単語記事: 高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に

編集

高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に」とは、自由惑星同盟軍に所属し、士官学校首席卒業した、かしい未来約束されていたアンドリュー・フォーク准将が提唱した、帝国領侵攻作戦における攻勢……ではない、大攻勢の基本戦略である。

概要

要するに、行き当たりばったりということではないかな。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

連コミュニティ高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に設立してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%AB%98%E5%BA%A6%E3%81%AE%E6%9F%94%E8%BB%9F%E6%80%A7%E3%82%92%E7%B6%AD%E6%8C%81%E3%81%97%E3%81%A4%E3%81%A4%E8%87%A8%E6%A9%9F%E5%BF%9C%E5%A4%89%E3%81%AB
ページ番号: 4885315 リビジョン番号: 2245241
読み:コウドノジュウナンセイヲイジシツツリンキオウヘンニ
初版作成日: 12/05/11 15:57 ◆ 最終更新日: 15/08/12 00:17
編集内容についての説明/コメント: 帝国軍侵攻作戦の項目ができていたのでそれに合わせて加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変にについて語るスレ

71 : ななしのよっしん :2017/06/08(木) 17:58:16 ID: 0Bw9q+FtO3
>>70
あれは色々深く面倒な話になるぞ・・・やめとけ。
72 : ななしのよっしん :2017/06/17(土) 19:06:55 ID: p/t2EgxxVY
首席じゃなくてもそれなりの頭があれば
もっと体裁くらいは整えられると思うんだけど
73 : ななしのよっしん :2017/06/19(月) 15:26:19 ID: uHwvInZLuF
>>70
一応、そんな現実味のない作戦でも、「救援部隊を送る」というちゃんとした作戦的は設定されてるのに、その的すら設定してないフォークェ……。
74 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 00:04:53 ID: O+sK2cf8Vy
高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処してください」
「敵が全然出てこないし減ったから撤退しようず」
「それだけは絶対にダメーーー!」

言い出しっぺが臨機応変に対処してないんだから
どうしようもないよな。
75 : ななしのよっしん :2017/10/07(土) 12:50:32 ID: X/+zgs6A4I
これフォーク無能なのは論だが、それ以上に上層部がこの作戦を止めなきゃならんだろ
頭がボケてロボスはともかく、シトレやグリーンヒル作戦主任参謀のコーネフ中将が制御せないかんやろ
ダゴンの敗戦の責任を負わされたインゴルシュタットと同じ臭いがする
まあどうも政府との私的なルートの存在が示唆されてるので、その関係からフォーク跳梁跋扈を許したのかもしれんな
そんでグリーンヒル大将が政府に失望してクーデターに走るという流れはどうだろう
76 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 09:14:20 ID: 0Jg/Vf+n5x
ミュンツァーみたいに強に擁護した人が居なかったから、そのまま政・軍の高官や制度ひいては同盟そのものか被るべき汚名を丸かぶりして挙句本当に発狂したと?
ありえなくもないとは思うけど、個人的には(フォークの所業はそのままに)そのミュンツァーの弁論のごとく、跳梁を許した高官や組織全体の罪のせいだと思うな

何のスレだったか、末期同盟で閣内不一致然とまかり通ってたのを見るに「多数決こそが民主主義」みたいな(現代日本からすると間違ってる)認識が蔓延してた、みたいな説を見たんだよ
れみたいに、「文民統制」や「命令の従」とかのあくまで原理原則に留まるべき認識が教条的を越えて視に至ってたみたいな
軍からの提案段階ならともかく、一度政治家がGO出した作戦には軍は詳細を詰める程度で大きな変更や異論は許されないみたいな空気(あるいは明文化された制度)があったのかもしれない
77 : ななしのよっしん :2017/10/09(月) 20:46:28 ID: lJDC/X1IeK
>>76
文民統制がそこまで酷かったかというとそうでもないと思う
少なくともヤンとウランフは撤退を進言しビュコックも賛同
総司令官に意見を具申しようとしていたわけだけれど
ここで出しゃばったのがフォーク
そのフォークがぶっ倒れた後も寝していたロボ元帥
フォークロボスが許可していれば帝国軍に攻撃される前に撤退できていたことを考えると
それなりの現場判断による行動は許されてたと思う
ただ、総司令官ロボスが事実フォーク操り人形と化していたせいで周囲のまともな軍人の意見も通らず、撤退の進言も意味に終わったと
ミュンツァーが見てたらに辞表を巻き付けて全で投げるんだろうな
彼が皮で言っていた一介の参謀に権が集中している状態に陥っていた軍隊が実在してしまったわけだし
78 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 00:28:02 ID: 0Jg/Vf+n5x
>>77
まあ確かに皆無じゃないのは確かなんだけど、それが実際に不具合が切羽詰まるほど顕在化してからの上に、寝なんて理由で大人しく引き下がってるのは遅すぎ&弱すぎに思えてしまうんだよね
理想を言えばフォーク演説ぶちかました会議か、遅くとも行動計画立案時あたりには作戦自体をまともな形にしておくべきだろうし、最悪でもロボスを叩き起こして即座に撤退を図らせなきゃいけなかったはず
それがなあなあのまま大敗戦まで行っちゃったかと考えると、とにかく上意に逆らい難い潮ないし制度でもあったのかな、と
まあ先を知ってる読者ゆえの危機意識というのも少なからずあるだろうけど、それでも、と思わずにいられなかったわけ
79 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 00:28:46 ID: H7ae77iN88
理に決まってるだろ脱糞しろ
80 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 05:39:43 ID: lJDC/X1IeK
>>78
>とにかく上意に逆らい難い潮ないし制度

原則、軍隊では上の命令に従うのが基本なんで軍隊である以上
そういう潮や制度存在するのは仕方がない

功績を立てたとしても上官の命令に背いての行動の結果であった場合、罰せられるのが軍隊
なんで、ロボスが「敵襲以外で起こすな」って言えば従わざるを得ないのよ
周囲のロボスの評価が地に堕ちる事になるがね
帝国領侵攻作戦の総令がロボスである以上ロボスの決定が優先される
グリーンヒル大将は即時撤退をめたのにも関わらずロボスがアムリッツアで戦闘を決意した以上、ヤン達も従わざるを得ないわけだ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829