簿記単語

ボキ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

簿記とは、帳簿に記録することである。

概要

簿記とは、マルコポーロの時代にお金を出資した貴族けを分配するために発明されたものだと言われている。

簿記には、2つの的があり、ひとつは日常の営業活動を記録することであり、もうひとつは、経営成績や財政状態を報告することである。

仕訳

仕訳とは、簿記において、発生した取引を貸借の勘定科に分類することであり、
たとえば、1000円の商品を、掛けで購入したときは、

借方 貸方
仕入 1,000 買掛 1,000

その買掛1000円を現で支払ったときは、

借方 貸方
買掛 1,000 1,000

という仕訳となる。

このような仕訳を何故きるのか、という理解を深めていくことが、簿記の学習上大切である。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/22(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/22(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP