニューディールと呼ばれる政策を発表した。環境対策に投資するだけでなくインフラ投資により全民に雇用を保障する政策である。このうち全民に雇用を保障する政策はJGP(Job Guarantee Programと呼ばれ、MMTを唱える学者のどが提案する政策であることに留意したい。

このグリーンニューディールにかかる費用をどう賄うかというところでAOCMMTを支持したことから米国では議会やFRBを巻き込んだ一大論争となったのだ。米国ではしばしば財政赤字が問題視されているが、MMT理論では財政赤字は単体で一切の問題を引き起こさないとされているからだ。

注:米国経済に関わるニュースとしてしばしば財政の崖というものが取り上げられる。米国には債務上限というものがありこの額をえる”政府”財政赤字を抱える場合、議会で法案を通さなければいけない。

このように米国では左リベラルの側からされているのが現状である。その左的立場故かMMT学者は国債止し、準備預付利に転換すべしとのをすることがある。

政治的ムーブメントとしてのMMT(日本)

学術面ではポストケインアン先生方によって既に紹介されていたが、政治から見たときに日本でのMMTは右によりされたのが最初であろう。保守系の論客である(経済でもある)中野剛志は「富国と強兵exit_nicoichiba」においてMMTを取り上げ、2019年5月には一般向けのMMT解説本を出版しているだけでなくネット上でいくつかの記事を見ることができる。京都大学藤井聡経済評論家三橋貴明も好意的に取り上げている他、立命館大学松尾も一定の理解を示している。

この藤井聡国会議員安藤裕、西田昌司の根拠地が京都であることからか彼らを中心とした日本MMT支持の一財務省がそう呼んだことから「京都(以前からそう呼ばれている者たちとは違う。)」と呼ばれる場合がある。実態としては西部邁の雑誌「表現者」関係者を中心としている。

現在国会MMTに一定の理解を示す議員は西田昌司自民党)、安藤裕(自民党)、山本太郎れいわ新選組)、そして大門実紀史(共産党)が挙げられる。そのうち、西田昌司大門実紀史は国会の質疑で肯定的に取り上げている。偶然にも全員関西ゆかりのある人物でうち山本太郎以外は京都選挙区に含まれる人物である。

現在日本政治において、MMTに右のうち経済(財政出動リフは含まない)により支持されるのが中心になっている。しかし、ごく一部ながら左からも支持する勢が現れている。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/25(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/25(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP