今注目のニュース
井ノ原快彦、カブトムシの幼虫が繁殖して160匹! 祭りでの配布検討
あの人気サブスクも販売中止へ…鳥貴族、串カツ田中 今日から510店休業
デーブ・スペクター、体の違和感を報告 ファンは爆笑「検査しても…」

藤木遊作単語

フジキユウサク

  • 21
  • 0
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
これはリビジョン 2501023 の記事です。
内容が古い・もしくは誤っている可能性があります。
最新版をみる

藤木優作

藤木遊作とは、遊☆戯☆王シリーズの第6作遊☆戯☆王ヴレインズ遊☆戯☆王VRAINS)」の主人公である。
担当声優は石毛弥(幼少時は大室佳奈)。

俺の概要を3つ教えてやる

人物像

クールな性格で非常に頭が切れる16歳。状況判断に長け、話相手の考えを察するも高い。
ハッカーとしても相応の実を持ち合わせており、1話の時点で人工知能である謎の生命体を他の勢に先んじて捕獲するなど、非常に高い技術を持っている。
その一方でとにかく立つことを嫌っており、クラスでも存在感が薄い様子。
同級生島直樹に対しても非常に辛辣にあしらうシーンが存在し、リアルでは冷淡な人物となっている。
ただしあくまで対応が冷淡なだけであり、ハッカー集団『ハノイの騎士』の襲撃に巻き込まれた人間助けているなど、決して冷酷な人間ではない。

過去に巻き込まれた事件以来、他人に対して心を開かない傾向がある。
ハッカー仲間でもある草薙翔一一の例外であり、彼の過去に関わっている。
自身の過去(記憶)を奪った『ハノイの騎士』に対しては、復讐と形容できる程の強い敵意を抱いている。最初から敵意を以て行動している主人公遊戯王ではしい。

ハノイを追う一環で捕獲した人工知能生命体「Ai」との出会いから、彼は多くの決闘者と出会うこととなる。
また、Aiとの関係の始まり、己の失われた記憶の探SOLテクノロジー社関係者の義理のである財前葵ブルーエンジェルであること、以上の3つの要因で、同級生だったを追っていたところ、成り行きで高校の「デュエル部」に所属することになる。

3という数字に非常にこだわりがあり、何かに言及する際よく3つのポイントを挙げる癖がある。
この癖は『ハノイの騎士』幹部のリボルバーとも共通しており、何らかの関連性が疑われている。

Playmaker

VR間『LINK VRAINS』ではアカウント名:Playmaker[1]を用いており、同間ではアバターのように姿を変え、髪型も面影を残しながら黄色体としたゆで上がったものに変化する。
LINK VRAINSでは、過去の事件の相をめ、同間に出現するハッカー集団『ハノイの騎士』を追って現れる。

民衆からすれば彼も正体不明のデュエリスト
その状態で、カリスマデュエリストブルーエンジェルを助け、ハノイの騎士を倒したことで、VR間で人気を獲得する。当人はそれらの事情に全く興味はなく、ハノイの騎士の出現情報を追うだけなので、結果的にアバターを模倣した贋物との判別は非常に容易。

デュエルについて

彼の使用するデッキは【サイバース族】。主人公としては初の試みとなる、新しい種族を用いた種族統一デッキ
新要素である「リンク召喚」と密接なかかわりを持つ種族である。
アニメ世界でも非常にしい種族のようであり、登場しただけで観客は大きく驚いた。そのためか、普段はサイバース使いであることを隠しており、他人に見せるためのダミーデッキを用意している。ただし、そのダミーデッキの中身は島直樹が「お粗末なデッキ」と思わず漏らしてしまう程のものであった[2]

「Playmaker」としてスピードデュエルで所持しているスキルは「Storm Accessストームアクセス)」。
デュエル中一回限りかつライフポイント1000以下で、かつデータ世界データストーム」が強い状態でのみ、未知のモンスターカードアクセス、取得しつつデュエル中にデッキに投入することができる逆転のスキル
初のスキル使用でLINK-3のデコード・トーカーを入手、それによりハノイの騎士を名乗る男を撃破した。

近年のカードゲームのように、カードを実体ではなくデータとして所持しているDen cityの住人としてはしく、遊作は実体のデッキと、それを読み込む旧式のデュエルディスクを使用している。
先述のスキルデータストームから拾い上げたモンスターは、データから実体のカードに起こすことが可なようであり、一度拾い上げたカードは次からも問題なく使用可となっている。

「あのさぁ遊作、ちょっと余談があるんだケド……」「黙れ」

情報の初開はジャンプフェスタ2017であり、その時は名前とビジュアルのみ明かされていた。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX以来となる高校生主人公

髪型遊戯王キャラクターの例に漏れず極めて独特で、前青色ピンクが別々にって分かれており、かなり立ったものとなっている。アニメプロデューサーによると、スケボーに乗ってデュエルを行う作品だから、主人公髪型スケボーのようにしようということになったのだとか。

初報開の時から、ファンからは苗字も名前も弄られ放題だった。
しかしそれを抜きにしても、1話にしてホットドッグごと吸い込むというシーンがあり、そのせいでヤギ扱いされたりもする。

本作のメインテーマは『一歩踏み出し、トライしよう!』であるが、そのメインテーマ主人公がどれだけ意識して、踏み出して行くかが注される。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

脚注

  1. *この「Playmaker」は本名の「遊作」を一文字ずつ英訳したものと思われる。(遊=Play 作=Maker)なお、実際の単としても「(集団競技の)」としてこの単は存在しており、それに名前をかけているものと思われる。
  2. *この際、過去に店舗で無料配布されたお試しの「ハーフデッキ」のカードが映っており、たとえば現在では上位互換がごまんと存在するゴブリンの秘が入っている。は人のデッキ馬鹿にしたことで部長に叱責を受けたが、お粗末と言われても仕方ないレベルのものでもある。

急上昇ワード

最終更新:2020/04/04(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/04(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP