提言型政策仕分け単語

テイゲンガタセイサクシワケ

提言型政策仕分けとは、行政刷新会議による政策検討である。

概要

平成21年2009年)の政権交代以降に鳩山政権、政権が政策検討手法として行った
事業仕分け」の第4弾として、平成23年2011年11月20日から同23日まで行われる。(予定)

「今回の仕分けについて」(平成23年10月20日行政刷新会議決定(多分))によれば、

  •  要な歳出分野を対について、政策的・制度的な問題にまで掘り下げた検討をする。
  •  民に分かりやすく革の方向性などを整理する。
  •  関連事業を総合的に検討して、中長期的な対応も各府めていく。

 等々、従来よりも分野ごと広範に深く検討するらしい。

なお、行政刷新会議自体に明確な法的根拠がないため、必然的に「仕分け」結果は法的拘束がない。
つまり、簡単にひっくり返される程度のものなので、今回から「提言」と冠をつけた、ということだろう。 

事業仕分け第1弾から同第3弾までは「事業仕分け」の記事を参照されたい。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%8F%90%E8%A8%80%E5%9E%8B%E6%94%BF%E7%AD%96%E4%BB%95%E5%88%86%E3%81%91

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

提言型政策仕分け

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 提言型政策仕分けについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード