今注目のニュース
世界中で「進化版ゲームボーイ」が続々開発される…なぜ今?
平松愛理「部屋とYシャツと私」の続編を発表!ネット民「サイコパス過ぎてヤバい」と恐怖に陥る事態に!
「人気のない夜の小道で、老婆に話しかけられた」 怖い話かと思いきや…

ザ・マン単語

ザマン

掲示板をみる(173)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ザ・マンとは、漫画アニメキン肉マン』に登場するキャラクターである。

かつては上界に住まう人の々の一人であった。
現在は自らを超人閻魔と称し、また正体を隠すためにオーバーボディを使用しストロング・ザ・武道として活動する。作中での試合は、ずっと武道の姿のままだった。

英語でThe manという言葉は「第一人者」「男の中の男」という意味を持つが、同時に「あやつ」「あの男」などの負の意味も持っている(作者ゆでたまごは「始祖は全員○○マン」という名前にするのを決めており、その中でも彼は「男の中の男」ということで名づけた」と前者であるとっている)。

人強度は9999パワー人のの1億パワーに1万だけ足りない。
から人に降りた時に減少したものと思われる。

特徴的な口癖は「グロロロー」。であった時から変わっていない。

概要

来歴

太古の昔、悪だった人たちが々の怒りによって滅ぼされようとした時、ただ一人異を唱えた慈悲深きである。

当時は人たちに見切りをつけ、安易に殺という決定を下した他の々に対して反発。「人の中にも今の世界を変えようと努している者たちもいる」と反論し、彼らのような種を途絶えさせないために自らの座を捨て、地上に降り立って人たちを導すると提案する。

この際に々からは「お前ほどの男がの座を!」と驚かれ、止められたものの、「彼らを璧に育成し、人という種が産まれたことは間違いではなかったことを明したい」と朗らかな笑顔上界を去った。

そして邪悪がはびこる地上の中にあってなお正義の心を持つ人たち10名を選抜。厳しい修行の末に璧なる存在へと鍛え上げた。人となったザ・マンと子を併せて、この11名を完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)と呼ぶ。

完璧超人たちは地上で繁栄していたが、やがて下等人が生存していた事を知ると異間「墓場」を造り上げて移住。自分たちは直接関わらずに彼らの動向を見守ることになった。

しかし直接導する者もいない下等人たちが自で成長する事はなかなかく、それどころかカピリア線の照射以前と全く変わることがない、邪悪な人が蔓延り善良な人たちが虐げられていく様がそのまま続くこととなり、彼は次第に下等人に失望していく。

ついに自ら出撃して邪悪な人たちを粛清。それ以降から、墓場から以前よりも積極的に人たちに干渉するようになってしまい、果ては下等人の魂を管理し始める。この頃から自らを「超人閻魔」と名乗りはじめた。次第に変わっていく彼のことを認めることができなかった完璧超人始祖たちは「超人閻魔」とは呼ばず、ただ「あやつ」とだけ呼ぶようになる(サイコマンだけは「閻魔さん」と呼ぶ)。

ついには完璧超人始祖たちの中から、ゴールドマンシルバーマンが地上に出て、下等人に直接導を始める。
地上で対立した彼らがジャスティスマンの裁きによって相打ちになると、地上の人たちの発展は再び停滞。墓場による管理体制が続いて行った。だが、いつしか地上の人たち(下等人)の中にイレギュラーなものたちが現れるようになると、自分たちのえかねない(特にキン肉マン火事場のクソ力)は危険なものであると考えるようになり、完璧・無量大数軍を作って危険分子の粛清へとを切る。そして、自らも無量大数軍の1人ストロング・ザ・武道として行動するようになる。

ちなみに武道の正体は、ネメシスたち他の無量大数軍メンバーには知らされておらず、完璧超人・始祖であるグリムリパーサイコマン)のみが知っていた。

キン肉星王位争奪編

死後に人の魂が行き着く場所「墓場」の支配者として登場する。

完璧超人ネプチューンマン死亡したにも拘わらず墓場に来ないことから、オメガマンに「殺してでも連れてこい」と依頼。同時にネプチューンマンに協するキン肉マンチーム全員殺を依頼する。(……が、キン肉マン達はネプチューンマンの復活に協していたわけではなく、これは冤罪だったりする)

この時は現行設定と大きく異なっており、(悪魔将軍ほどではいものの)現在の設定から考えると台詞の意味が全く変わってしまったりもする。
例.「墓場はいいところだ。お前く来いーっ」
   旧設定:死んであの世に来い
   現設定:完璧超人軍の本拠地に戻って来い
さらに『キン肉マンII世』では悪魔将軍と仲良く並んで座ってる場面があったり……。

