今注目のニュース
「志村けん」で炎上 足立梨花はなぜ「迂闊なツイート」を連投するのか
内田理央、バニーガールのコスプレでファン悩殺「うさ耳かわいすぎ」
9年かけて養子縁組した娘と飛行機に乗った夫婦 客室乗務員と乗客の“神対応”に感動

兼見卿記単語

カネミキョウキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

兼見卿記とは、吉田兼見による日記である。

概要

吉田神社神主を務め、22年間管領長上の座についていた吉田兼見による日記。元元年(1570年)から慶長15年(1610年)まで記載していたが、文元年(1593年)までの23年間のおおよそと慶長15年の一部しか残っていない。原本は第二次世界大戦の戦災で失われ、写本が東京大学史料編纂所などに残っている。

その内容はを継ぎ吉田神道の拡大に努めようとする吉田兼見の活動と、淡々とではあるが詳細な当時の世相についての記録、といったものである。特に元正年間の情勢には詳しく、織田信長の上足利義昭の動向、吉田兼見と親しかった細川藤孝とその一族の様子や明智光秀の動静が記されている。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/04/04(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/04(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP