単語

とは、舌打ちするという字である。サンスクリットの音訳にも使われる。

漢字として

Unicode
U+54A4
JIS X 0213
1-51-3
部首
口部
画数
9画
Unicode
U+5412
JIS X 0213
1-14-85
部首
口部
画数
6画
Unicode
U+55A5
部首
口部
画数
12画
意味
舌打ちする、舌鼓をうつ、しかる、怒る、誇る、悲しむ、宅と通じて杯を置く、という意味がある。
説文解字〕の本字は吒で「噴(いか)るなり。叱怒するなり」とある。咤は〔玉篇〕に吒と同じとある。
字形
符は宅(吒の符は乇)。
音訓
読みは、タ、訓読みは、しかる、したうち。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
咤叱・咤食

異体字

  • 吒は、〔説文〕の本字。JIS X 0213第三準。
  • 喥は、〔集韻〕に「ひは喥に作る」とある異体字。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%92%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2012/06/23(土) 23:04:21 ID: ePChwgGuXF
辞書で、したうちって載っててネットで調べてたら、大百科にもあってびっくりしたw