アニメ王位争奪編ではさらに設定が追加され、超人閻魔は五大邪悪を従えるボスになっていた。
こうなると現行設定のザ・マンとは全くの別人としか言いようがくなってしまう。

完璧・無量大数軍編

完璧超人正義人・悪魔人と不可侵条約を結んだため、その撤回を宣言するために完璧・無量大数軍の一人<武>ストロング・ザ・武道として地上に姿を現した。正義人の粛清を掲げ、アパッチのおたけびを発動しようとしたジェロニモを一撃でKOすれば、タイルマンやカレクックベンキマンパワーを奪い、なんと人間にしてしまう。こうして正義人との戦いの幕は上がり、突如悪魔人も参入したことで正義悪魔璧による三属性全面対抗戦が勃発。

当初はアメリカグランドキャニオンに特設されたリングテリーマンと戦うつもりだったが、7人の悪魔人の1人ザ・魔雲天と戦うことになる。試合中、キン肉マンに敗れた後完璧超人の掟に従わないピークア・ブーを一した武道は、魔雲天の必殺「マウンテンドロップ」や柔道技を受けてもビクともしない。逆に単純な打撃で魔雲天の体を砕いて格の違いを見せる。ボロボロになりながらも任務を遂行しようとする魔雲天に対し、<武>兜砕きでついにKOし、圧倒的な強さで退ける。しかし、魔雲天の執念でリング底に落とされしばらく姿を消す。こうして足止めされている間に本拠地の墓場悪魔将軍に侵攻され陥落。完璧・無量大数軍完璧超人始祖の多くを失ってしまう。

悪魔騎士完璧超人始祖の戦いが一段落した後、キン肉マンたちの前に突如その姿を現す。そして、一同をかつてオリンピックおこなわれた国立競技場へと誘導すると、そこへ悪魔将軍も出現。そこでストロング・ザ・武道の正体が超人閻魔であり、の名がかつてであった”璧・零式”ザ・マンであることが明らかにされる。

「許されざる世界樹」の戦いで悪魔将軍シルバーマンに糾弾され、正義人の可性を信じるようになったジャスティスマンまでもが離反、最後まで超人閻魔を守ろうとしたサイコマンが倒れ、さらに彼も本心では超人閻魔と化したザ・マンを認めていなかったことも判明。さすがの彼も精的に動揺を見せ始め、キン肉マンとの戦い直前のネメシスに対し、「私は何か間違っていたか?」と問う場面も。

そして最後の砦となったネメシスがキン肉マンに敗れると、掟に従いネメシスを処刑しようとするが、これに異議を唱えるネプチューンマンとピークア・ブーが身をにしてネメシスを守ろうとする。そこへ悪魔将軍が割って入り、ネメシスたちの処分は一時保留とし、かつての子である悪魔将軍との対決が始まる。

数億年にもわたる師の因縁の戦いの場は、かつて特訓の場であったオーストラリアエアーズロック。試合は、始祖たちをもえる戦闘悪魔将軍を圧倒し、本来回避不可能なはずの悪魔将軍の技は強なボディによって跳ね除けてしまい、地獄の断頭台ですら通用しない。ついには、「零式義 千兵殲滅落とし」を放ち、悪魔将軍KO寸前にまで追い込む。だが、悪魔将軍が「対ザ・マン限定」で本来扱えなかった感情のパワーを発動し、ダイヤモンドパワーえる硬度10#ロンズデーライトパワーに達したことで形勢逆転。
で放った千兵殲滅落としも耐えきられ、逆に片足を砕かれてしまう。そして地獄の断頭台・神威の断頭台」を受け、武道仮面を破壊されて倒れる。その表情は、とうとう子が自分を乗り越えた事に満足する、彼本来の穏やかな笑みに戻っていた……。

その後

戦いに敗れた事で死を覚悟し、悪魔将軍にも自分を討つよう促すが、キン肉マンが助命を請願する。悪魔将軍もその請願に応え、不老不死の解除と墓場への隠棲という形で決着とした。
そのため、いつの日か寿命によって亡くなる運命となったが、本来不老不死である彼の自然寿命がいつ終わるのかは定かではい。「自然状態でこの世の終わりまで生き続ける」という可性もくはない。
とりあえず不老不死を解除したとたん急に老衰して死亡」というパターンではなく、変わらぬ姿で存命である。

戦いの後は約束どおり墓場で静かに過ごしている。
大魔王サタンによって墓場が封印された際にも泰然自若としており、表情には余裕さえ感じられる。
のんびりレコード聴いてるあたり、彼にとっては大魔王サタンですら緊急事態でもなんでもさそうである。

の悲劇」で人間化させたカレクックベンキマン人へと戻されており、敵勢オメガ・ケンタウリの六鎗客」に立ち向かう事になった。

プロフィール

戦闘スタイル

正統派にして壮絶。ただのパンチキック超必殺技のような破壊を持っている。
完璧超人始祖たちの師匠であるだけに、攻撃・防御の全てが子の始祖たちを上回る圧倒的強さ。
ゴールドマンが得意とするダイヤモンドパワーも元はザ・マンので、より強固に発動させることができる。

必殺技

<武>兜砕き
完璧・無量大数軍としての必殺技。背後から相手の頭をブルドッキングヘッドロックのような形で掴み、手の頭を掴んで膝に叩き付ける。一言で言えばココナッツクラッシュ実在するプロレス技であり、当然ただの人間にも使用可
これが必殺技であるのは、ひとえに「技が凄いのではく、使い手である彼が凄い」という事なのだ。現に、武道が使用すると魔雲天の岩石でできた頭部を粉々に粉砕するほどの威を持つ殺人技となっている。
完璧超人始祖義にはそういうタイプの技が多い。
の悲劇
不思議なオーラを放ち、パワーを剥奪して人間に変えてしまう超能力。これは強な精で抵抗できるようで、魔雲天はこのに耐えきって見せた。また、完璧超人始祖クラスの相手に対して使用した場合人間に戻すことは出来ない。
武道岩砕クロー
右手アイアンクローで相手の顔面を鷲掴みにする。この技で魔雲天の顔を半分砕いた。
ワンハンドブレーンバスター
片腕だけで相手の体をリフアップし、をキャンバス叩きつける。
人圧搾機
相手を羽交い絞めし、自身の両膝を相手の膝上に絡ませて相手を締め上げ全身を破壊する。悪魔将軍の使った「地獄の九所封じ・その九(偽)」であるが、武道はこれにの悲劇を組み合わせることで、相手のパワーを奪いながら同時に全身も破壊するという悪な技に作り変えた。
府頭壊手
中で相手の首に手を決め、全体重をかけて叩き落とす。
悪魔将軍地獄の断頭台、アビスマン奈落斬首刑と似通った技。
これも、一言で言えば「物凄いチョップ」である。全ての攻撃、全ての行動が超必殺技レベルの破壊であり、ただ名前を付けてみただけに過ぎない。
欠雁字搦め
実在する「固め」を変形させた関節技。相手を仰向けにさせるように捩っているのが特徴。ダイヤモンドパワーと併用することでダイヤモンド化した悪魔将軍のボディにづくでヒビを刻む破壊を持つ。
固めと雁字搦めの感が似ているのはひょっとしてウルルとグロロのような話なのだろうか。
おそらく元ネタは「プロレススターウォーズ」でアントニオ猪木が使った「裏固め」。
ちなみにネプチューンマンの喧スペシャル猪木の「新固め」が元ネタで、共に完璧超人の技として用いられている。
璧・零式義 千兵殲滅落とし
璧・零式義の冠を持つ最強の技。強な高速タックル叩き込んで相手の体を抱え上げ、突き上げるようにして中に逆さまに跳ねあげた相手の両足を交差させて左手ロックし、そのまま相手を背中合わせに捕獲し、強エビ反りを掛ける形で体を反らせた状態で頭を膝に叩き付ける。
<武>兜砕きをさらに強にしたような技で、悪魔将軍の硬度0でも脱出不可能、硬度10でも防ぎきれない。その威は、悪魔将軍ですら即死しかねないほど。

人物像

基本的には厳格な義者であり、その点においては過去から一貫して変わっていない。
長い年の間に変貌していった人物として描かれており、過去回想シーン現在の言動は大きく変わってしまった一面もあり、また現在でも昔から変わっていない一面もある。

過去においては厳しくも温かく子達を育てあげ、彼に見込まれた10人の人達は全員それに応えて一人の脱落者も完璧超人始祖へと成長した。また、一度は完璧超人たちの黄金時代を築き上げ、地上に平和をもたらしたことは確かである。

しかし、その裏では密かに「璧にまで育てあげた子たちが自分をえていかないこと」に不満を抱いていた。そのため、璧なる自分が最上の存在であるなら、その自分に永遠に管理された世界こそが正しいのではないかと考えるようになっていった。
こうして、「人達の育成に成功するか、地上の人達が全滅したら完璧超人始祖も消滅する」という掟を作る、すなわち「自分たちの時代はいつか終わりが来る」という事を前提にしていたはずだったのに、いつしか「自分たちの管理体制が永遠に続く」ことが的に変化し、最初に願っていた「人達の育成に成功して、自分たちは引退・消滅する」というハッピーエンド永遠に来ない状態を作ってしまった。

存在するなんとか活用方法を見出してみようという考えがある様子で、
「暴虐を繰り返す太古の人達の中から善良な者を救出」
マグネットパワーが発見された時に研究を許可
「下等人が生存していた事が判明した時に殺せず間接的導を試みる」
「後に立った下等人を粛清するものの、ガンマンする全員殺案は退ける」
オメガの民の先祖を粛清するものの、地球から逃亡する彼らを皆殺しにせず見逃す」
など、周囲の反対を受けても可性があるものを伸ばしてみようとし続けていた。
ところが、現在火事場のクソ力を危険視して排除に動いている。悪魔将軍は「ザ・マンだった頃の貴様なら祝福していたことだろう」と変質を摘している。

現在では「高い理想と強固な意志」という部分が「自説を頑なに曲げず他人の言葉を聞き入れない」という形に変わってしまっている。
実はかな昔、ゴールドマンが地上に行く以前に、下等人の有様には「すでに見切りを付けた」と発言しているが、それにも拘わらず彼は墓場による人管理を止める事がかった。数億年間に渡って、駄だと自分で思っている事をやり続けていたのである。
彼はゴールドマンシルバーマンのように新たなを模索する事も、かつての々やガンマンのように下等人を切り捨てるという決断もできなかった。それは人達への情が残っているでもあり、自分の方針が間違いだったと認められない頑迷さの現れでもある。
しかし「自分で自分の事を璧だと思えなくなった」と発言したり、「私は何か間違っていたのか?」と弱気な言葉を漏らす一面も時折見せる。それでいて悪魔将軍に対しては険悪な言動に終始しているのは、去って行った子に対して「お前にだけは言われたくない」という個人的感情が先に立っているよう。ネプチューンマンやネメシスらが必死悪魔将軍から自分を守ろうとする姿に心打たれたもののそれに応じる事ができず、人の善意を素直に受け入れる事ができないことが彼の最大の欠点と言える。

このように、一人の人物の中で相反する要素を備え、「類的な悪役像」ではなく複雑な心情を持つ人物として描かれているのが魅である。特に、「の見守るもとで平和する人たちの世界を作り出し、々にそれを見てもらい、人を生みだして良かったと思ってもらいたい」という希望と、「人たちはいつかえるほど強くなって欲しい」という希望全に矛盾している。世界を良化する現人神としての彼と、子を導育成する師としての彼の向かう方向性が相反していたことが、様々に歪みを生む原因となってしまったのであろう。(その矛盾の原因となった「彼らならばを越えてくれるかも知れない」と思わせるほどの素質を持っていた10人の完璧超人始祖たちは流石の存在であったと言える。彼らがそこそこの才しか持っていなかったら、ザ・マンは最初から「人がを越える」という可性について思い至らず、を越えてくれない事を思い悩んではいなかっただろう)

悪魔将軍ことゴールドマンとは互いに似た者同士であったとっており、ミラージュマンをはじめ多くの始祖たちもそれを肯定している。人という種を守るためにから人になって上界から去ったザ・マンと、下等人たちの進化を信じ完璧超人から下等人になって墓場から出て行ったゴールドマンは、行動や思考も二つである。哀しいことに、超人閻魔となった今の彼は「同じ穴の狢」「己の決めた掟の中でしか生きられん」と悪い方に受け取るばかりで、ゴールドマンが自分の美点を受け継いでくれている事には気づいていないようであるが……。

そんな悪魔将軍に対しては、戦いの最中も「自分のもとを去って行った裏切り者」ではなく「子」として接する様子が多く見られた。彼らの会話の多くは「悪魔人軍と完璧超人軍の思想性の違い」を離れ、「子が師を乗り越える」という彼らの本来の関係性に終始しており、呼び方もほとんど「ゴールドマン」「ザ・マン」と本来の名で呼び合った。自分が倒されても、「敵が自分を打ち負かした」「自軍が敵軍に敗れた」事を嘆くよりも先に、まず「子が師を越えた」事を喜ぶ表情を浮かべている。

余談

実は割とお茶天然な部分もあるようで、

……などなど、この人本当に怖いラスボスなのだろうかと疑う面い行動も散見される。
きっと、昔はこうした温かい部分も多く見られたのであろう。

関連静画

関連商品

関連項目

完璧・無量大数軍

完璧超人始祖

掲示板

  • 171ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 01:12:48 ID: 0GkXguUMBq

    崖の底での裁きを与えると言っていたことがようやく回収されるのか

  • 172ななしのよっしん

    2019/06/12(水) 16:15:58 ID: yitiDl0JRf

    作中最強格なのにおちゃめなとこあって好き

  • 173ななしのよっしん

    2019/06/15(土) 17:22:31 ID: 4LYTob1bB+

    >>172
    元々で良い人で地上に降りて色々な物知った結果お茶になったんだと思う。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP