音読み単語

オンヨミ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

音読みとは一般的に、漢語を書きあらわす文字である漢字における、中国から伝わってきた読み方のことである。

辞書などにおいてはカタカナで書きあらわされる。
この記事においても辞書の表記にならい訓読みひらがなで、音読みはカタカナであらわす。

概要

当然だが、漢字文字だけが伝わってきたわけではなく、同時に読み方も伝わってきた。しかしながら中国において少しずつ読み方が変化しているため、日本に伝わってきた時期によって音、音、唐音、慣用音の4つに分類される。

呉音

最も古くから使われている読み音と呼ばれるようになったのは音が伝わってからである。ナ行やマ行で始まるもの(万 マン、男 ナン など)、音がikiであるもの(色 シキ、 リキ など)などがある。音が同じで清音と濁音の読みがある場合、濁音の方が音である。

仏教として使われている読みは基本的に音である。往生(オウジョウ)、殺生(セッショウ)などの単を思い浮かべてみればわかるだろう。

漢音

平安時代に遣唐使が伝えた読み。一般庶民に普及するようになったのは明治になってからである。音と較すると、鼻音(ナ行やマ行)が濁音に(万 バン、男 ダン など)、濁音が清音になるなどの変化がみられる( シン、分 フン など)。

明治以降に西洋文化の流入の結果生まれた和製漢語は基本的に音である。文明(ブンメイ)、社会主義シャカイシュギ)などの単を思い浮かべてみればわかるだろう。

唐音

狭義には江戸時代に伝わった読みのことだが、安中期から鎌倉時代に伝わった読み音)を含めるのが一般的。音や音と異なり、唐音があるのはごく一部の漢字のみである。

行、、餡(いずれもアン)、子(ス)、明(ミン)、清(シン)などが該当する。

慣用音

上記のいずれにも当てはまらない読み中国から来たのは間違いないのに音、音、唐音のいずれにも分類できない読み チャ など)、本来の読み方ではないものが広まってしまったもの(輸 ユ、耗 モウ など)などが該当する。日本で生み出された漢字である字の音読み(働 ドウ、腺 セン など)は必然的にこの慣用音に分類される。

関連動画

ない

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9F%B3%E8%AA%AD%E3%81%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

音読み

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 音読みについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生